GUNGRAVE O.S.T. uno “righthead”

GUNGRAVE O.S.T. uno “righthead”

オススメ度 ★★★★★

発売:2004年1月7日 収録時間:61分 定価:3045円 レーベル:ビクターエンタテインメント



漢の義務教育扱いをよく見かける傑作アニメ「Gungrave」のサウンドトラック。
音楽はバンド「Tipographica」や菅野よう子バンドのバンドマスターで知られるギタリスト・今堀恒雄が担当。
今堀氏を含め、トライガンスタッフが多く参加しているアニメである。
トライガンよりもダークで、そしてプログレッシヴなサウンドが展開する。


No.曲名時間作曲編曲作詞
1ファミリィ1:38今堀恒雄
2Clue4:11Raju Ramayya
3Do Your Business4:20
4The Maverick2:59
5Add’o Guaglione2:21
6When?4:14
7父の肖像3:18
8Hit The Jackpot!3:15
9雨に祈りを 風に唄を2:38
10B.G3:53
11Coaltar Overdose2:59
1216% Humidity3:04
13Great Flair4:25
14Say, It Ain’t So.3:11
15シティ3:58
16Jester’s Dream2:22
17Fearful Stereo2:49
18Bitter Ending4:39
19茜色が燃えるとき(TVsize)1:31松木泰二郎Scoobie Do小山周Scoobie Do
 「トライガン」スタッフの多くが再集結し参加したメディアミックス企画「Gungrave」のTVアニメ。
 「Tipographica」「unbeltipo」への参加や菅野よう子バンドのギタリストで知られる今堀恒雄が担当する。「トライガン」や「はじめの一歩」でも聞けたプログレッシヴなバンドサウンドが唸りを上げる。

 
 印象としては、「グレンラガン」「ヨルムンガンド」辺りの良いとこどり、という具合。
 クラブサウンドは今まで以上にバリバリギザギザと打ち込まれており、今堀恒雄氏のギターも弾け飛ぶし、ダブステップやシンセベースも留まる所を知らない。
 そして岩崎音楽といえばそういったデジタルサウンドとオケの融合が印象的だ。いつもはストリングスのカッコよさが目立つが、本作はいつもに増して金管もクールに聞こえてくるのが楽しい。そしてかなりエグい音を利かせているにも拘わらず圧倒的に聴き易いのが凄い。
 濃厚に音が詰まっているはずなのだが岩崎音楽の軽薄さがそれを感じさせない。駆け抜けるような疾走感とヒーローらしい勇壮さが混ざり合い、新感覚のヒーロー音楽となっている。

 
 これを目当てに購入する人はさぞ多いことであろう「Gotchaman~In the name of Love」。ゴスペル的な「GATCHAMAN!」の叫びと、岩崎工氏によるラップからオケへの流れがとても美しい。この進行は「ヨルムンガンド」アール回の「The first step to escape from complex」にも良く似ている。
 注目なのは「Ziel der Hydra(ヒュドラの標的)」。女性ソプラノとクラブアレンジを合わせた曲だ。これは「グレンラガン」の決め曲「“Libera me”from hell」を思い出させる編曲となっている。
 9話にてカッツェの暗躍を演出した「カッツェのテーマ」たるこの曲によるその演出を、「意志あるスタッフによる奇跡」と岩崎氏が絶賛するほどの演出力を発揮したもの。
 そしてこれに限らず、「クラウズ」の音楽は奇跡的な威力を持つ曲がいくつもあり、デジタル、ラップ、オケなどを導入した岩崎氏の一時の総決算めいたものを感じた。

 
 そして最後は流麗なストリングスサウンド「LOVE」で締める。「愛の名の下に」から「愛」へ。愛に始まり愛に終わる。これが「ガッチャマンクラウズ」である。
 主演の内田真礼によるED曲がフルで収録されているのは嬉しい。これでさらに締められるとアルバムとしても「クラウズ」の追体験としても気持ちよく終われるのだ。
 エグさと力強さと軽さを兼ね備えた2013年を代表する名盤。2500円とリーズナブルなので是非。
 イラストは高橋裕一氏。デザインは三河真一(ROKKEN)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です