BLACK LAGOON ORIGINAL SOUNDTRACK

BLACK LAGOON ORIGINAL SOUNDTRACK

オススメ度 ★★★★☆

発売:2006年8月30日 収録時間:64分 定価:3000円 レーベル:ジェネオン エンタテインメント



広江礼威原作・片渕須直監督アニメ「BLACK LAGOON」のサウンドトラック。担当はEDISON。上画像はケース装着時のビジュアル。
およそメロディと呼べるものをできる限り廃した、ビートやギターを聞かせてくるダンスサウンド。或いは南国音楽。
演出上でもこれ以上なく効果を発揮し、戦闘や世界観を立てたが、もちろんアルバムとしても一級品。
前述のとおりメロディアスさは排除されているので、少々人を選ぶのが玉に瑕。逆にこの雰囲気がツボにはいる人も多いはず。


N0.曲名時間作・編曲作詞
1Red fraction(TVサイズ)1:33高瀬一矢MELL
2Tear Drops to Earth1:26EDISON
3Asian Comfort1:29
4Don’t Stop!4:25EDISON
The Mad Council
5Samara Samanda1:23
6A Cold Wind in My Mind1:26
7Make A Bet2:16
8El Sol se Recuesta4:16
9Seasonal Wind1:20
1066 Steps2:26
11The World of Midnight1:49Minako “mooki” Obata
12Dark Side of the Moon2:07EDISON
13Tadpole Dance1:32
14Let Me Know Your Name4:18
15After the Rain1:28
16It’s an Easy Afternoon1:25
17Behind the Clouds1:37
18白人社会主義団結党党歌1:32鈴木よしひさ
19Melting Brain3:24EDISON
20The Way to Last Night1:45
21Peach Headz Addiction3:14Peach Headz Addiction
22Don’t Look Behind(requiem version)2:07EDISON
23Father’s Chest1:59
24Don’t Let Me Join Now2:03
25Foxy Doll2:08
26Rock the Carnival2:54
27Mad Club1:28
28Don’t Stop(Guitar version)3:42
29Don’t Look Behind (Ending version)1:40
 南国日常系はともかく、このサウンドトラックには、とあるキャラクター・テーマを除いてメロディが出来る限り排除してある。
 ブックレットによると、片渕監督による意図的なコンセプトであり、「エモーションの誘発こそBGMの役割では」と、プロデューサー陣にも驚かれたとのこと。
 「Don’t Stop!」は恐らく最も人気があると思われるBGMだが、原型は製作最初期からあったらしく、その気合が伺えるノリのいいビートである。

 「ドライだが激しく、しかもクールに」という方向性の下、「Don’t Stop!」を中心に70年代テイストなエレキサウンドが広がっていく。
 締めにはEDである集大成「Don’t Look Behind」が待っている。これを名曲と思えればもうこの一枚はドハマり間違いなし。

 「白人社会主義団結党党歌」はひどい悪乗りである。
 作詞作曲はテクノ・ヒップホップ畑の作家鈴木禎久(パラッパラッパーなど!)氏というのも驚きだが……。
 ちなみに本作で数少ないメロディのあるキャラテーマが「ロベルタ」のための曲「El Sol se Recuesta」「Father’s Chest」である。
 「情感的でありつつ戦闘でも使える曲」ということで、構成的にメリハリを出すのに一役買っている。

  この乾いた音の作風こそが、ロアナプラに流れる音楽に間違いないのである。
 悪党ってのはカッコイイ。カッコイイ悪党にはカッコイイ曲を!という意志が一貫されたアルバムだと言える。
 「The World of Midnight」もまたひとつのハイライトである「双子」のための楽曲。覚えている人も多いはずだ。

 ブックレットにも片渕監督、EDISON、MELLのコメントがあり、内容・デザイン共に充実していて美味しい。
 ジャケットは表裏でひとつなぎ。
 よく見るとコーラスにアニメスタッフ(監督はもちろん、荒木哲郎氏などの制作陣も)がいるのが遊び心。
 パッケージ・デザインは小林美樹代+ベイブリッジ・スタジオ。ジャケットイラストはOP演出が光る筱雅律氏。

 アルバムとしてのテイストのまとまり方・潔さと、決め曲の長さ、どれもバランスの良い一枚。
 テイストさえ気に入ればオススメしやすい。
 OP主題歌「Red fraction」も名曲なので、シングルもオススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。