TVアニメ『バディ・コンプレックス』オリジナルサウンドトラック

TVアニメ『バディ・コンプレックス』オリジナルサウンドトラック

オススメ度 ★★★☆☆

発売:2014年6月25日 収録時間:129分 定価:3564円 レーベル:ランティス



サンライズによるオリジナルロボットアニメ「バディ・コンプレックス」。
少々頭でっかち気味ながらも小奇麗な脚本が魅力で、反響もまちまちというところ。
音楽担当は初のロボットアニメ音楽となる加藤達也氏。
氏の多用するデジタルとオケの混合によるハリウッド系劇判という具合。


N0.Disc 1 曲名時間作・編曲
1A breakfast2:01加藤達也
2Bright sunny days2:00
3Young soldiers’ feelings1:57
4Day-to-day war2:13
5There if I look up2:24
6Collision1:46
7想う2:15
8Gatherting2:05
9Reflexion2:15
10Sense of discomfort1:49
11Quiet battle2:34
12Search2:00
13Unclear1:42
14Midnight2:23
15Feeling swaying1:58
16Fathers2:20
17想いの交錯2:26
18タイムリープ2:15
19出会いと別れ2:05
20あいつのこと2:06
21そこには雛!1:34
22歓迎の儀式1:51
23Recording PV1:43
24レッツ、カップリング!2:38
25ゾギリア親衛隊2:26
26死という別れ1:48
27常夏の島1:51
28ビゾンと雛1:50
29淡い想い出2:02
30青葉と雛2:31
31衝撃的な事実2:04
32雛(タイムリープ)2:15
N0.Disc 2 曲名時間作曲編曲作詞
1プロポージング1:37加藤達也
2アクセプション1:44
3エンファティア波形1:27
4カップリング・モード2:13
5警報が鳴る2:31
6闘いの空2:35
7ルクシオン、出る!1:57
8形勢不利2:23
9空を覆う危機2:01
10ビゾン来襲2:11
11ビゾンの怨念2:05
12敵地への潜入2:03
13命のやりとり2:10
14青葉(ルクシオン、出る!)1:58
15激化する空2:18
16コネクティブ…!2:48
17ブリッジ2:20
18艦長倉光1:59
19密談2:25
20特務武官マルガレタ2:16
21連合本部2:12
22ゾギリア軍2:00
23ブリーフィングルーム1:55
24アルフリード・ガラント2:13
25UNISONIA(TV Size)1:36fandelmale酒井拓也唐沢美帆TRUE
26あの空に還る未来で(TV Size)1:42矢鴇つかさこだまさおりChouCho
27ORBITAL LINE(Short Size)1:38五条下位真崎エリカ
28カップリング・シークエンス5:21加藤達也
 サンライズ制作、CGをオレンジが担当したオリジナルロボットアニメ「バディ・コンプレックス」。
 タイムリープネタを駆使した小奇麗な脚本は完結編まで込みで魅力が出る長期的目線で根気よく練られたものであった。
 
しかし個人的な印象としては短期的な魅力やキャラ描写、メカデザインなどのキャッチ―さに欠け、同時期のその他ロボアニメに埋もれたような感がある。

 音楽担当は加藤達也氏。担当作品がガンガン増えている氏だが、以外にも今作が初のロボットアニメ劇判。
 
基本的には、加藤氏らしいデジタル音源とオーケストラ、コーラスを混ぜ込んだハリウッド系の劇判。
 ロボットアニメの音楽としてはかなり直球で、いまいちパンチに欠けるのでメロディの強さや小技が要るところだが、今作はそういったものもないので視聴者の想い出補正に委ねられる割合が大きい。
 かろうじてメインテーマフレーズだけは機能している。
 
「プロポージング」や「カップリング・シークエンス」など、CMや事前PVなどで使われていたものが耳に残るので、ロボットアニメ音楽演出の最低限は抑えられてはいる。
 
しかしブックレットで言っているような「この曲が来たら、この展開だ!と分かる音楽」になっているかというと、各ギミック用フレーズはそこまで強くなく、あまり効果が期待できない。
 また、妙にドラマ音楽が多い。Disc1では殆ど戦闘音楽は無く、日常や不安、心情音楽で殆ど構成されている。
 これはCD的にもかなり飽きが来やすい。
 ただ、心情音楽ならば加藤氏の魅力の出るところなので、楽曲のクオリティは低くないのだが。

 決して出来が悪いものとも言い難いのだが、発売を待たされ、2時間聞かされるものとしては少々納得いかない一作。
 
「境界線上のホライゾン」などと比べると、やはり心情演出がどれだけ加藤氏に期待されているかがポイントに思える。
 ファン以外には薦めづらい一枚。ロボットアニメの燃え音楽という記号だけで聴けるならば聴いてみよう。
 ブックレットには加藤氏のコメントあり。ジャケットイラストは鈴木幹太氏。デザインは渡邊宏一氏(2725 inc.)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。