CANAAN Original Sound Track 「アイ」

CANAAN Original Sound Track 「アイ」

オススメ度 ★★★★☆

発売:2009年11月25日 収録時間:220分 定価:3600円 レーベル:ランティス


P.A.WORKSと安藤真裕監督が満を持して送る大作アニメ「CANAAN」。
ゲーム「428」の奈須きのこ氏によるボーナスシナリオが原案である。
音楽は七瀬光氏だが、なんとテレビアニメにして各話フィルムスコアリング。
上海クライムサスペンスアクション映画音楽。


No.Disc 1 曲名時間作・編曲作詞No.Disc 2 曲名時間作・編曲
1始まる物語2:02七瀬光 1コドモのケンカ1:38七瀬光
2上海の街で1:252それぞれの悲しみ1:53
3閉ざされた瞳1:583揺らぐ闘争代行人1:28
4unbloom0:584灯ダチ1:58
5共感覚とは-1:485御法川 実の推理0:56
6突然の出会い2:086狂愛しい1:18
7切れないイト2:227御法川 実の追及1:31
8逸らされた瞳1:588LOVE & PEACE1:04
9共感覚発動1:479リャンピーのテーマ0:37
10鉄の闘争代行人2:4210これは任務じゃない1:50
11任務の完了0:3911リャンチーの激情2:41
12偽りの救出劇1:4312ウーアウィルス発症1:24
13みのさんとマリア1:5613張り詰めているもの4:57
14死の花1:2014静かなる狂気4:20
15緊張感ナシ1:5215最後まで足掻け0:58
16孤独な夜0:4616共感覚全開4:47
17お気楽フリーター1:1217喪われていくイロ2:18
18クレイジータクシー2:3718嫌夢0:46
19カナンの戦闘力1:1819危うすぎる通信1:58
20イキグルシイセカイ2:0120ハッコーの能力1:11
21月下美人0:2521御法川 実の決意1:43
22My heaven(TV size)1:35myu畑亜貴Annabel22束の間の一時0:40
23シャム2:01七瀬光23カナンのそばに…2:12
24暗躍する時間1:5124目の前にある元凶3:10
25普通の少女0:4225シルクロード饅頭0:24
26カナンとデート1:0626斬って捨てろ1:19
27カナンの境遇2:2227目を閉じての戦闘2:22
28御法川 実に芽生えたもの0:5128帰郷する想い0:59
29少女から鉄の闘争代行人へ5:5629消された村5:13
30拒絶の色0:4430だってだって愛なんだろ?2:08
31呉れ泥む5:5031二人のCANAAN4:05
32十二単?2:1532サンタナとハッコーの出会い0:51
33カナンの焦燥0:3833呪わしき花園2:48
34うまくはありません0:4634欺瞞、欺瞞、欺瞞5:30
35美しき狂気0:41
36サンタナの優しさ0:58
37マリア 自責の念2:16
38パーティの時間1:06
39泥の様だろう?2:48
40蛇の名を持つ組織1:16
41ユンユンとの団欒1:45
42死刑宣告の言葉0:52
43同郷同士1:33
 原案はゲーム「428~閉鎖された渋谷で~」における奈須きのこ氏のボーナスシナリオ。
 P.A.WORKSと安藤真裕監督という「いろは」陣が挑んだ大作が「CANAAN」だ。ゲームとは違い上海を舞台にしたクライムサスペンスアクションである。

 
 音楽は七瀬光氏。驚くべきことに、本作は各話フィルムスコアリングを行っている。それ故に1クールアニメのサントラにして4時間弱のボリュームになっているわけだが、即ち本作は殆ど映画サウンドトラックと化していることを意味する。
 「全編が作品と完全に一致すべく作られた」TVアニメサウンドトラックアルバムはこの時期ではそう無い。演奏は篠崎正嗣ストリングスと大先生室屋ストリングスをどちらも用いた大編成に、中華弦楽ソロにギターと、力の入れどころをうまく絞っているのが伺える。
 七瀬氏の直前の仕事が「Phantom」というだけあってクライムサスペンス映画音楽としての仕上りは上々。前半のテンポの良いシンフォニック・テクノな戦闘音楽などはそれらしい力強さを持っている。二胡を用いた上海マフィア感も好ましく、物語の印象付けを力強く決めている。

 
 しかし、弱点も多々あるサントラではある。
 1クール分の物語をフィルムスコアリングの音楽で回すということは、良くも悪くも使いまわしが無いということ。メロディラインを視聴者に覚えさせることが難しい。
 一週間ごとに30分を進める物語に対して、メロディラインが弱いことは大きなデメリットである。
 そしてこれに限らず、「クラウズ」の音楽は奇跡的な威力を持つ曲がいくつもあり、デジタル、ラップ、オケなどを導入した岩崎氏の一時の総決算めいたものを感じた。

 
 そして最後は流麗なストリングスサウンド「LOVE」で締める。「愛の名の下に」から「愛」へ。愛に始まり愛に終わる。これが「ガッチャマンクラウズ」である。
 主演の内田真礼によるED曲がフルで収録されているのは嬉しい。これでさらに締められるとアルバムとしても「クラウズ」の追体験としても気持ちよく終われるのだ。
 エグさと力強さと軽さを兼ね備えた2013年を代表する名盤。2500円とリーズナブルなので是非。
 イラストは高橋裕一氏。デザインは三河真一(ROKKEN)。
No.Disc 3 曲名時間作曲編曲作詞
1悲愛3:22七瀬光
2想執3:13
3とがめ2:09
4花園侵入0:55
5夏目の思惑4:19
6彼女添6:00
7偽りのカナン5:50
8決定権の在処2:25
9薄幸2:10
10タダイマ1:33
11月夜の散歩2:07
12一緒なら…3:11
13忌殺劣者6:23
14ただ、ありのままを1:09
15アルファルド8:35
16影を作れない0:51
17全てをありのままに3:24
18希望と孤独2:59
19孤独からのコタエ1:15
20からまるイト0:56
21お供えは饅頭で…1:00
22頼り添う心3:09
23LIFE4:45yozuca*安瀬聖yozuca*ネネ(高垣彩陽)
24mind as Judgment(TV size)1:36上松範康畑亜貴飛蘭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です