真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日 オリジナルサウンドトラック Vol.1

真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日 オリジナルサウンドトラック Vol.1

オススメ度 ★★★★★

発売:1998年12月16日 収録時間:45分 定価:3059円 レーベル:トライエム



OVAゲッターロボでも段違いの人気を誇る「真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日」。
監督交代疑惑など諸々のアレな噂はあるが、資金力あるOVAだけあって素材は素晴らしい。
音楽は80年代からアニメ劇伴に関わり続けている岩崎文紀氏。
一枚目である本作はほぼフルオケ。後の苦労がここから始まっているのもわかる。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1序曲1:49岩崎文紀
2今がその時だ3:31千沢仁岩崎文紀工藤哲雄水木一郎
3敵状1:40岩崎文紀
4前進1:43
5愛の夢~安らぎ~2:23Franz Liszt岩崎文紀
6切実2:17岩崎文紀
7出撃2:17
8賛美2:35
9緊張2:03
10愛の夢~喜び~1:05Franz Liszt岩崎文紀
11温情2:10岩崎文紀
12壊滅2:51
13困惑1:33
14危機2:36
15敷島2:12
16創造2:02
17約束の丘4:07工藤哲雄
中瀬聡美、千葉千恵巳
18愛の夢~Piano Version~4:31Franz Liszt岩崎文紀
19今がその時だ~OVA Version~1:36千沢仁工藤哲雄水木一郎
20約束の丘~OVA Version~1:55岩崎文紀工藤哲雄
中瀬聡美、千葉千恵巳
 名作ロボット漫画アニメ「ゲッターロボ」の数あるOVAの中でも一番人気の「真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日」。
 通称「チェンゲ」。実はスーパーロボット大戦Dでその存在及び2期主題歌「HEATS」が認知されるまで、ほとんど知名度がなかった。
 
しかしその永井豪スタイルと石川賢スタイルのイイトコ取りの熱いロボアニメっぷりが、圧倒的な支持を得て今でも語り草になっている。

 音楽担当は岩崎文紀氏。節約音楽の多い氏の資金力ある音楽が聴けるのは少し貴重だ。
 ”一枚目の”全体的な音楽スタイルはフルオケ。それは13話OVAなだけに資金力があるというのもあるのだが、「チェンゲ」は3話以前の監督が表記されていない。
 
当時の雑誌の前情報などの話はあるが、今川泰宏監督だったのではないかという疑惑がある。
 
金食い虫で有名な今川監督が、スタートダッシュの作画と音楽に金を使いすぎて交代したのではないかと。
 事実、以降の映像や音楽は格段に資金力不足となっており、少なくともスタートダッシュしすぎたのは確かだ。
 そんな事態に陥るだけあって岩崎氏のフルオケロボアニメ音楽は中々にダイナミックで、時間こそ2分台で収まるのが多いものの、どれも濃ゆい演出力を持った泥臭いオーケストラである。
 
 また、今川監督の存在を予感させるキーパーソンがリストの「愛の夢」。
 フルオケで2バージョン、ピアノソロで1バージョンというこだわりようで使われる「愛の夢」は、後に今川監督が「真マジンガー」でも使用するし、ロボアニメの戦闘や回想をクラシックで大げさに演出するのは今川監督の常套手段だ。
 事実「チェンゲ」でもこれでもかと雰囲気を盛り上げる。
 短期的に見れば今川監督の作品演出レベルは褒められるが、それで3話しか企画が保持できないのは問題外(確証はないが)。

 古めのサウンドトラックだけあり、OPEDがフルもTVサイズも収録されるサービス心の旺盛さは嬉しい。
 どちらも作編曲に岩崎氏が関わっているが、やはり水木一郎氏の汗臭さが染み渡るOP「今がその時だ」が名曲だ。
 OPEDも3話までしかOPEDとして使われていないために、実質「3話までのサウンドトラック」と化している。
 その勢いを象徴する「今がその時だ」を聴いてピンときたならば、このアルバムをまる一枚聞くしかない。

 正統派なロボットアニメ・オーケストラを濃厚に楽しめるハイレベルな一枚。処刑用BGMとして有名になる曲すらまだ収録されていないので、OVA最盛期恐るべしと言うべきか。
 ブックレットには岩崎氏によるコメントが掲載。ジャケットイラストは山田起生氏。デザインは竹田寿美雄氏(Revel INC.)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。