COWBOY BEBOP VITAMINLESS

COWBOY BEBOP VITAMINLESS

オススメ度 ★★★★★

発売:1998年6月3日(2012年12月21日再販) 収録時間:29分 定価:1785円 レーベル:ビクターエンタテインメント

 



ED曲「THE REAL FOLK BLUES」が収録されたサントラ、というよりはミニアルバムのボリューム。

とはいえその一曲だけでなく他の7曲も珠玉の作品が揃っている。

ブルース、ピアノジャズ、フレンチポップ、スパイ音楽と少ない数でもジャンルはてんこ盛り。でも統一感もある。

地味にボーナストラックあり。面白いので聞き逃さないように。


 

No. 曲名 時間 作・編曲 作詞
1 THE REAL FOLK BLUES 6:17 菅野よう子
岩里祐穂 山根麻衣
2 Odd Ones 3:11  
3 Doggy Dog 3:17
4 Cats on Mars 2:47 Gabriela Robin
5 SPY 2:04  
6 Fantaisie Sign 5:20 Caria Vallet
7 Piano Bar1 3:24  
8 Black Coffee(ボーナストラック) 3:15
  「カウボーイビバップ」の実質二枚目であるミニサウンドトラック。ED曲「THE REAL FOLK BLUES」が収録されている唯一のアルバム。ボーナストラック含めて8曲、収録時間30分程のこのアルバムだが、その内容はかなり濃厚。
 しかし4曲目「Cat on Mars」及び6曲目「Fantaisie Sign」は次作サントラ「No Disc」にも収録されているが、アレンジ版などではなく同一曲なので注意。
 
 注まず何よりも1曲目、EDである「THE REAL FOLK BLUES」が文句なしの名曲。題はHowlin’ Wolfのオマージュなのであろう。岩里祐穂の渋い作詞、そして山根麻衣の掠れた声がたまらなくカッコイイ、ハードボイルドを体現した一曲。
 
 落ち着きがありながらもテンポの早まるジャズナンバー「Odd Ones」やピアノソロによるバージャズ「Piano Bar1」はピアノのMark Soskinを筆頭に海外のプレイヤーが起用されている。
 手拍子にあわせた楽しげな多重シャウト?の「Doggy Dog」、Caria Valletの澄んだ声が通るテクノボーカル「Fantaisie Sign」のシンセサイザーは「テクノライズ」の浦田恵司。

 
 「Cat on Mars」はメインキャラクター・エドのテーマ。謎のボーカリスト(断じて謎なのである!)Gabriela Robinの可愛らしい声に、フランス語のようで全然違う造語のポップソング。
 「SPY」はタイトル通りのM:Iを彷彿とさせるスパイ・ジャズ。
 そしてボーナストラックの「Black Coffee」は「Won’t you please have some coffee with me?」と男性が女性をナンパするサマを音楽に乗せて繰り返す面白曲。

 
  30分ながらも満足感ある一枚なので、問題なく買えるアルバム。
 ジャケットデザイン担当はmach55GO。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です