出ましたっ!パワパフガールズZ オリジナルサウンドトラック

出ましたっ!パワパフガールズZ オリジナルサウンドトラック

オススメ度 ★★★★★

発売:2007年6月27日 収録時間:67分 定価:3150円 レーベル:アニプレックス



カートゥーンネットワークの看板「パワーパフガールズ」の日本リメイク版。
公式のお墨付きのもとに好き勝手にブッ壊れたのが本作である。
音楽担当には名DJ・TAICHI MASTERと中村ヒロシ氏。
劇中アクションにも取り込まれたダンス要素がサウンドにもたっぷり。


No.曲名時間作曲編曲作詞
1希望のカケラ1:31田中秀典snakyskullhead、安原兵衛北出菜奈
2真夜中のドア1:28中野雄太大友光悦MIZUEイーフェイ
3LOOK1:30田中ユウスケクボケンジHALCALI
4ジグTHEアッパー1:31ホイフェスタ
5通り雨1:34鈴木珠子MISAwiz-us
6ひまわり1:30Hearts Grow野間康介、秋山誠司Hearts Grow
7intro0:19TAICHI MASTER、Hiroshi Nakamura
8a day in the lab2:45
9monster panic × girlz dispatch3:07
10girlz dispatch × monster threat5:10
11powered buttercup0:34
12rolling bubbles0:33
13hyper blossom0:32
14ppgz0:42
15versus2:51
16mojo jojo1:32
17wafoo1:21
18back in the lab2:40
19love and peace4:03
20juvenile misdemeanor5:35
21the scheme2:28
22princess fuzzy-funk’s rowdy fever5:18
23the rise of him5:57
24victory lap1:43
25epilogue1:24
26スウィートちょーだい2:01TAICHI MASTERくまのきよみH.Blossom(加藤英美里)
27Flow3:34Hiroshi NakamuraR. Bubbles(宮原永海)
28It’s Mighty!2:08TAICHI MASTERP. Buttercup(川名真知子)
29Touch me!2:25PPGZ(加藤英美里、宮原永海、川奈真知子)
 「カートゥーンネットワークと言えば」……と言われたならば、真っ先に名前が挙がる代表作であるCraig McCracken原作「パワーパフガールズ(原題:The Powerpuff Girls)」。
 「アジア版パワーパフガールズを作ってほしい、原作は気にするな」のお墨付きの元、「カーレンジャー」等様々なカオス脚本で名を馳せる浦沢義雄御大が大暴れ。
 お砂糖とスパイスと可愛いものにいちご大福を加えた新生パワーパフガールズが「出ましたっ!パワパフガールズZ」である。

 音楽担当はBY PHAR THE DOPESTやKICK THE CAN CREWをメジャーデビューに導いた名DJ、TAICHI MASTER氏と、クラブジャズユニット・i-depの発起人でありシシド・カフカ氏や小松未可子氏などへの楽曲提供を行っている中村ヒロシ氏とのコンビ。
 各楽曲が二人のどちらによるものなのかは不明瞭だが、所感としてはTAICHI MASTER氏がメインで作っていそうな雰囲気はある。

 キッズアニメのサントラとしても、クラブミュージックモチーフのサントラとしても破格の出来。   
 分かり易いメロディをある程度用いて変身ヒロインキッズアニメらしさを担保しつつも、ハイレベルなダンス音楽でアルバムをまとめ切っている。
 「powered buttercup」「rolling bubbles」「hyper blossom」の3曲は変身バンク音楽にあたるが、40秒にまとまったダンス音楽でキャラクターらしさを表す名アレンジで、バンクアニメーションもそれぞれの曲のイメージを受けたダンスを取り込んでいるのが憎らしい

 また特徴的なのが、純粋な原曲としてではなく、劇中セリフを曲にmixしているものが多い。
 得てしてそういうサービスは嫌われることが多いが、本アルバムではそのmixの完成度が非常に高いためあまり気にならない。「wafoo」におけるモジョジョジョの叫び声とシンクロするイントロなどはお見事の一言である。
 曲ごとの繋がりも異様にシームレスであり、アルバムで聞いた際にはあっという間に一時間が過ぎていく。

 ラスト4曲のキャラクター・イメージソング群は珠玉の仕上がり。
 変身バンク以上に各々のキャラクター性を取り込んだダンスミュージックソングが作られており、声優ボイスのアクの強さも許容する名曲ばかりである。
 特に、もともと歌手としても活動するバブルス役・宮原永海氏による「flow」はキャラクターソングという括りを超えた逸品。トライリンガルである氏の発音による英語リリックと、浮遊感ある中村ヒロシ氏の名アレンジがたまらない。

 極めつけはブックレットの充実。
 楽曲に対しての充実……というわけではないのだが、なんと、キャラクターデザインのしもがさ美穂氏による、「パワパフZ」の初期パイロット設定集がブックレットの殆どを占めているのである。
 非常に可愛らしい氏の画風をイラストとしてまじまじと眺めることができる機会はそうはないため、かなり価値あるブックレットである。

 楽曲の充実、1時間のボリューム、ブックレットの美味しさと全方面で申し分ないサントラ。
 2022年時点でプレミア化の気配がどんどん進んでいるので、気になる方は今のうちに手に入れた方がいいかもしれない。
 お安く手に入りそうだったら迷う必要なし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。