FINAL FANTASY ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK

FINAL FANTASY ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK

オススメ度 ★★★★☆

発売:2001年7月18日 収録時間:57分 定価:2625円 レーベル:ソニーレコード



最早説明するまでもない、伝説的な失敗を遂げた「FF」映画。
しかし、素材までが失敗しているというわけではない。
「エイリアン3」や「バットマン フォーエヴァー」のElliot Goldenthalを作曲に、ロンドン交響楽団での演奏と豪勢なモノ。
「FF映画のサントラ」というより、マーラー・ワーグナー的な交響曲アルバム、と言った方が的を射ているかも。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1The Spirit Within5:06Elliot Goldenthal
2Race To Old New York2:34
3The Phantom Plains4:06
4Code Red2:46
5The Kiss0:40
6Entrada3:55
7Toccata And Dreamscapes8:29
8Music For Dialogues4:50
9Winged Serpent1:27
10Zeus Cannon3:12
11Flight To The Wasteland3:21
12A Child Recalled10:19
13The Eighth Spirit2:28
14Dead Rain6:22
15Blue Light0:40
16Adagio And Transfiguration3:55
17The Dream Within3:02Richard RudolphLARA FABIAN
18Spirit Dreams Inside4:50hydeL’Arc~en~Ciel & Hajime OkanohydeL’Arc~en~Ciel
 FFの生みの親である坂口博信氏を監督に、一世一代の企画として公開された映画「FF」。
 先行で公開された全米では総スカンを喰らい、その勢いのまま日本でも稀に見る失敗興行となった。

 しかし、音楽にだってお金が大層かかっている。素材が悪であるわけじゃあない。
 本作の劇伴を担当したのはElliot Goldenthal。John Coriglianoに師事し、「バットマン フォーエヴァー」などを作曲した。
 演奏にロンドン交響楽団を起用し、Dirk Brosseがタクトを任されるという、日本作品とは思えない程の豪勢さである。
 合唱にもロンドン・ヴォイセズを起用しているので、日本色は皆無である。

 いざ蓋を開いてみると、テイストはFFなんてものではなく、実にワーグナー的。
 或いはマーラーの系譜もあるのだろう。合唱交響曲アルバムと化している。

 では、ワーグナーフォロワー音楽としてどうかというと、少し面白みに欠ける印象。
 大げさにオーケストラが鳴り響いてる、というだけの曲も散見される。
 そのせいか、「この曲だ!」というトラックがないという事態も。
 ただし、オーケストレーションのダイナミックさは実にハリウッド感があり、一つの魅力でもあると思える。
 指揮のDirk Brosseの方がいいアルバムが出てるのでは、というのは野暮。

 挿入歌「The Dream Within」を歌うのはカナダの歌姫・LARA FABIAN。
 この曲に関しては中々良いバラードだと思えた。LARAの声の伸びが良く、どこか「Ⅷ」以降のFFのケを感じなくもない。
 主題歌である「Spirit Dreams Inside」はそこまでの流れとは打って変わってラルクのコチコチ邦ロック。
 映画もろとも軽く黒歴史として扱われているのは少し可哀相。曲自体はいつものラルク。
 ただ、アルバムの流れとして少し違和感があるのはご愛嬌ということで……

 映画の評判以上には確実に評価出来る一作。かといって、絶賛出来る訳でもない一作。
 単純に豪勢な音を楽しむ、という分には全く問題はない。
 まあ、完全に忘れ去るには少し惜しい、ということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。