銀河機攻隊マジェスティックプリンス オリジナル・サウンドトラック

銀河機攻隊マジェスティックプリンス オリジナル・サウンドトラック

オススメ度 ★★★★★

発売:2013年12月18日 収録時間:66分 定価:3150円 レーベル:東宝



2013年を代表できる良作ロボアニメ「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」。
元永慶一郎監督、えびなやすのり音響監督と音楽的には期待できる布陣。
音楽担当は「宇宙兄弟」で同時期に活躍中の渡辺俊幸氏。
パワフルなオーケストレーションが魅力的で、非常に耳残りする良いロボアニメ音楽。


No.曲名時間作曲編曲作詞
1ウルガル軍1:57渡辺俊幸
2初期飛行1:49
3アッシュ1:32
4運命の始動1:26
5出撃準備1:31
6ウルガル軍襲来1:54
7敵機接近1:25
8負け戦1:30
9GDF本部1:28
10日常1:32
11相談2:12
12卒業2:57
13作戦会議1:21
14偵察1:46
15緊急発進1:25
16決死2:07
17ダメージ1:47
18援軍0:59
19反撃1:47
20勝利1:36
21希望3:26
22回想1:51
23感謝1:43
24休暇1:15
25困惑1:23
26不安1:38
27安心1:46
28ココロ4:58石川智晶Zeling works石川智晶昆夏美
29心はひとつじゃない4:22上倉紀行松本一起
30その逆4:51石川智晶土屋学石川智晶
31Respect Me5:02西田マサラ
 2013年春期から一斉に開始したロボットアニメ3本の一角「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」。
 吉田玲子氏の初ロボアニメ脚本や、戦隊出身者の声優起用など好印象な挑戦も多かった作品である。
 元永慶一郎監督、えびなやすのり音響監督と「ヨルムンガンド」「刀語」の布陣で音楽的にも安心できる作品。

 
  音楽を担当するのは渡辺俊幸氏。同時期の「宇宙兄弟」でも活躍していた。
 脚本や作品の骨子からして本作は「ロボアニメ」というよりも「スーパー戦隊」のフォーマットが目指されており、音楽面においてもロボアニメ以上に戦隊モノであることを強く意識する作風になっている。勿論、その二つのジャンルが目指すものは似ているのだが。
 結果、イントロから一気にスピーディなオーケストラ戦闘音楽やフレーズを展開し、目立つメロディを流用した日常音楽などが増える。統一感と用途のハッキリした劇判作りは実にスーパー戦隊やキッズ作品音楽的。
 オーケストレーションとしては渡辺氏特有のマッチョな楽器使いで、打楽器も強め、エレキギターも混ざりギュインギュイン鳴らされる楽しい状態。
 ほぼメインテーマ扱いで次回予告でも使われ、最も耳に残ったであろう「反撃」や、「ダメージ」「緊急発進」など、激しい曲はどれも耳残りする曲に仕上がり、耳残りするよう使われた。
 「ウルガル軍」「ウルガル軍襲来」の2曲もコーラスを用いて、「悪の組織」テーマとして完全に確立。戦隊音楽のように、即物的ながら勢いで乗り切る音楽に仕上がっている。

 
 個人的に好ましいのは、上記のようなロボアニメ、戦隊としての音楽が多くある中でも、心情描写シーンを大切にした曲が用意されているところ。それを感じられたのは「相談」「卒業」の2曲。恐らくどちらもワンシーンのために作られたものだ。
 どちらも脚本上とても大事なシーンで、それをワンオフ曲で飾る意識は賞賛に値する。
 ただし、丁寧に作られた楽曲の多くは未収録だと思われる。作品のターニングポイントになったような曲が収録されていない。1枚分しかサントラが発売されないことから、厳選されたのがこの一枚なのだろう。東宝……。

 
 OP、EDのテレビサイズなどもなく、挿入歌や特殊EDなどがフル収録されているのも好印象。放送終了から3か月もかかって発売されただけに、こういったサービスは嬉しい。
 1分台の曲も多めだが、パワフルさのおかげで気にならないし、ロボアニメ音楽や戦隊音楽と括ってしまえば納得もできる。
 ブックレットは待たせた割に少し控えめなボリューム。ジャケットイラストは谷裕司氏、デザインは波潟真由美氏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。