H2 オリジナル・サウンドトラック2

H2 オリジナル・サウンドトラック2

オススメ度 ★★★☆☆

発売:1996年3月6日 収録時間:65分 定価:3000円 レーベル:キングレコード



あだち充による名作野球青春マンガ「H2」。
音楽は1枚目に引き続き岩代太郎氏。
心地よい青春音楽も継続している。
しかし看板を張れる曲は1枚目に集中してしまっている。


No.曲名時間作曲編曲作詞
1白球と君1:50岩代太郎
2BACK TO GROUND4:29鵜島仁文岸利至鵜島仁文
3もうひとつのプレイボール2:02岩代太郎
4FAR AWAY4:27鵜島仁文SYS鵜島仁文古本新之輔
5勇気のファインプレイ3:36岩代太郎
6対峙1:50
7不安と後悔1:10
8木洩れ陽の中で3:53水島康貴SYS吉江阿季今村恵子
9静かな熱情2:37岩代太郎
10プレイ、快調!2:04
11放課後の青春2:11
12星になった願い~Heartful Dreamer~4:22柴矢俊彦SYS藤林聖子鈴木真仁
13あふれる想い2:09岩代太郎
14緊迫…0:59
15闘争心2:46
16プレイボール、再び2:12
17激戦2:10
18エールが聞こえる5:54岩代太郎SYS木本慶子宮本充
19交錯2:16岩代太郎
20友と学園1:50
21明日への力1:57
22永遠の約束4:05
23予告0:32
24絶対会えてよかった3:55南利一岩崎文紀西脇唯吉村麻希
 少年サンデーにて連載されていたあだち充氏の野球青春マンガ「H2」。
 初めてアニメ音楽を担当した岩代太郎氏によるサントラの2枚目である。
 
 サックスの光る青春イージーリスニングは前作に引き続き健在。
 とにかく爽やかさ一点重視の作風は90年代ドラマ的でよろしい。
 しかし気になるのは一枚目に上澄みを収録し切ってしまったが故の物足りなさである。
 一曲単位の時間の短さから分かるように、劇判的でシステマチックな音楽が一枚目より増えている。
 前作がBGMとして、一曲としての完成度がかなり高いものが多かったがためにこうした寄せ集め感が出てしまうのは仕方がないことではあるが……。
 勿論「永遠の約束」のような後半用のキメ音楽もあるにはあるが、挿入歌、キャラクターソングのインパクトに薄れてしまっている印象。
 劇判っぽい曲が増えると同時に打ち込みも増えてきて、青春音楽の完成度にばらつきが発生している部分もある。
 
 一応一時間越えでアルバムらしさは整っているものの、歌の多さを考えると妥当。
 一枚目程の疾走感は得られないものの、初期岩代太郎氏の一枚として聞くことはできる。90年代ドラマ的なサントラがこの皆場合もまたおすすめ可能だ。
 ジャケットイラストは町田智浩氏。デザインは安田浩樹氏(サン・アート)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。