TVアニメ 「百花繚乱 サムライガールズ」 オリジナル・サウンドトラック~沁・伎・躰~

TVアニメ 「百花繚乱 サムライガールズ」 オリジナル・サウンドトラック~沁・伎・躰~

オススメ度 ★★★★☆

発売:2010年12月22日 収録時間:119分 定価:3200円 レーベル:ランティス



ホビージャパンでのメディアミックス企画の流れで、
ライトノベル「百花繚乱」のアニメ化作品である「サムライガールズ」。
音楽は加藤達也氏で、「ホライゾン」等で有名になる直前。
低予算劇判音楽の理想形の一つ。


N0.Disc 1 曲名時間作・編曲作詞
1新たな剣姫(マスターサムライ)2:22加藤達也
2Last vision for last(TV size)1:34上松範康畑亜貴飛蘭
3武應学園塾1:56加藤達也
4姫御前1:49
5不本意が故1:52
6智の六文銭1:58
7誅すれば忠す1:58
8本能ゆえ煩悩2:09
9武士道の本懐1:59
10討ち入り2:00
11窮すれば1:52
12甚大なる力2:18
13対峙するこころ2:32
14意識の果て2:37
15侘しさと寂しさと2:08
16時を越えた夜1:52
17疾き忍2:17
18咎むるが如く1:54
19大日本を覆う影2:25
20仰せ言2:10
21誇大妄想1:53
22不意の逆上1:46
23普遍なる想い1:51
24飯の供2:13
25萌ゆる悶々妄想像1:58
26秘めた侍の魂2:05
27眩めて失せしもの1:53
28結いはじめの優しさ1:52
29一条の光2:23
N0.Disc 2 曲名時間作曲編曲作詞
1視界のある先2:10加藤達也
2いざ契りのとき2:06
3謎の降臨2:11
4区々にて1:58
5日々是好日2:03
6籠の中の鳥1:33
7闇の黒い影2:08
8五感錯乱2:16
9見えざる支配2:03
10陰の謀り事2:37
11深い契りの末1:48
12幻想の彼方1:58
13忘れ得ぬ記憶1:48
14起抜けお寝惚け1:51
15信頼と絆2:13
16将との契り1:53
17甚だしき影2:14
18大討伐2:28
19忠誠の誓い1:53
20七転八倒1:59
21猛り狂う獣が如し2:04
22夢追いし理2:19
23記憶の琴線1:59
24虫の知らせ2:18
25無何有の郷2:03
26愛を知る由も1:51
27花咲けば愛が舞う2:19
28心ここにある意義1:50
29恋にせっせ通りゃんせ(TV size)1:32福本公四郎、村井大高田暁畑亜貴
サムライガールズ(柳生十兵衛、真田幸村、徳川千
(悠木碧、釘宮理恵、寿美菜子))
 「クイーンズブレイド」に続く、ホビージャパン発のメディアミックス企画の一つ。
 それがすずきあきら氏による「百花繚乱」。本作はそのアニメ化第一期のサントラだ。
 ニトロで有名になったNiθ氏によるキャラデザの為か内容も濃いのかと思ったが、そんなことはなかった。

 音楽担当は加藤達也氏。「境界線上のホライゾン」直前で、話題になる前の作品。

 その手腕はそんな本作でも遺憾なく発揮されている。
 「21世紀の江戸時代」が舞台ということで、和風テイストがフィーチャーされるのかと思いきや、意外にも和風の音、尺八などは殆ど使われず、ほんの一部でしか聞こえてこない。
 それどころか、マンドリン的なサンプリングなど、北欧系のテイストや、テクノ、アンビエントなど多国籍、無国籍なアルバム構成に仕上がっている。
 「百花繚乱の音楽」を押し出すには巧く言っているとは言いづらいが、アプローチとしてはかなり面白く、日常シーンが多い本編を多様に彩る形だ。
 また日常音楽とシリアス音楽位の二分なので、ヒロイックな戦闘音楽は殆どない。
 だからこそ数少ないヒロイックなストリングスが力を増すというのもあるのだが。それもまた和風テイストの少なさを際立たせているようだ。

 注目すべきはそのクレジット。生楽器の少なさである。

 クレジットの限りでは伊平友樹氏のギターと大先生室屋ストリングスしか使用されていないのだ。
 すると、時折使われる尺八らしき音どころか、上記の多国籍楽器やピアノすらもサンプリングという事になる。

 それにしてはかなり良質な音が聞こえるので、加藤氏の引き出しの質の高さが伺える。
 つまり本作は低予算音楽でありながらより高みを目指されたアルバムであり、それこそがこの時期特にみられる加藤氏の特質の一つであり、更には今アニメに求められる人材なのである。
 それが良いか悪いかは客観的な判断はしかねるが、個人的には大歓迎の存在だ。

 というわけで、知名度や雰囲気の割には面白いモノに仕上がった一作。加藤達也氏のルーツを辿る意味でも入手していいアルバムだ。
 ブックレットには加藤氏のコメントが掲載。ジャケットイラストは宮澤努氏。デザインは酒寄祐子氏(Lantis)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。