神様のメモ帳 It’s the only NEET thing to do. ORIGINAL SOUNDTRACK

神様のメモ帳 It’s the only NEET thing to do. ORIGINAL SOUNDTRACK

オススメ度 ★★★★☆

発売:2011年9月28日 収録時間:77分 定価:3000円 レーベル:ランティス


杉井光氏原作、電撃文庫で刊行されている「神様のメモ帳」。
桜美かつし監督でアニメ化されたが、オリジナル要素など数々の要素が不評に。
音楽には岩崎琢氏が抜擢。この時期の中でも落ち着いた作風が目立ち、
ピアノを基調にしたシティポップスなどを展開する。

No.曲名時間作曲編曲作詞・歌
1Teddy4:10岩崎琢かの香織Suzi Kim
2The seamy side2:52岩崎琢
3事件2:36
4N.E.E.T.3:57Lotus Juice
5Apathy syndrome2:55岩崎琢
6園芸部2:02
7HANAMARU2:42
8Realize2:47
999 NEETs3:19L-VOKAL
10Tender color2:23岩崎琢
11予感2:39
12思い出はいつだって優しいから1:22
13Dearest pain3:01
14真実と優しい嘘3:01
15Alice in computer room2:34
162分30秒でわかる楽しいNEET life2:29
17次の金は東にありて2:26
18Antenna2:33
19漢は多くを語らず3:04
20彩夏2:12
21Bad trip1:17
22屋上に咲いた花1:39
23Hazard2:39
24Hope in despair2:35
25真実と事実の狭間2:36
26Sad drops3:00
27It’s the only NEET thing to do.2:44
28Wishful fiction3:03
29I hope so…1:57
 電撃文庫にて刊行されている、杉井光氏によるライトノベル「神様のメモ帳」。
 登場人物の多くがニートである都市探偵活劇であり、ニートネタは曲タイトルにも取り入れられている。
 桜美かつし氏を監督にアニメ化がなされたが、オリジナル構成諸々が非常に不評で、原作モノの改悪アニメ化の代表例として扱われることもしばしば。
 筆者は桜美かつし監督肯定派なので、なんだかんだ嫌いではない。

 
 音楽は岩崎琢氏。「びんちょうタン」以降では久々の静的なテイストのアルバムとなっている。
 岩崎氏のサントラは作品ごとに音楽のジャンルがバシッと決められて骨子になっている。「都市」「探偵」「ニート」というワードからチョイスされた、ジャンルはシティポップスである。
 しかし「ジャンル音楽」を全うすることだけでは我慢ができないのが岩崎音楽である。スキャットやピアノを基調にしたシティポップスを土台にしたラップ、ヒップホップ、ジャズが展開されている。
 懐かしくも冷ややかで落ち着きのあるサウンドは都市探索物語である本作とは気持ちよくマッチしており、作品の雰囲気を強く構成する要素になっている。

 
 気になるのは、いつもよりも若干アンビエント的というか、お仕事感のある劇判っぽい曲が散見される。
 それでもただでは転ばないのが岩崎氏なので、劇判としても限りなく高水準なのだが、シティポップス・ヒップホップというジャンルがそれを浮き彫りにしやすくしている。
 この時期の岩崎氏の中では最も透明感あるサウンドで、素直なシティ感ある岩崎音楽が聞ける貴重な一枚。
 ありそうで意外とない、シティポップスを用いた都市音楽の洗練された形である。

 
 ジャケットイラストは冷水由紀絵氏。デザインはOverDriveDesign。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。