KURAU Phantom Memory Original Soundtrack CRIMSON

KURAU Phantom Memory Original Soundtrack CRIMSON

オススメ度 ★★★☆☆

発売:2004年12月16日 収録時間:44分 定価:3045円 レーベル:ビクターエンタテインメント



BONESのオリジナルSFアニメ「KURAU Phantom Memory」サントラ第二弾。
引き続き勝木ゆかり氏による劇伴。
前作に対してモチーフカラー「CRIMSON」とあるように多少情熱的、激しさがある。
透明感や泣かせの曲塗油は変わらないが、魅力も弱点も1枚目から持ち越しているイメージ。


No.曲名時間作・編曲作詞・歌
1The Power4:50勝木ゆかり
2Moonlight~Essence2:18
3Tomorrow’s Treasures3:51
4Tender Smile2:39
5Transition1:40
6Drag Racer3:25
7People in Need2:22
8Behind Affection1:42
9Evildoer2:08
10Eternal Darkness2:48
11Threads of Nostalgia3:00
12Daily Life~Heartfelt1:24
13Fairground1:41
14Strain2:12
15Little Heart1:48
16Dogfight2:19
17Premonition1:39
18Moonlight~Farewell3:11勝木ゆかり
 近未来SFアニメ「KURAU Phantom Memory」サウンドトラック第2弾。
 引き続き音楽は勝木ゆかり氏の作曲となる。

 
 モチーフカラーが前作「INDIGO」から「CRIMSON」ということで、どこか情熱的。
 とはいえ全体は前作と同じく透明感あふれる優しいアコースティックとシンセ。
 「Drag Racer」「Dog Fihgt」のようなバンドサウンドがちらほら増えているのが「INDIGO」よりも激しい方向のアルバムであることを感じさせる。

 
 「Moonlight~Essence」「Threads of Nostalgia」のようなじんわり染み込む泣かせの曲も「INDIGO」と変わらぬ安心感。
 ピアノソロ楽譜も出る程の綺麗なピアノ演奏もそれをサポートしている。
 そしてラストはEDのアレンジ「Moonlight~Farewell」。ギターを中心とした良質なアレンジで、2枚のサントラを締めるのに相応しい1曲に仕上がっている。

 
 アルバムとしてはボーカルの強みが減った分、前作よりも更に地味になってしまった印象が強い。
 ボリュームの少なさと地味さが、かなりファン向けのアルバムとしての要素を強めている。
 しかし確固たる方向性を持った魅力や統一感は好印象で、良くまとまったアルバムでもある。

5 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。