SEVEN RINGS IN HAND:SONIC AND THE SECRET RINGS ORIGINAL SOUNDTRACK

SEVEN RINGS IN HAND:SONIC AND THE SECRET RINGS ORIGINAL SOUNDTRACK

オススメ度 ★★★★★

発売:2007年3月15日 収録時間:99分 定価:3400円 レーベル:WAVE MASTER



ソニックがPS3どころかWiiにも進出。
Wiiのスペックじゃあ、という不安をよそにいつも通りのトンデモグラフィック。
本作「ソニックと秘密のリング」から始まる「物語」シリーズは、
Wiiゲームの隠れた良作に他ならない。


N0.Disc 1 曲名時間作・編曲作詞
1SEVEN RINGS IN HAND5:10床井健一RunblebeeSteve Conte
2THE LOST PROLOGUE1:51熊谷文恵
3LET THE SPEED MEND IT3:42床井健一
4POISON SPEAR3:34熊谷文恵
5THE WICKED WILD3:37
6THE PALACE THAT WAS FOUND3:27床井健一
7HOW IT STARTED4:22
8HIGH AND BROKEN4:28熊谷文恵
9NO WAY THROUGH4:07床井健一
10BLUE ON THE RUN3:59熊谷文恵
11THE WHITE OF SKY3:07
12UNAWAKENING FLOAT4:42床井健一
13IT HAS COME TO THIS2:50
14WORTH A CHANCE5:29熊谷文恵RunblebeeSteve Conte
N0.Disc 2 曲名時間作・編曲作詞
1THE LAST PALACE2:00小林秀聡
2SANDSTORM2:20岡元清郎
3POWER OF THE RING0:49Le Club Bachraf
4MISGIVING2:41岡元清郎
5JUDGMENT1:33Le Club Bachraf
6ALI BABA & SINBAD RESCUED!3:38
7SHIMMER OF HOT AIR1:47岡元清郎
8THE LEGENDARY BLUE HEDGEHOG2:36Le Club Bachraf
9HIS FATE1:43熊谷文恵
10SHIMMER OF HOT AIR “HEARTBEAT”2:14岡元清郎
11KING OF KING2:24Le Club Bachraf
12THE PROMISE0:49床井健一
13SHIMMER OF HOT AIR “RAGE”1:07岡元清郎
14MISS YOU1:32熊谷文恵
15REVIVE2:16小林秀聡
16CHARACTER SELECT0:36熊谷文恵
17ADVERTISE1:13
18PARTY DRESS1:42
19YELLOW SNEAKERS0:55
20BLUE SHIRT1:18
21VIOLIN BEGINNER’S CLASS0:18
22VIOLIN MIDDLE CLASS0:15
23VIOLIN HIGHER’S CLASS0:14
24WHITE GLOVES1:24床井健一
25PULL ON IT!0:43熊谷文恵
26PURPLE PANTS1:26
27WORTH A CHANCE-ORIGINAL VERSION5:29RunblebeeSteve Conte
 ついにWiiにも進出を果たしたソニックチーム。
 贈りだすのは「物語」シリーズ大一作、「ソニックと秘密のリング」だ。
 「アラビアンナイト」をモチーフにしたシナリオとグラフィックは、Wiiゲーム屈指のクオリティに仕上がっている。

 今回メインを張るのは床井健一氏と熊谷文恵氏。
 「アラビアンナイト」ということでシタールの音色が響く、アラビアンテイストを帯びたロック、パンクという具合だ。
 特に第一ステージを飾る「LET THE SPEED MEND IT」は今作で想像しうる理想的な曲。
 ソニックらしいスピード感とインド音楽の交わりは今作でしか聞けない。
 その他の曲もお祭りめいた明るさやラップなども入り交ざったりと、ステージ曲の集められた一枚目はワイルドな疾走感に事欠かない。
 「ワイルドな炎を身にまとい、爆発的なスピードで打ち破る・ぶち壊す」という、「ひみリン」ソニックのイメージは完全にパンクロックで再現されている。
 ちなみにステージ曲の作詞もすべてRunblebee氏によるものである。

 また、本作は主題歌とラストバトル曲が同じ「アドベンチャー」方式。
 この主題歌「SEVEN RINGS IN HAND」が実に燃えさせる名曲。
 歌っているのは何と菅野よう子作品でおなじみSteve Conte氏で、正に燃え盛るようなリフとCrush 40のそれともまた違った質のロック歌唱がたまらない。
 同じ声で歌われるバラードED「WORTH A CHANCE」も素晴らしい。
 オリジナル版もどちらも捨てがたいが、やはりSteve氏のロッカーな声でこれが聞けると、いかに良いロックアルバムを聴けているのかが再認できてうれしくなる。

 Wiiだからといってナメてはいけない、本作とて「ソニックシリーズ」なのである。
 アラビアンに燃え盛るパンクロック名盤なので、ぜひとも聞いてみて欲しい。
 ちなみに一応Amazonのリンクを貼ってはいるが、在庫が不安定なので、セガストアかiTunes storeでの購入を推奨する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。