TARI TARI ミュージックアルバム~歌ったり、奏でたり~

TARI TARI ミュージックアルバム~歌ったり、奏でたり~

オススメ度 ★★★★☆

発売:2012年9月26日 収録時間:112分 定価:3300円 レーベル:ランティス



P.A.WORKSが贈る合唱青春部活アニメ「TARI TARI」。
「音楽」が基盤になった作品であるならば、その音楽が良質じゃないわけがない、ということで。
劇伴の担当は浜口史郎氏。「花咲くいろは」から続いての製作となる。
勿論2枚目は合唱づくし。フルじゃない放送時の音源などが収録。


N0.Disc 1 曲名時間作・編曲
1はじまったり、目覚めたり1:45浜口史郎
2歩いたり、スキップしたり1:46
3眺めたり、感じたり1:50
4あいさつしたり、じゃれあったり1:32
5おどけたり、ひやかしたり1:35
6活動したり、笑いあったり1:34
7微笑んだり、ほっとしたり1:34
8キラキラしたり、ワイワイしたり1:31
9優しさに触れたり、夕暮れを見上げたり1:49
10勘違いしたり、教えてあげたり?1:31
11決意を新たにしたり、行動開始したり1:44
12あくびをしたり、のびをしたり1:45
13前向きだったり、ひねくれてみたり1:33
14自信あったり、なかったり1:41
15取り留めなかったり、懐かしがったり1:41
16自負だったり、迷いだったり1:42
17語ったり、耳を傾けたり1:43
18思い出したり、包まれたり1:37
19迎えたり、つなげたり1:39
20たくらんだり、ニヤニヤしたり1:15
21ドキドキしたり、オロオロしたり1:19
22おっちょこちょいだったり、のんきだったり1:13
23イラッとしたり、ムカッとしたり1:13
24まとまらなかったり、決まらなかったり1:15
25見えなかったり、不安になったり1:15
26走り出したり、逃げ出したり1:07
27コンドルクインズだったり、サンバだったり1:25
28決意だったり、大切な思いだったり2:00
29母のやさしさだったり、母への感謝だったり1:59
30ありがとうだったり、希望だったり2:13
31別れだったり、別れたくなかったり2:05
32過去だったり、真実だったり1:51
33不安だったり、やるせなさだったり2:11
34海だったり、空だったり2:01
35せつなさだったり、寂しさだったり2:02
36嵐だったり、雨だったり1:47
37透明だったり、響いたり1:39
38思いを馳せたり、共にあったり2:07
39抱えたり、寄り添ったり2:00
40駆け出したり、求めたり1:48
N0.Disc 2 曲名時間作曲編曲作詞
1Dreamer(TVサイズ)1:33宮崎京一AiRI
2白浜坂高校校歌1:01浜口史郎橋本昌和
白浜坂高校生徒一同
3リフレクティア(合唱版)3:29菊地創浜口史郎riya
白浜坂高校声楽部
4Amigo! Amigo!1:45浜口史郎ヒカルド・クルーズ
コンドルクインズ(ヒカルド・クルーズと仲間たち)
5Amigo! Amigo!(レクイエム Ver.)1:05  
6goin’ my way!!(#1 Ver.)1:08浜口史郎澤口和彦riya瀬戸麻沙美
7goin’ my way!!(合唱版)2:16浜口史郎
白浜坂高校声楽部
8白浜坂高校校歌(ラテンVer.)0:44橋本昌和
瀬戸麻沙美、早見沙織、島﨑信長
9Hau’oli♪0:48riya
白浜坂高校合唱部
10アイキャッチ0:09  
11心の旋律(インスト Ver.)4:16  
12心の旋律(#2ED Ver.)2:34riya
瀬戸麻沙美、早見沙織
13心の旋律(#6ED Ver.)2:13
白浜坂高校合唱部
14心の旋律(合唱版)4:01
幕張総合高校合唱団
15心の旋律4:01
白浜坂高校合唱部
16熱闘ヒーローガンバライジャー(#10 Ver.)1:13原田謙太
西之端ヒーローショーテンジャー
17熱闘ヒーローガンバライジャー1:28
18radiant melody3:33riya
白浜坂高校合唱部&声楽部
19潮風のハーモニー(2人Ver.)1:33杉森舞渡辺和紀micco
白浜坂高校合唱部
20潮風のハーモニー(4人Ver.)1:33
21潮風のハーモニー(5人Ver.)1:33
22潮風のハーモニー(#13ED Ver.)2:04
 P.A.WORKS製作、レイトン映画の橋本昌和監督で贈るアニメ「TARI TARI」。
 「花咲くいろは」から続き、少しギスギス気味ながらそれを乗り越えるタイプの青春もの。
 「合唱」をモチーフとし、合唱音楽に重点を起きながら進んでいく。

 インスト劇伴の担当は「花咲くいろは」と同じく浜口史郎氏。
 勿論、青春日常アニメに浜口氏ときたら、室内アコースティック編成である。
 全体的に一分半から二分でまとめていて、一時間ほど続く構成。
 ディスク1、2の関係構成は「ガールズ&パンツァー」とも似ている。

 そのインストであるが、決して悪い完成度という訳でもないが、思うところがある。
 「花咲くいろは」でのアコースティックにはピアノへの意識が感じられ、聴き応えあるメリハリがついていた。
 しかし今回はアベレージこそ聴きやすく仕上がってるものの、「覚えていられる突出した曲」があまりない印象。
 合唱との兼ね合い、合唱曲が演出能力を与えられている以上、これは仕方ない措置かもしれないが……

 ディスク2の合唱曲は、フルではなく本編使用版などが収録されているトラックが半分近く。
 「リフレクティア(合唱版)」「心の旋律」「心の旋律(合唱版)」「radiant melody」の4曲が3分サイズ歌入りで収録されている。
 とはいえ「Dreamer(TVサイズ)」「goin’ my way!!」「潮風のハーモニー」を除けば他の曲にフルサイズは存在しない。

 ディスク2に関しては文句なし、むしろこんなに大量に浜口氏のボーカル作曲を拝めるのは非常に珍しく、たまらない。
 「goin’ my way!!(#1 Ver.)」などは本編通りの失敗をする部分でぶつ切りになるが、そういう演出はいつでも歓迎である。
 「Amigo! Amigo!」は見覚えがあると思ったら、JAM Projectのヒカルド氏だ!と度肝を抜かれた。
 歌詞はJAM Project非常勤メンバー・ヒカルド氏にてきとーに任せた造語。でもそれっぽく仕上がってるのが面白い。
 アニメ音楽では中々聞けない合唱曲というものをここまでたっぷり聴けるだけでも大きな価値がある。

 インスト曲に不満はあれど、それに対し合唱部分へ割かれた意識が強い印象。
 本編演出をそのまま収録するなど、気の利いた構成もオツ。
 しかし、ともすれば本編視聴者だけしか楽しめない要素なので、これは「サントラ」としての善し悪しを感じる所。
 実際、未視聴の人間に勧められるかというと少し気後れする。

 ジャケットデザインは行徳ゆみ+仲井真由美。ブックレットでは合唱曲の解説が曲単位で掲載。
 余談だが、幕張総合高校合唱団は2012年にNHK全国学校音楽コンクールで金賞だったとのこと。名門とはいえ、随分タイムリーである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。