「THE UNLIMITED 兵部京介」 Original Soundtrack

「THE UNLIMITED 兵部京介」 Original Soundtrack

オススメ度 ★★★★★

発売:2013年5月29日 収録時間:104分 定価:3360円 レーベル:ジェネオン・ユニバーサル



絶対可憐チルドレンが(今更)スピンオフかい、と思ってしまった「兵部京介」。
蓋を開いてみればきちんとピカレスクロマンをやりきった傑作であった。
音楽は本家「絶チル」と同じく中川幸太郎氏が抜擢。
ジャズ先行ではなく「映画音楽」として完成している。


No.Disc 1 曲名時間作曲編曲作詞
1THE UNLIMITED4:02中川幸太郎
2LΛST RESOLUTION(ENGLISH ver.TV EDIT)1:31増田武史六ツ見純代Emblem of THE UNLIMITED
3無限を宿した男~兵部京介のテーマ~2:41中川幸太郎
4危機はそこに2:40
5忍び寄る影2:33
6ミッション開始2:34
7緊迫2:04
8グラスを片手に2:04
9束の間の憩い2:14
10高雅なるワルツ1:24
11触れ合う心3:17
12可憐なる少女~ユウギリのテーマ~2:21
13さまよえる孤独な魂2:23
14LΛST RESOLUTION(JAPANESE ver.TV EDIT)1:31増田武史六ツ見純代Emblem of THE UNLIMITED
15戦闘開始2:14中川幸太郎
16闇に光る眼2:22
17解禁!2:25
18BRIGHTEST LIGHT(TV EDIT)1:34増田武史藤末樹六ツ見純代皆本光一&賢木修二 starring 中村悠一&谷山紀章
19街中にて2:49中川幸太郎
20玉が舞い鳩が飛ぶ2:39
21天使か悪魔か2:49
22友よ2:13
23その瞳に孤独を映して~アンディ・ヒノミヤのテーマ~3:50
24DARKNESS NIGHT(TV EDIT)1:31増田武史藤末樹六ツ見純代兵部京介&アンディ・ヒノミヤ starring 遊佐浩二&諏訪部順一
No.Disc 2曲名時間作曲編曲作詞
1軍靴の行進1:31中川幸太郎
2逃げられて誉められて2:04
3お転婆令嬢2:27
4BRAND NEW EDEN(TV EDIT)1:57河田貴央六ツ見純代兵部京介 starring 遊佐浩二
5月光の中で2:58中川幸太郎
6今、戦いの幕が開く2:12
7ADVENT(TV EDIT)1:49増田武史前口渉六ツ見純代兵部京介 starring 遊佐浩二
8ドッグファイト!2:21中川幸太郎
9闇からの呼び声2:18
10カタストロフ2:05
11DARKNESS NIGHT(Hyoubu arrange ver.)(TV EDIT)1:36増田武史藤末樹六ツ見純代兵部京介&アンディ・ヒノミヤ starring 遊佐浩二&諏訪部順一
12哀切のバラード3:57中川幸太郎
13空の涯て(TV EDIT)1:41前口渉渡辺翔六ツ見純代eyelis
14姿を見せた狂気2:11中川幸太郎
15非情なる潜入捜査3:23
16DARKNESS NIGHT(Hinomiya arrange ver.)(TV EDIT)1:33増田武史藤末樹六ツ見純代兵部京介&アンディ・ヒノミヤ starring 遊佐浩二&諏訪部順一
17歪む運命1:40中川幸太郎
18未来物語(TV EDIT)2:24設楽哲也川崎里実六ツ見純代ユウギリ starring 東山奈央
19刻よ永遠にとまれ3:11中川幸太郎
20別れの時1:08
21OUTLAWS(#12 TV EDIT)1:37増田武史河田貴央六ツ見純代eyelis
 椎名高志氏原作の「絶対可憐チルドレン」を旧アニメと別スタッフでスピンオフ。
 敵キャラである兵部京介を主人公としたアニメ、それが「THE UNLIMITED 兵部京介」である。
 何故今「絶チル」なのかと不思議に思ってしまったがいざ蓋を開いてみると、中二病ダークヒーロー、ピカレスクロマンを素直にやりきった良作でもあった。

 
 音楽には本家「絶チル」と同じ中川幸太郎氏が抜擢された。
 そして音響監督は長崎行男氏で、ピカレスクロマン。個人的には期待するなと言えない布陣である。
 長崎氏からの注文に「オーケストラを基調とした映画音楽を理想に」というのがあったらしく、「絶チル」本編とも一線を画すためかわかりやすいジャズは少ない。
 これが良い意味合いでハリウッド的な機能を果たす結果に至り、中川氏の引き出しのままでありながら重厚感が巧く出せている。
 最近の中川氏のオーケストレーションは決して傑作のサントラばかりではないが、「映画音楽」を目指された本作は物語にもつられてかもはや別物と呼べるまでにまで昇華している印象だ。
 疑似音源含めたオケにバンド演奏というのは「仮面ライダーウィザード」でも聞けるが、 本作での音作りの方が曲の展開、厚みともにレベルがかなり上がっている。
 何より一曲が長いのが良い。そのおかげで展開も豊かになるし、シンセの魅力も生音の魅力も一曲の中にうまく封じ込めることができるようになっている。

 
 メインテーマ「THE UNLIMITED」「アンディ・ヒノミヤ」なども映画音楽らしさを醸し出せている豊かな今日口調の代表例である。
 中でも分かりやすくそれが表現されているのはチルドレンのテーマでもある「解禁!」で、本家「絶チル」サントラにおける「かいきん!」の「兵部」verとも言うべき一曲だ。
 原典が分かりやすいビッグバンドジャズスタイルだっただけに、本作での「オケ・シンセ・バンド」がそれに代わる要素になっているのが良く分かるトラック。

 
 欠点はTVサイズトラックの多さだが、本当にそこくらいしか気にならない良盤。
 中川幸太郎氏の新たなる引き出しをお目にかかれたような、そんな気分にさせられた。
 ブックレットには中川氏と五十嵐監督の対談形式でのインタビューが掲載。
 イラストは赤井方尚氏。デザインは奥田晶久氏と渡井美穂氏(chocolate please graphics)。
 エグさと力強さと軽さを兼ね備えた2013年を代表する名盤。2500円とリーズナブルなので是非。
 イラストは高橋裕一氏。デザインは三河真一(ROKKEN)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。