月詠-MOON PHASE-Best Collection 全部、聴きたくなっちゃった…。

月詠-MOON PHASE-Best Collection 全部、聴きたくなっちゃった…。

オススメ度 ★★★★★

発売:2005年1月21日 収録時間:60分 定価:3045円 レーベル:ビクターエンタテインメント



ネコミミ・モード
ネコミミ・モード
ネコミミ
ネコミミ・モードで~す♥


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1The Theme of Moon Phase3:08久米大作
2Neko Mimi Mode(TV size)1:30Dimitri From Paris葉月(斎藤千和)
3Kiss Me2:50久米大作
4A Little Night Dream3:50
5A Memories of Your Blood3:13
6Just for my love5:02北川勝利桜井康史伊藤利恵子
巫女ツインズ(光、薫)(門脇舞、松来未祐)
7Lemonade & Rice1:02久米大作
8A Valley in My Tears3:34
9Waltz1:50
10Quiet Town3:02
11Be My Cat3:14
12At the Dark Garden1:58
13Prelude2:07
14Love!Love!Lips1:26
15A Wind in the Flowers2:00
16Midnight Games3:34
17Behind Voice3:24
18Breathing3:08
19Anata no Toki2:22
20Dance with Me2:04
21Pressentiment triste5:10橋本由香利
marianne Amplifier
 失礼しました。

 有馬啓太郎氏原作の漫画「月詠」を、後に「まどマギ」「物語」で一世を風靡する
シャフトと新房監督がアニメ化した「月詠-MOON PHASE-」。
 何よりも強烈なのはOP。

 Dimitri from Parisを起用した「Love Love Mode」のパロディである、
 萌えラウンジ「Neko Mimi Mode」の中毒性が大きく話題になる。映像もかなりひどい(褒め言葉)。

 そんなOPや作風とは裏腹に、劇伴の方は全く違う方向性のクオリティを見せつけてくれる。
 なんと、音楽担当は久米大作氏。日本初のフュージョンバンド・プリズムの結成メンバーであり、かのT-SQUAREやはにわオールスターズにも参加しているキーボーディストだ。
 何故こんな人がこんなコッテコテのいわゆる「萌えアニメ」に呼ばれたのかは定かではないが、とにかくシリアスでスタイリッシュで格好いい。何かの間違いじゃないかと思えるほど。
 いきなり「The Theme of Moon Phase」からヴァイオリンがギュルギュル鳴り、女性コーラスが唸る。
 ヴァイオリンは桑野聖氏によるもので、コーラスはなんと「ANUBIS」OP「Beyond The Bounds」の木村真紀氏だ。
 シリアスな伝奇を演出する激しい曲はヴァイオリンやコーラスが妖しく唸りをあげ、日常音楽ではボサノヴァが闊歩し、ボーカル曲はウィスパーが効いていて心地よい。
 どこをとってもハイレベル。伝奇バトルアニメと言われれば納得だが、「月詠」の音楽でいいのか!?となる。
 一曲単位がかなり長いのも好印象で、アルバムで聞いている時の満足感が素晴らしい。

 ただでさえ久米大作氏の仕事が素晴らしいのに、ボーカル、特にラストを飾る「Pressentiment triste」がなお良い。
 橋本由香利氏が後に「輪るピングドラム」で見せつけるような情緒が既にここで発揮されているのである。
 ストリングスのアレンジがかなり心地よく、この曲で終われる構成は幸せとまで言える。

 一応、限定版がある。しかも通常版より入手しやすい。限定版だと8mmCDで、ネコミミボイス(!?)がこれでもかと収録された特典がついてくる。脳をとろけさせたい人にオススメ。
 作品への偏見がある人もさぞ多いだろうが、この一枚はとにかく名盤である。聞いていないのは損である。
 こういう発掘があるからアニメサントラはやめられない、と心底思えるアルバムであった。
 なお、特典サントラがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。