Yes!プリキュア5GoGo! オリジナル・サウンドトラック1 プリキュア・サウンド・シューティングスター!!

Yes!プリキュア5 オリジナル・サウンドトラック1 プリキュア・サウンド・ドリーム!!

オススメ度 ★★★★☆

発売:2008年9月3日 収録時間:40分 定価:3150円 レーベル:Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)

 



プリキュアシリーズ5年目にして最大の転機、「Yes!プリキュア5GoGo!」。

そのサウンドトラック2枚目。

つまり佐藤直紀氏のテレビプリキュア最後の一枚である。

しかし、どうにもアウトトラックス感が否めない感じ。


 

No. 曲名 時間 作曲 編曲 作詞
1 五つの光ふたたび 1:13 佐藤直紀  
2 プリキュア5、フル・スロットル GO GO(TVsize) 1:27 間瀬公司 家原正樹 只野菜摘 工藤真由 with ぷりきゅあ5
3 カフェテラスにて 1:33 岩切芳郎 佐藤直紀  
4 サブタイトル 0:12 佐藤直紀
5 闇の博物館 2:08
6 くるみのテーマ 1:32
7 新たな敵の影 1:49
8 迫る魔手 1:19
9 バラの力を胸に 1:19
10 スカイローズトランスレイト! 0:37
11 颯爽!ミルキィローズ 1:02
12 仲間を迎えて 1:20
13 キュアローズガーデン 1:51
14 シロップとメルポ 1:43
15 国王の力、目覚める 1:37
16 アイキャッチ 0:09
17 シロップのテーマ 1:58
18 シロップ空を行く 1:38 岩切芳郎 佐藤直紀
19 バラの伝説 1:29 佐藤直紀
20 大切なものは… 1:52 間瀬公司 佐藤直紀
21 仮面の館長 1:37 佐藤直紀
22 エターナル襲撃 1:24
23 メタモルフォーゼ!GoGo!! 1:31
24 大空の追撃 1:22
25 勇躍!プリキュア5! 1:33
26 この手をはなさない 1:44 岩切芳郎 佐藤直紀
27 かがやく日々 1:11 佐藤直紀
28 手と手つないでハートもリンク!!(TVsize) 1:32 岩切芳郎 籠島裕昌 青木久美子 宮本佳那子
29 見て見て見てね! 0:31 間瀬公司 佐藤直紀  
 「「ふたりはプリキュア」から5年目、「プリキュア5」の続編である「Yes!プリキュア5GoGo!」。
 今作と次作「フレッシュ」の間でスタッフの入れ替えなどがあるため、プリキュア史的にも重要な作品である。
 そして「ふたりは」以来音楽を担当し続けてきた佐藤直紀氏もこのシリーズが最後の担当となった。

 
 「Max Heart」以来の続編タイトルということで、基本的な要素は「5」無印の延長線上にある。
 特に戦闘音楽などは集大成とも言えるド派手なオーケストレーションが多い。
 「大空の追撃」「勇躍!プリキュア5!」などはテレビシリーズのキッズアニメ音楽としては破格のスケールだ。
 また、「5GoGo!」の大きな追加要素として、新たなる仲間・ミルキィローズことくるみやシロップの存在がある。
 シロップのテーマなどはちょっと前時代的なブラスバンドの動かし方で、異彩の放ち方がきちんとキャラクター・テーマとして機能していて面白い。

 
 反面、前シリーズの敵・ナイトメアの描き方としてゴシックホラー的なアプローチをしていたのに対し、エターナルの強大さの音楽アプローチが初代、SSと大差なくなっているのが少し残念。
 それと、基本的な曲が前シリーズで完成し切っているので、この一枚自体が40分と短め。
 しかしそういった弱点を加味してもおよそ女児向けアニメとは思えない力強さを放っているのだから侮れない。

 
 「5」の延長線な作品であり、是非一緒に揃えたいアルバム。
 個々のキャラクターテーマなどがないためバリエーションには不安があれど、それを前作サントラでカバーしながら一緒に聞けばより魅力も増大する。
 佐藤直紀氏の最後のプリキュアシリーズという意味でも入手が欠かせない一枚。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です