TVアニメ「ゆゆ式」オリジナルサウンドトラック 「Feeling good (nice) wind」

TVアニメ「ゆゆ式」オリジナルサウンドトラック 「Feeling good (nice) wind」

オススメ度 ★★★★★

発売:2013年7月17日 収録時間:59分 定価:2000円 レーベル:EXIT TUNES



2013年春期の何も起こらない系アニメ「ゆゆ式」。
音楽にはTVシリーズのアニメが初となるsakai asuka氏。
「エスコン3」や「クロノア」の経験を持つ作家である。
バンドにカントリー、オーケストラと一曲単位にかなりの気合いが入っている。


N0.曲名時間作曲編曲
1SE-NO!(OP Theme Arrange)2:06ふわりPsakai asuka
2Skipping1:13sakai asuka
3TekiPaki(Yui’s Theme)1:58
4Morning Waltz1:58
5Pastral Song1:18
6Good Grief!1:16
7Monopole1:08
8Slow Tempo(Oka-san Theme)0:56
9Give Me More Energy1:11
10Cheerful0:55
11Small Good Stories1:56
12Pizzicart(Cute Ver.)0:08
13Talking and Shouting1:57
14Screw up1:30
15High-Tension1:04
16Fresh2:07
17PoyoPoyo(Yuzuko’s Theme)1:39
18Thinking Time0:53
19Drinking Song1:04
20Play Tag0:56
21March0:52
22Marimba Dance0:49
23Wonderful Time1:47
24Dramatic1:56
25Emotion2:07
26Wurli(Elegant Ver.)0:09
27Old Blues Man2:29
28The Sorrowful Story2:18
29Got of Long-T0:28
30FuwaFuwa(Yukari’s Theme)1:44
31Nostalgic2:18
32Go Home1:56
33Carefree0:16
34Spring Flowers1:49
35Summer Vacation1:46
36In The Fall2:00
37Winter Bell2:01
38Puppy Love2:13
39Affection(ED Theme Arrange)2:17Another Infinitysakai asuka
 「コードブレイカー」に関わっていた面々がまんがタイムきらら漫画のアニメ化に挑戦。
 それが2013年春期に、世間の疲れた人々を癒し続けていた「ゆゆ式」である。
 音楽制作・レーベル元のエグジットチューンズの初アニメ関与でもある作品。

 音楽担当は元ナムコ所属のsakai asukaこと境亜寿香氏。
 「エースコンバット3」「風のクロノア2」「塊魂」と音楽に定評あるシリーズばかりの経験だ。
 そんな氏のTVアニメの音楽は今作が初となる。

 ブックレットのイラスト背景などからも分かるのだが、本作は何とカナダ・バンクーバー収録。
 日常アニメ音楽だからといって一切の妥協を許さないスタイルだ。
 作風もアコースティックにオーケストラ、カントリーにバンドサウンドと多種多様。
 境氏本人によるピアノが中心にあるのでそういった多様さでもブレることがない。
 全編通してゆったりとはしているが退屈ではない丁度いい疾走感があり、そこは流石ゲーム音楽畑出身だと感心するところである。

 日常音楽であるからして、会話劇の邪魔をしないように出来ている音楽のはずだが、その割には前述の通り騒がしさとまではいかないもののスピード感がある。
 それによる展開の豊かさがテンプレートではない意味合いでの学校日常風景や、付随する郷愁や切なさを想起させる不思議な魅力を放っている。
 このエモーショナルさは他の日常アニメサントラとはまた一線を画している。
 値段も2000円と非常にリーズナブルなので、是非聴いて確かめて欲しい。

 ブックレットは非常にスタイリッシュかつ「ゆゆ式」らしい。
 一曲単位のバンドメンバーと「Go Home」のミニ楽譜が掲載されている。
 ジャケットイラストはまじろ氏、デザインは濱祐斗氏(YUTO HAMA DESIGN)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。