ZEGAPAIN O.S.T.1

ZEGAPAIN O.S.T.1

オススメ度 ★★★★★

発売:2011年6月1日 収録時間:74分 定価:3150円 レーベル:ポニーキャニオン


発売:2006年6月28日 収録時間:53分 定価:3045円 レーベル:ビクターエンタテインメント



メディアミックスプロジェクト「プロジェクトゼーガ」の一環、アニメ「ゼーガペイン」。
CGロボアニメ黎明期に颯爽と現れたサイバーSFロボットアニメの傑作。
音楽もこの時点ではほぼ無名に等しかった大塚彩子氏。
SFリアルロボットアニメとしてほぼ完ぺきなサウンドトラックアルバムである。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1キミヘ ムカウ ヒカリ(TVsize)1:35新居昭乃保刈久明新居昭乃
2forget-me-not3:56大塚彩子
3ミルク珈琲1:41
4また夏が来る2:56
5胡蝶の夢1:27
6phenomenon1:07
7emergency1:49
8entangle1:46
9the war zone1:31
10アルティール1:49
11a rainbow in the shell1:15
12運河のある街1:11
13daisy days3:20
14a little MAIHAMA story1:09
15水の向う側1:28
16光求めて2:35
17幻の都1:36
18オケアノス2:01
19TIME OUT2:14
20MISSION2:19
21散りゆく者1:39
22アビス1:33
23toward the victory2:12
24le memoir5:02
25光は痛みを超えて2:37
26リトルグッバイ(TVsize)1:33noe、山下太郎保刈久明noe、山下太郎ROCKY CHACK
 メディアミックス企画「プロジェクトゼーガ」の一角、アニメ「ゼーガペイン」。
 「アクエリオン」などのCGロボ黎明期に突如として現れた傑作。
 「胡蝶の夢」をキーワードに練りに練られたサイバーSF世界観と、それをベースにきちんとロボットアニメを完遂し切った作品である。

 
 音楽はこの時点ではほぼ無名に等しかった大塚彩子氏が、PROJECT PRISMIXという、「弦楽器とリズムセクションの融合」「なんでもあり」をコンセプトとするバンドを率いて担当する。
 サイバネスティックな世界観とは裏腹に、オーケストラを中心にしてバラエティに富んだ作りで、2曲目でいきなりシズノのテーマとも言える3分超のオーケストラ「forget-me-not」が入り、あまりにも切ないストリングスと木管・ハープが聴き手を世界観に没入させてくれる。
 一枚目はなんだかんだ日常用BGMも多く、しかもかなり完成度の高いヒーリング音楽で、1枚の中での突然の方向転換でも我々を飽きさせないフットワークもある。  勿論ロボットアニメ音楽としてもハードで重いロックやテクノ、オケを用意してくれていて、ロボットアニメとしても正しいバラエティの豊富さを見せつけてくれるのである。
 その上で逐一エモーションを揺さぶってくる音使いをするのでたまったものじゃない。

 
 作中でも重要なワードであり、本作のメインテーマメロディとも呼べる「胡蝶の夢」。
 このメロディモチーフをアレンジした曲がいくつも散見される。
 ロボアニメ的なバラエティを作っていながらもこういった統一感が目立たない様に配置されていて、それが「ゼーガペイン」の音楽の色を作り上げていく。

 
 SFリアルロボットアニメ音楽としても、一枚のアルバムとしても良盤。
 大塚彩子ここにあり!と知らしめた一作である。
 最近少しずつプレミア化の様相を示し始めているので、本編視聴済みの方はすぐに手に入れよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。