ACE COMBAT 5 THE UNSUNG WAR Original Sound Tracks

ACE COMBAT 5 THE UNSUNG WAR Original Sound Tracks

オススメ度 ★★★★★

発売:2004年12月22日 収録時間:253分 定価:3990円 レーベル:キングレコード



圧倒の4枚組、253分!しかも4000円を切るという驚異的なプライス!!
未収録の存在を許さない、自信に満ち満ちたナムコのゲーム「ACE COMBAT 5」のサウンドトラック。
「4」で培ったものをストレートに格上げした。
「エースコンバットのサウンドトラック」といえば、「ZERO」よりもこちらの印象。


N0.Disc 1 曲名時間作・編曲
1Title0:22中西哲一
2Briefing 12:20小林啓樹
3Hangar 12:01中西哲一
4Shorebirds2:06
5Open War “Theme Of Open The War”1:53
6Wardog1:37
7Naval Blockade2:04
8First Flight (Arranged ACE COMBAT 04 “Blockade”)3:17
9Rendezvous2:56
10Ballistic Missile3:14
11White Bird (Part I)4:52小林啓樹
12Front Line5:34大久保博
13Scinfaxi3:34中西哲一
14Mother Goose 15:05大久保博
15Lit Fuse0:22中西哲一
16Blind Spot1:33
1784922:58大久保博
18Chain Reaction2:33中西哲一
19Reprisal2:42
20Powder Keg4:20小林啓樹
21Game Over2:05中西哲一
22Shop4:13
N0.Disc 2 曲名時間作・編曲
1Menu2:12中西哲一
2Four Horsemen4:08中鶴純一
3Demons Of Ragriz2:04中西哲一
4Hrimfaxi5:42
5Ice Cage2:40小林啓樹
6White Noise3:34
7Desert Arrow4:00中西哲一
8Desert Lightning4:18
9Free Flight2:43小林啓樹
10Supercircus4:31
11Into The Dusk3:22
12Fortress3:13中西哲一
13Mask3:36中鶴純一
14Final Option1:45小林啓樹
15Ancient Walls4:16中西哲一
16Failed Game Over0:18
17Result1:34
18Tutorial Main0:50
19Tutorial Menu1:05
20Tutorial Result1:44
N0.Disc 3 曲名時間作・編曲
1Briefing 22:23小林啓樹
2Hangar 22:19
3Solitaire3:14中西哲一
4Closure5:34
5Ghosts Of Razgriz4:03中鶴純一
6Whire Bird(Part Ⅱ)3:49大久保博
7Heartbreak One3:13
8Grabacr5:08中西哲一
9The Journey Home(On Radio)3:46小林啓樹Elizabeth Ladizinsky
10Wings Of Unity2:45
11Dead Ahead4:18
12Winter Storm3:59中鶴純一
13The Unsung War7:21小林啓樹
14The Journey Home4:33
15Razgriz3:33
N0.Disc 4 曲名時間作・編曲作詞
1Arcade Title0:21中西哲一
2Arcade Menu1:12
3Arcade Stage Select0:58
4Arcade Briefing1:12
5Arcade Ripping Air2:22大久保博
6Arcade Knock You Down3:31
7Arcade Elemental Paticle 22:57
8Arcade Broken Skies3:39
9Arcade Catch The Lightning3:55
10Arcade Riding High2:40
11Arcade Do or Die3:24
12Arcade Consequence0:47
13Arcade Game Over0:16中西哲一
14Arcade Clear0:07小林啓樹
15Arcade Victory Road1:20
16Blue Skies(remix)4:54大久保博Stephanie Cooke
17Razgriz “ACE COMBAT 5 Main Theme”1:42小林啓樹
18Open The War1:23
19Sand Island1:00
20The Following Morning1:20
2115 Years Ago2:06
22A Blue Dove For The Princess “Nagase’s Theme”0:46
23OSEA1:58中鶴純一
24Blind Corridor3:22小林啓樹
25Fugitive Hope2:10
26New Emblem1:01
27President Harling1:04
28SOLG0:40中西哲一
29Battleships Uprising2:11小林啓樹
30Final Launch2:09
31Hope For Freedom1:34
32Unsung Heroes0:39
33Peace (Epilogue)2:01
34The Journey Home “ACE COMBAT 5 Ending Theme”4:20小林啓樹Joe RomersaMary Elizabeth McGlynn
35BLURRY5:04Doug Ardito, Paul Phillips, Wesley ScantlinPuddle of Mudd
 最後のPS2「ACE COMBAT」である今作は、それに相応しい圧倒的なボリューム。
 1枚目から、「Unsung War」に  繋がるモチーフが散りばめられ、そのカタルシスを高めようとしてくる。
 今回も中西哲一氏や大久保博氏などが作曲しているが、何よりも美味しいところを持っていくのは小林啓樹氏曲である。
 混声合唱や電子管弦を用いたスケールの広がりは、「4」から順当な進化を遂げていることの証明である。

 前作通りのムードで始まる1枚目で、リスナーを目覚めさせるのは「First Flight」。
 PS2音源による電子擬似オーケストラのお手本のような出来で、メロディもキャッチーだ。
 ここからどっぷりと世界観にはまり込むことができる。
 「Lit Fuse」「Reprisal」なども人気が高く、1枚目はかなり聴きやすいスタイルで構成されている。

 2枚目は「4」に似て、スルメ感溢れるギターがそこかしこに。「Hrimfaxi」などがそれを象徴している。
 3枚目は、正しくこのアルバムのハイライトである。
 全体的にクライマックス感が漂っており、4枚中でも特にいいものがそろっている。
 「4」の混声合唱で唸りをあげた小林啓樹氏の「Unsung War」は、プレイ済の方ならば説明不要の、ゲームサブタイトルの名を冠した名曲。
 7分があっという間で、とても管弦部分が擬似オーケストラとは感じさせない合唱の厚み。燃えないわけがない。
 ちなみに、まっとうなプレイヤーならこの曲をラストステージでマトモに聞き終わることはないだろう。
 FF6の「妖星乱舞」と同じである。サントラで聞きましょう。

 3枚目ラスト2曲「The Journey Home」「Razgriz」は、なんとまさかのポーランド国立ワルシャワ・フィルハーモニック・オーケストラの演奏。
 そんなことしちゃうなら「Unsung War」もそっちでやって良かったのでは……

 4枚目は前半にアーケード版の曲を置きお茶を濁す。
 それっぽい硬いテクノで、テキトーに4枚目を聴き始めると路線の違いにちょっと驚く。
 それも含め「4」ED曲「Blue Skies」のリミックス版もあり、ボーナストラック的な印象が強い。
 しかし穏やかなED曲「The Journey Home」のボーカル入り、またこれぞ洋楽!といった具合のストレートな主題歌「BLURRY」が収録されており、決して捨てディスクではない。

 「ACE COMBAT」のサウンドの集大成と言っても過言ではなく、プライスに対してのボリュームもさながら記憶に残る決め曲など、バランスのとれた良盤である。
 これもまた単純にアルバムとして未プレイの人の勧められるかは人によるが、「4」よりも格段にレベルアップしており、決して不可能ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。