劇場版 ああっ女神さまっ ORIGINAL SOUNDTRACK

劇場版 ああっ女神さまっ ORIGINAL SOUNDTRACK

オススメ度 ★★★☆☆

発売:2000年11月1日 収録時間:66分 定価:3150円 レーベル:ポニーキャニオン



1988年より開始し、26年間連載を続けた大ヒット漫画「ああっ女神さまっ」。
幾度も映像化されているが、当記事では2000年公開の劇場版のサントラを扱う。
音楽担当は後のテレビシリーズも担当する浜口史郎氏。
オーケストラ演奏はなんとワルシャワ・フィル。


No曲名時間作曲編曲作詞
1luna aeterna~眠りを醒ます者2:42浜口史郎
2dea cantat 女神は歌う1:10
3春、かわらずに2:27
4magister~懐かしき師3:48
5心の泉1:23
6恋のレッスン34:17植松伸夫多田彰文貴三優大大谷育江
7期待しないで…1:34浜口史郎
8絆、求めて3:08
9きっと二人なら1:46
10心、信じて0:58
11invidia~心ゆれて1:11
12追想~nostalgia~4:15貴三優大井上喜久子
13crystallus malus~暗い輝き0:57
14Celestin-seditionis auctor2:30
15想い、閉じ込めて1:52
16ventus~暴れる女神2:34
17幸せ、願って3:01
18Morgan-amor tristis3:41
19いのちの囁き1:12
20propositum~神に抗う3:18
21Thor~破壊の神2:08
22激滅轟雷2:09
23二人の証1:23
24coro di dea 女神達の歌声2:01合田浩章、山下太郎井上喜久子、冬馬由美、久川綾
25新世界 序曲3:07
26Try To Wish ~キミに必要なもの~4:50植松伸夫井上日徳高柳恋西端さおり
27cantilena angeli 天使の歌3:03浜口史郎
 1988年よりアフタヌーンで連載を開始した藤島康介氏原作の大長寿ラブストーリー漫画「ああっ女神さまっ」。
 26年間連載を続け、2014年に大団円を迎えた。
 幾度もアニメ化された本作であるが、2000年に一度劇場版が制作されている。
 この時期のアニメ映画にしばしば見られた、妙に資本が感じられるハイクオリティな作品であり、音楽面でもその傾向がみられた。

 音楽は、以降のテレビシリーズでも劇判を担当する浜口史郎氏によるもの。   
 そして、演奏は豪勢なアニメでよく名前を見るワルシャワ・フィルハーモニックオーケストラである。
 更に、挿入歌のうち2曲はなんと「FF」の植松伸夫氏が作曲していたりする。
 ……と、ここまで煽るとかなりの超大作に感じられるが、蓋を開くと意外にも地味なサントラだったりする。
 実際、楽曲の品質は高い……のだが、ワルシャワ・フィルによる大規模オケは圧巻ではあるのだが、それを大々的に使うスケールの大きな曲というものが、作劇の都合上存在していない。
 浜口氏は決してメロディに乏しいクリエイターではないが、劇場版「ああっ女神さまっ」という作品は、ネガティヴなスペクタクルと内面的な解決の多い作品であり、派手なオケを鳴らすタイミングが少ないのである。
 「激滅轟雷」などが数少ない激しいオケであるが、多くは展開よりも空間や心情を優先する音楽になっている。
 かといって心情描写音楽として突き詰めようにも、キャラクターものであることと作品の特性により、その部分はベルダンディー役の井上喜久子氏によるコーラスに任せられている部分が大きい。

 また、植松伸夫氏による楽曲についても、想像以上に「ありがちな」アニメソングに仕上がっており、ネームバリューからくる意外性などはない。
 「植松作曲のアニソンってこんな感じなんだ……」という要素を味わえ
るのは貴重であるが、中々にオタク性の高い楽しみ方になってしまう。

 かかっている資金量や楽曲の品質の割に、どうしてもファン向けのアルバムであることが否めない一枚。
 しかし、ファンにとってのサントラとしてはかなりの一級品。当記事の評価としても、★4つにするかかなり迷いどころになる作品である。
 北欧的な音楽こそないが、「女神さまっ」サントラの中でも随一の一枚であると言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。