TVアニメ『アイカツ! 』 オリジナルサウンドトラック アイカツ!の音楽!! 01

TVアニメ『アイカツ! 』 オリジナルサウンドトラック アイカツ!の音楽!! 01

TVアニメ『アイカツ! 』 オリジナルサウンドトラック アイカツ!の音楽!! 01

TVアニメ『アイカツ! 』 オリジナルサウンドトラック アイカツ!の音楽!! 01

オススメ度 ★★★★☆

発売:2013年9月25日 収録時間:69分 定価:3000円 レーベル:ランティス



全国の女児とおじさんに旋風を巻き起こしたアニメ「アイカツ!」。
アイドルソングとダンスがメインの本作だがBGMも忘れちゃいけない。
音楽の担当はMONACA。田中秀和氏と岡部啓一氏が比較的多めだ。
MONACA音楽と言えばとにかくキャッチ―。聴き易いキッズアニメ音楽。


No.曲名時間作曲編曲作詞
1Signalize!(TV-size)1:37NARASAKISADESPER RECORD畑亜貴わか、ふうり、すなお、
りすこ from STAR☆ANIS
2今回のおはなし!0:08田中秀和
3毎日がアイドル活動2:30
4ちょっと一休み1:48
5応援してくれるみんな2:33
6あの日の思い出1:56岡部啓一
7おしゃもじをマイクに変えて1:59田中秀和
8ダイヤモンドハッピー(TV-size)1:32石濱翔畑亜貴わか、ふうり、すなお
from STAR☆ANIS
9ここはスターライト学園1:57帆足圭吾
10いつだって三人一緒2:11石濱翔
11トップアイドルのオーラ2:12帆足圭吾
12らぶゆ~♪なのです~2:03田中秀和
13特訓…?1:44石濱翔
14まだまだ特訓!1:42
15真のアイドルになるには…1:36岡部啓一
16親友でライバル、ライバルで親友2:01
17伝説のアイドル・マスカレード1:53
18アイキャッチA0:08石濱翔
19みんな大好きポップンポップコーン0:14岡部啓一
20アイキャッチB0:08
21プレイバック1:32田中秀和
22星宮家の日常2:19
23事件のにおい1:41石濱翔
24血を吸うわよ?1:50高田龍一
25北大路劇場 開幕2:25
26Hello☆スーパーアイドル1:37石濱翔
27アイドル博士2:40田中秀和
28厳しい現実1:54岡部啓一
29おだやかじゃないわね1:56石濱翔
30真剣勝負1:59
31いざ、オーディション!2:50田中秀和
31芸能人はカードが命1:22帆足圭吾
33ヒラリ/ヒトリ/キラリ(TV-size)1:34只野菜摘わか、ふうり、すなお
from STAR☆ANIS
34スタンディングオベーション2:18
35ひろがる景色1:47
36本当のアイドル1:56石濱翔
37カレンダーガール(TV-size)1:33田中秀和畑亜貴わか、ふうり、すなお、
れみ、もえ、えり、ゆな、
りすこ from STAR☆ANIS
38また見てね!0:21帆足圭吾
39さまさまばけーしょん!(TV-size)1:39高橋邦幸ミズシマ教授ねむ
40アリスブルーのキス(TV-size)1:35坂本尭之Rey原田謙太Rey
 2010年代アイドルアニメブームに続くように現れた「アイカツ!」。
 アーケードの展開は「ラブandベリー」「アケマス」の流れを組み、「プリリズ」の後を追う形で、真摯なアイドルへの向き合い方などで見事大ブームを巻き起こす。
 女児は当然のこと大人をも捉え「アイカツおじさん」とまで呼ばれる始末になった。
 
 歌って踊るアイドルものということで、基本的に作品音楽のメイン音楽はボーカル曲。
 しかしBGMが手抜きかと言われれば全くそんなことはない。
 むしろ「ライブシーンのインパクトを損なわず、かつ平凡になりきらない」ための、丁度いい「背景音楽」が明らかに意図的に完成している。
 「アケマス」のBGMの系譜が強い。

 ボーカルもBGMも作曲を担当するのはMONACA。まさにうってつけの集団だ。
 「ニャル子」でその地位を確実にした田中秀和氏と「放浪息子の」岡部啓一氏を中心に、キャッチ―で耳になじみ聴き易く、自己主張しすぎないBGMが展開。
 日常音楽における耳残りする曲は田中氏によるものが多い。「毎日がアイドル活動」などが該当する。
 対して比較的岡部氏はセンチな曲やピアノが心地良い曲が目立つ。
 かといって全体的に作家ごとの特徴が展開されきってる訳ではないので丁度いい統一感だ。
 ちなみに恐らく皆が求める「あの変身曲」は帆足圭吾氏による「芸人はカードが命」。
 あざといほどのバンク音楽なので耳残りしないわけがない。
 
反面、アルバムとしての満足感は多少損なわれざるを得ない。
 キッズアニメの典型的劇判に徹してしまっているので、「ファン向けサントラ」の域を出るのは難しい。
 そういった点では「プリリズ」のサントラのドラマチックさには負けてしまう。
 MONACA作品は全体的にそういった傾向があるが、それでもこの圧倒的なキャッチ―さと、短い曲が連なる中での質の安定感は流石なので、アイカツおじさんや幼女先輩のご家族は買ってあげないとおだやかじゃなーい!。
 ジャケットイラストはやぐちひろこ氏、渡部里美氏。デザインは内古閑智之氏(CHProduction)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。