ARIA The ORIGINATIONピアノ・コレクションⅡ 「ディパルテンツァ-旅立ち-」

ARIA The ORIGINATION ピアノ・コレクションⅡ「ディパルテンツァ-旅立ち-」

ARIA The ORIGINATION ピアノ・コレクションⅡ「ディパルテンツァ-旅立ち-」

ARIA The ORIGINATIONピアノ・コレクションⅡ 「ディパルテンツァ-旅立ち-」

オススメ度 ★★★★☆

発売:2008年3月26日 収録時間:36分 定価:2100円 レーベル:JVCエンタテインメント

 



アニメ「ARIA」の第3期の未収録ピアノ曲で構成されたアルバム。演奏は妹尾武、及び窪田ミナ。。

前作「スタジオーネ」と違ってドラマパートはなく、純粋な未収録ピアノコレクションの構成。

いかんせん短いミニアルバムなので、前作のような妙のある構成をオミットすると味気ない。不評だったのだろうか?少々勿体ない気がする。

とはいえ聴きやすさは満点。このボリュームでも迷わないと言うならば問題ない。


 

No. 曲名 時間 作曲 編曲
1 四季~そして僕は海に還る~ 2:43 妹尾武
2 スピラーレ 2:46 窪田ミナ
3 いつか来た道 2:57 妹尾武
4 永遠の海~A Song for Zephyr~ 3:18
5 Waltz for ARIA 2:13
6 七色の空を 2:21 SONOROUS
7 未来への航跡 3:47  妹尾武
8 アマレットの夏 2:01
9 金の波 千の波 2:49 新居昭乃 窪田ミナ
10 望楼 2:55 秋岡欧 妹尾武
11 天気雨 3:27 妹尾武
12 明日、夕暮れまで 4:55 北川勝利
 「ARIA」のピアノコレクションアルバム第二弾。語りの要素は完全オミット。そういった不満が出たのだろうか。
 個人的にはそのオミットは快く思っていなく、ただでさえ36分と短いにも関わらず仕掛けが無くなってしまうと、物足りなさを感じてしまう。
 仕掛けがなくなったことでアルバムとしての方向性が少し曖昧になってしまった部分は否めない。

 
 しかし前作同様ピアノの聴きやすさは一級品。今回は作曲部分もどういうわけか妹尾氏が大多数。
 実はショーロクラブの作曲は秋岡氏の一曲のみ。もしかしたら笹子氏はこの頃コーコーヤの方が忙しかったり?
 妹尾氏のアレンジは比較的大胆なので、既にサウンドトラックを持っている方でも問題なく聞ける。

 
 一枚を無知の人に薦めるのは難しいが、ARIA好きには迷わず突き出せる。その点、「due」と似ているアルバム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です