ARMORED CORE 4 ORIGINAL SOUNDTRACK

ARMORED CORE 4 ORIGINAL SOUNDTRACK

オススメ度 ★★★★★

発売:2006年12月20日 収録時間:55分 定価:2310円 レーベル:アニプレックス



フロムソフトウェアのロボット・アクションゲーム「アーマード・コア」シリーズ第11作。
PS3時代に入って初めての「アーマード・コア」である。
本作は「スピード」が全ての根幹となっており、
星野康太氏の独壇場でハイスピードバトルミュージックを展開する。


N0.曲名時間作曲編曲
1Overture2:35星野康太南亜矢子
2Prayer1:20星野康太
3Chapter12:36
4Panther2:47
5Sound You Smash1:48
6Twist It2:55
7The Rock Drill2:58
8Chapter23:18
9Megalopolis2:52
10Second Development2:23
11Sand Blues2:51
12Blind Alley4:14
13Grid Room2:43
14Pump Me Up3:17
15Chapter32:54
16Agitator3:30
17Speed2:39
18Change Gears2:33
19Rain3:52
20Chapter42:23
21With Heat2:51
22Fall4:14
23Pray for the Power2:43
24Mr.Adam3:17
25Thinker2:54
 フロムソフトウェアの「アーマード・コア」シリーズ第11作。
 PS3という次世代機を迎え、新たなる一歩を踏み出そうと試みられたのが本作「4」である。
 「圧倒的スピード」をテーマに据えた、今までとは全く違う操作系統のゲームを生み出した。

 本作は星野康太氏のほぼ独壇場で、新世代に生まれ変わるべく、「テクノ一辺倒」からロックサウンドへの移行が始まった。
 と言っても、恐らく「限りなく生音に近い高品質なサンプリング」を用いた、いわゆるバカテクノとしての側面が強い。
 目指す方向性としてはロック、それもハリウッド映画音楽的なロックサウンド・メロディが展開される。
 「Oveture」などは映画予告サウンドトラックにでも入っていそうなほどテンプレだ。
 全体としてはドライブナンバーの要素が強くなっていて、アルバム一枚としてかなりキャッチ―な高品質さを保っている。

 根強い人気を持つのが、シリーズ初のボーカル入りED曲「Thinker」。
 「ネクサス」OPと同じように恐らく星野氏の声を弄った音源ではあるだろうが、本作のロックサウンドがそのクオリティをまた一つ上昇させ、歌詞からも読み取れるように非常にドラマチックな曲を生み出している。

 新たなる時代を迎えた「アーマード・コア」音楽の良盤。
 これまでのACじゃないと受け入れられないという人には薦め辛いが、シリーズの中でもトップクラスにCDだけで薦めやすい一枚に仕上がっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。