ARMORED CORE LAST RAVEN SOUNDTRACK

ARMORED CORE LAST RAVEN SOUNDTRACK

オススメ度 ★★★★★

発売:2005年7月27日 収録時間:71分 定価:2310円 レーベル:アニプレックス



フロムソフトウェアのロボット・アクションゲーム「アーマード・コア」シリーズ第10作。
文字通りPS2最後のアーマード・コア。それが「ラストレイヴン」である。
メインの音楽担当は一木祐樹氏と南亜矢子氏で、いつもと違う布陣。
より硬派で玄人向けのエレクトロニカが展開されている。


N0.曲名時間作・編曲
1Fact1:09一木祐樹
25 point Five3:46
3Midwalk’s Complexity2:15南亜矢子
4C.K.Modify1:54
5Vague Smoke2:21
6Telecast2:29
7Works,Clocks,Signals3:45一木祐樹
8Jean1:36南亜矢子
9Blockhead Elegy3:50一木祐樹
10The Game1:33
11Visions2:48
12Pause Mind2:39
13Pride of Lions3:29南亜矢子
14Contact3:30
15Great Regularity1:47
16Old Peal3:30衛藤英幸
17Inside,Outside2:49一木祐樹
18Mister1:56南亜矢子
19Fallin’ Device3:11
20Pill Words2:12
21Squeaked Hours3:10
22I’ll Talk You3:36一木祐樹
23Closer2:02
24Hype.Charles3:36
25Six2:19南亜矢子
26Macro3:37一木祐樹
 フロムソフトウェアの「アーマード・コア」シリーズ記念すべき第10作。
 PS2最後のアーマード・コア「ラストレイヴン」のサウンドトラック。
 お馴染みとなった星野康太氏は参加しておらず、一木祐樹氏、南亜矢子氏、衛藤英幸氏が参加。

 ACの音楽と言えばテクノだが、本作は中でもエレクトロニカの色が強い。
 より低音、ベース音などがフィーチャーされ、硬質で乾いた音楽を展開する。
 「3」シリーズなどはゲーム音楽的な方向性が強くあったが、本作は一枚のエレクトロニカ・コンピレーションアルバムの様相を示しており、星野康太氏とも違う、一木氏の世界観が前面に押し出されている。
 結果、ゲーム中では目立ちにくい玄人向けの仕様となってしまったものの、サントラとして一枚聴いてみると実に完成度が高く、
 好みとしてこそ分かれてしまうだろうが、一枚アルバムを作ろうと意志の籠った作品。
 そうした点が個人的には好ましく、評価したくさせてくれる。

 ゲーム内容と同じく玄人感溢れるサントラだが、是非お勧めしたい一枚。
 アニプレックス発売でプレミア化もせず、値段もお手頃である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。