ARMORED CORE ORIGINAL BEST TRACK

ARMORED CORE ORIGINAL BEST TRACK

オススメ度 ★★★★★

発売:1999年11月26日 収録時間:55分 定価:2800円 レーベル:アブソードミュージックジャパン



フロムソフトウェアが贈るロボット・アクションゲーム「アーマード・コア」シリーズ。
本作はその第一作から第三作、PSでの初期シリーズのベストサントラである。
アーマード・コアのテクノの歴史はここから始まったと言っても過言ではなく、
この音楽がなければアーマード・コアはなかった。


N0.曲名時間作・編曲
1Apex in the Circle5:37星野康太
2Grip5:18FROMSOFTWARE
3Shape Memory Alloys1:33瀬川圭一郎
4Complete Physical2:08FROM SOFTWARE
5Synoptic Dope1:44齋藤司
6Boil Down Aphic1:53瀬川圭一郎
7Hoggishness0:58FROM SOFTWARE
8Dooryard4:39
9Ambiguity2:00齋藤司
10Trans-Am5:52瀬川圭一郎
11Junk Mail(KH mix)2:43FROM SOFTWARE
12Smash And Grab3:25齋藤司
13Servizio3:28瀬川圭一郎
14Routrove6:12齋藤司
15Insurance Money1:30FROM SOFTWARE
16X_axis3:12星野康太
1793:28瀬川圭一郎
18Circulation3:42FROM SOFTWARE
19Apex in the Circle_mix2:29星野康太
20Trans-AM(KH Mix)2:55瀬川圭一郎
 今や「デモンズソウル」「ダークソウル」など、凝り過ぎゲーム会社の代表であるフロムソフトウェア。
 更にその代表作である「アーマード・コア」シリーズは1997年にその第一作が発売された。
 「プロジェクトファンタズマ」「マスターオブアリーナ」とPSで3作のシリーズが発表されており、本作はその3作分の音楽をまとめたベスト盤サウンドトラックとなっている。

 「アーマード・コア」音楽と言えばテクノ。その歴史は勿論初代から始まっている。
 場面展開に合わせた音楽展開が不可能で、ストリーミングによる繰り返しに耐えるには、メロディ展開を起こさないテクノ音楽しかない、ということだったらしい。
 その無機質なテイストとロボット・アクションが妙にマッチした。
 特にプレイ済みの人間からしたらメニュー画面音楽である「Shape Memory Alloys」などは、一生耳から離れない程に繰り返され焼き付いてしまっているだろう。
 今となってはテクノとしてはオーソドックスなものが多いが、直球ながら質は決して低くなく、「AC」の歴史的にも、一枚のアルバムとしても完成されたものとなった。
 結果、以降のシリーズではゲーム発売前にサントラを発売するなど、音楽面に集中した措置がなされる。

 しかし残念なことに、本作は4~5ケタレベルのプレミア価格がついてしまっている。
 ただでさえ未収録分の曲が多いだけに、余計に残念。
 しかも、一部はアレンジされた以降の作品で作曲者が分かるものの大半の曲の作曲者が分かっていない。
 一応、シリーズの音楽顔となる星野康太氏と、瀬川圭一郎氏、齋藤司氏の三人による作曲とは分かっている。

 手に入れるのは困難だが、「AC」テクノのファンや星野康太氏の虜になった人には是非聴いてほしい一枚。
 なんとかレアものの頻出するショップなどで手に入れてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。