ASTORO BOY 鉄腕アトム ORIGINAL SOUNDTRACK PART 2 MUSIC FROM METRO CITY

ASTORO BOY 鉄腕アトム ORIGINAL SOUNDTRACK PART 2 MUSIC FROM METRO CITY

オススメ度 ★★★☆☆

発売:2004年1月28日 収録時間:61分 定価:2520円 レーベル:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

 



2003年リメイク版「鉄腕アトム」のサウンドトラックVol.2。

今回のアルバムはフルオケではなくバンドミュージックや打ち込みも増えている。

演奏は引き続き日本フィルと、少数編成楽団といぼっくす。満を持して”あの”メロディも登場。

全体的に曲単位の時間も短く、アウト・トラックスな印象が否めない。


 

No. 曲名 時間 作曲 編曲 作詞
1 鉄腕アトム-空を越えて- 0:45 高井達夫
吉松隆、磯田健一郎  
2 アストロボーイ(ノーカット版) 3:02 吉松隆
3 アトム・サーカス 1:55
4 アストロボーイの日常1 1:44 吉松隆
といぼっくす
5 アストロボーイの日常2 1:47
6 科学省長官:お茶の水博士 0:53 長生淳、といぼっくす
7 ウランのワルツ 2:28 吉松隆、といぼっくす
8 スキップらんらん 0:31 吉松隆
9 アトム・楽しく 1:00
10 ほのぼの 1:13 吉松隆  吉松隆、長生淳 
11 アトム・戦闘 1:09 吉松隆、磯田健一郎
12 宇宙艇発進 1:20
13 危機 1:06 吉松隆
14 悪党 1:13
15 タンゴ 1:19 吉松隆
といぼっくす
16 ムンク 1:00 吉松隆
17 ポップバーガー 0:21
18 優しさ 1:04 吉松隆
吉松隆、磯田健一郎、木ノ脇道元
19 歌姫のアリア 2:02 吉松隆 小中和哉
20 パーティーワルツ 1:19 吉松隆 吉松隆、磯田健一郎  
21 天馬博士 2:22 吉松隆
22 青騎士Ⅰ 1:04
23 青騎士Ⅱ 1:13 吉松隆 小林秀聡、磯田健一郎
24 シャドウⅠ 1:16 吉松隆
25 シャドウⅡ 1:27
26 アース隊ExtraⅠ 1:31 吉松隆 小林秀聡、磯田健一郎
27 アース隊ExtraⅡ 1:45
28 ハードボイルドⅠ 1:17 吉松隆
29 ハードボイルドⅡ 1:02
30 伝説 1:17
31 妖艶 1:09
32 探索 1:04
33 不安 1:05
34 根性 1:02
35 悲壮 1:34 吉松隆 吉松隆、磯田健一郎
36 バトルフィールド 1:24 吉松隆
37 戦闘Ⅳ 1:00
38 戦闘Ⅴ 1:03
39 戦闘Ⅲ 0:56
40 悲しみ 1:05
41 子供たちの合奏 1:04
42 戦闘Ⅵ 勝利のアトム 1:00 吉松隆 吉松隆、磯田健一郎
43 鉄腕アトム Reprise-空を越えて- 0:58 高井達夫 吉松隆
44 Boy’s Heart インストゥルメンタル・バージョン 1:26 藤井フミヤ
45 True Blue インストゥルメンタル・バージョン 4:09 町田紀彦
 2003年にリメイクされ一年間放送された「ASTRO BOY 鉄腕アトム」のサウンドトラック二枚目。
 後に「平清盛」の音楽を担当する吉松隆氏による数少ないアニメ劇伴であるが、今回はフルオーケストラとまではいかない。前回集められたフルオケ楽曲集に対し、今作はバンド音楽の側面やシンセサイザーの音色も見せてくる。

 
 冒頭から皆さんお待ちかねの旧・アトムのテーマのメロディが流れるが、こちらは45秒程度しかなく、すぐに今作のメインテーマ「アストロボーイ」に移ってしまう。
 前作の「アストロボーイ」のフルバージョンであり、間奏に旧アトムメロディを使うファンサービスが設けてある。
 基本的には前作にも収録されていた曲の別アレンジバージョンが多く収録されている。

 

 「アトム・戦闘」なども「アストロボーイ」の変奏なのだが、ガツガツのバンドミュージックでロック調も交えたアレンジとなっており、一種新鮮ではあるものの、既視感というか「またか」感はある。
 天馬博士、青騎士、シャドウ、アース隊など、キャラクター・テーマも多く、一曲の作品として楽しもうとすると変な肩すかしを喰らうかも。
 その他も「不安」「根性」など、典型的な悪い素材的劇伴の香りが漂う。1枚目での良い所が全体的に削れてしまった印象。

 

 アウト・トラックスな素材集っぽさが否めず、あまりグッと来ない雰囲気がある。
 音色自体は流石に聴き心地が良いのだが、一枚目ほどアルバムとしての完成度を楽しめない。
 「歌姫のアリア」は監督・小中和哉氏による作詞。ブックレットに歌詞を載せているが、手塚治虫キャラクターの名前を羅列しているという茶目っ気。ブックレットは小中和哉氏によるコメントと、一曲単位での小中氏の楽曲解説。
 ジャケットデザインはZANKY/JAM-O/田中有希子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です