TVアニメ『ウィッチクラフトワークス』サウンドトラック

TVアニメ『ウィッチクラフトワークス』サウンドトラック

オススメ度 ★★★★★

発売:2014年5月21日 収録時間:133分 定価:3564円 レーベル:ランティス



水島努式のはっちゃけEDが話題を呼んだ「ウィッチクラフトワークス」。
以降の活躍が目覚ましいTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDが劇判を担当する。
「クラフトワーク」だからテクノユニットを呼んだ!という訳でもなく、
むしろYMOを意識したハイレベルなバラエティに溢れるアルバム。


No.Disc 1 曲名時間作曲編曲
1ウィッチクラフトワークスメインテーマ2:39石川智久
2姫様1:36松井洋平松井洋平、石川智久
3憂鬱に、そしてやさしく1:50石川智久
4晴れ時々校舎1:43
5紙の白ウサギ騎士団1:47
6混沌の迷宮1:37松井洋平
7強襲1:45よしうらけんじよしうらけんじ、石川智久
8カフェ・ル・グラン・グリモワール1:48石川智久
9沈黙の坂1:42松井洋平、石川智久石川智久
10ドラゴントゥース1:38フジムラトヲル
11ファイアスターター2:08松井洋平松井洋平、石川智久
12漫ろな悩める心1:42石川智久
13クロノワールシュヴァルツ・シックス2:07松井洋平松井洋平、石川智久
14終末を看取る者1:43フジムラトヲル松井洋平、石川智久
15浮遊2:16 フジムラトヲル、石川智久
16穏やかに2:56石川智久
17巨大なモノたち2:16 よしうらけんじ、石川智久
18混乱1:44フジムラトヲル
19追憶2:08
20メデューサ1:14松井洋平、石川智久
21永却の不協1:40フジムラトヲル、松井洋平、石川智久
22ヌースの海域1:46フジムラトヲル
23自由への業火1:38松井洋平、石川智久松井洋平
24憂鬱2:22石川智久
25愛の逃避行1:41フジムラトヲル、石川智久
26風の想い出3:22石川智久
27「…見つけた。」2:01松井洋平、石川智久石川智久
28彷徨う記憶1:42フジムラトヲルフジムラトヲル、松井洋平、石川智久
29終わりの魔女1:59
30原始の蝶1:47フジムラトヲル、石川智久
31決然1:44石川智久
32エヴァーミリオン1:37
33ノブレス・オブリージュ3:16
34ヴァルプルギスの夜4:14
35愛と死の契約2:14
No.Disc 2 曲名時間作曲編曲作詞
1予告0:19石川智久
2奇妙な現実1:40
3今、そこにある日々1:30松井洋平
4明日から本気出す1:15
5無邪気なバイオレンス1:20
6最強の証明1:37よしうらけんじ、
フジムラトヲル、
松井洋平
よしうらけんじ、
松井洋平、
石川智久
7集え! KMM団1:34川野勝広、松井洋平
8君への贈り物1:42フジムラトヲル
9変わらない日々1:42
10若葉のころ1:37フジムラトヲル、石川智久
11妹は『正義』1:43松井洋平松井洋平、石川智久
12策謀の交差1:34
13憂鬱2:22石川智久
14魔女の夜1:46
15テクニカルチャ―4:41松井洋平、石川智久TECHNOBOYS
PULCRAFT
GREEN-FUND
16シンプリシティ4:13
17終末を看取る者4:28フジムラトヲル
18彷徨う雪5:05
19視聴活動3:51TECHNOBOYS
PULCRAFT
GREEN-FUND
20土曜の夜は魔女の生きがい
フィーチャリング 松岡英明
3:55松岡英明、
TECHNOBOYS
PULCRAFT
GREEN-FUND
松岡英明
21ウィッチ☆アクティビティ[THE MIX]4:29kensuke ushio
22ウィッチ☆アクティビティ
[k]momimi NON STOP remix
5:28TECHNOBOYS
PULCRAFT
GREEN-FUND
23divine intervention(TV SIZE)1:32佐藤純一fhána林英樹fhána
24ウィッチ☆アクティビティ(TV SIZE)1:31TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDKMM団
 水薙竜氏がgood!アフタヌーンで連載する「ウィッチクラフトワークス」のアニメ化。
 超売れっ子監督の水島努氏が携わり、コメディとややこしい設定を見事に処理した。
 そしてED「ウィッチ☆アクティビティ」のテンションとその強烈な映像が話題になる。
 しかもそのシングルジャケットは「クラフトワーク」のパロディであった……。
 
 劇伴担当はEDの作詞作曲も担当したテクノユニット・TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND。
 アニメ劇伴を今までも担当した石川智久氏や、フジムラトヲル氏、松井洋平氏を中心としており、ユニットでアニメ劇判をまるまる担当するのはこれが始めてである。
 
 EDジャケットネタのように「クラフトワーク」というキーワードやユニットの特性からして、全曲まるまるテクノトランスでまとめてくるかと思っていたがまるでそんなことはなく、むしろ「魔女」「魔法」のキーワードを中心にバラエティに飛んだジャンルを集めている。
 生音ではないとはいえかなりこだわってチューンされたオーケストラサウンド、ポップス、エレクトロニカと意図的に劇伴っぽさを醸し出そうと計画されており、しかしそれが捨て曲にもならないようにテクノユニットとしての色で染めたむしろとっつきづらいくらいのマニアックさに仕上がっている。
 まさしくサンプリングシンセによる「魔法の創造」といったところだろうか、バラエティサントラでありながらシンセの魅力という一本の芯がそこにある。
 本編のテンポがいいので聞き取りづらいだろうが、その他のアニメではあまり聞けない雰囲気なので、本作を気に入ってる人は是非一度サントラをどっぷり聞いてみることをオススメする。
 松井氏がギャグ・フジムラ氏がエレクトロニカ、石川氏がシリアスと分かりやすい分担ができていることや、以外にもメインテーマメロディがアルバムに散りばめられており、マニアックさを緩和しているバランス感覚も良い。
 結果、肝心のテクノ・エレクトロニカはクラフトワークというよりも完全にYMOオマージュと化しているのは面白いところ。
 とはいえ「終末を看取る者」のようなクラフトワークオマージュもかなり完成度が高いので必聴。
 「ウィッチ☆アクティビティ」をおっさん三人で歌えるように、とした「視聴活動」や、EDシングルB面(挿入歌)の「Saturday Night Witches」の男性版「土曜の夜は魔女の生きがい」も名アレンジだ。
 
 特典に頼らない133分の大ボリューム、サンプリングシンセの魔法、マニアックとキャッチーの新解釈といった感覚。
 革新的とまで言う気はないが、生音やスタイリッシュさに頼らずにコメディ作品の音楽を突き詰める方法論である。「踊らないテクノ」の可能性を十二分に堪能していただきたい。
 ブックレットにはメインメンバーの3人のコメントや、シンセ解説などが掲載。ジャケットイラストは冷水由紀絵氏。デザインは草野剛氏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。