ASURA’S WRATH ORIGINAL SOUNDTRACK

ASURA’S WRATH ORIGINAL SOUNDTRACK

オススメ度 ★★★☆☆

発売:2012年3月7日 収録時間:131分 定価:2625円 レーベル:SMD itaku(music)



カプコン発の筋肉バカゲー「アスラズラース」のサウンドトラック。作曲担当は.Hackなどのサイバーコネクトツーでお馴染み福田孝代。
無駄に和風で無駄に壮大、とにかく無駄な派手さが売りのゲーム内容と一緒で音楽も無駄に派手。
……と言いたいが、一部の完成度高い曲に対して記憶に残らない曲が散見。
星4つかで非常に迷ったがこちらで。いい曲は本当にいい曲である。


N0.Disc 1 曲名時間作曲編曲作詞
1Project Barracuda0:22福田孝代和田薫
2Main Theme Of ASURA’S WRATH1:53
3震える心5:24下田星児三谷朋世
4怒髪天4:04
5揺るがぬ大義2:13
6六天金剛0:31
7神々の軍勢2:46
8謀反2:50
9神の尖兵2:58
10畏れよ神2:52
11この子にただ幸せな0:52
12還る場所2:47
13意図紡ぐ者2:39
14悪鬼磊落2:36
15豪放嘉楽2:26
16狐狼伝-風-0:50
17狐狼伝-牙-3:04
18流転1:37
19荒野の一輪0:59
20悪鬼調伏2:43
21威を借る者ども2:34
22伽羅の船3:09
23交響曲 第9番「新世界より」第2楽章2:39Antonin Leopold Dvorak
24交響曲 第9番「新世界より」第4楽章3:54
25奪うだけの神などいらぬ1:07福田孝代
N0.Disc 2 曲名時間作曲編曲
1神こそその手を汚すべし1:20福田孝代和田薫
2虚飾に沈め2:25
3友よ目を覚ませ3:07
4帝釈天1:09
5反撃の双拳4:45
6示せよ大義2:56
7もはや語るまい4:35
8光臨4:00
9星の叫び2:52
10震える心(instrumental)5:27
11転輪の王なり2:04
12極光3:05
13孤狼伝-絆-2:53
14赴け決戦の地へ0:59
15輪壊者1:17
16輪廻紡ぎし者4:11
17震える心(ピアノソロ)4:43
18震える心(エスニックアレンジ)6:01
19オプション1:59
20ゲームオーバー0:21
21阿修羅之憤怒1:47
22反逆の狼煙0:43
23逆境粉砕2:02
24不退転1:33
25倒れぬ由縁1:07
26あの力はまずい0:48
27青二才が0:43
28追憶2:19
 紛うことなきバカゲーであった今作。人によってはがっかりゲー。
 サイバーコネクトツーお馴染み福田孝代氏によるサウンドトラック。
 オーケストラ指揮及び編曲には邦楽・オーケストラと言えばという和田薫氏を起用。
 主題歌「震える心」などのアレンジはお見事である。
 ブックレットには記述がなく、本当に全曲を編曲しているのかが定かではないが、全面編曲という形で記述する。

 とんでもない世界観とノリのように、音楽もとんでもないと思えば、意外と小さくまとまっている印象。
 松山洋氏曰く「人物背景を焦点に」。
 和風に縛られているのではなく、アジアンという括りでコンセプトが立っているのは好印象だが、地味な曲が本当に地味。
 目立たない曲は全然目立たない。いわゆる「捨て曲」が非常に多い。

 しかし、主題歌「震える心」を筆頭に、目立つ曲はとてつもなく耳に残る。
 「神々の軍勢」なんかはプレイ済みの人には聞き飽きた曲。
 アスラのテーマとも言える「怒髪天」などは逆転を予感させる良い構成の曲。
 ヤシャのテーマである「狐狼伝」シリーズも口笛がかなり締めてくる。
 ちなみにオーケストラ演奏は東京フィルハーモニー。口笛は分山貴美子氏。

 ブックレットはインタビューの数も多く、ディスク2終盤の「DLC用曲」以外全てのトラックに解説があり、比較的充実している。
 先述の編曲詳細の不備などは少々問題。個人的には和田薫氏へのインタビューも見たかったところ。
 魅力は多々あるのだが、マイナス点が割と多く見られ、個人的には大幅減点。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。