BACCANO! ORIGINAL SOUNDTRACK SPIRAL MELODIES

BACCANO! ORIGINAL SOUNDTRACK SPIRAL MELODIES

オススメ度 ★★★★★

発売:2007年10月24日 収録時間:76分 定価:3150円 レーベル:アニプレックス



成田良悟氏のライトノベル原作アニメ「バッカーノ!」。
時代を超えて一つの伝説を中心に回る群像劇のニギヤカな物語である。
大森監督ではお馴染みの音楽家・吉森信氏の、アニメではあまり聞けないジャズナンバー。
吉森氏ならではのマイルドな音使いと落ち着いたジャズの相性は抜群。


N0.曲名時間作曲編曲作詞(脚本)
歌(ナレーション)
1長い長い夢の中の宴~バッカーノ!のテーマ3:58吉森信
2プロローグ1:38高木登若本規夫
3マンハッタンブリッジにかける夢4:16
4歪んだ希望に満ちた都4:33
5赤煉瓦の迷宮3:34
6記憶の手紙2:59
7路地裏の法則3:13
8イン・ザ・スピークイージー2:25
9お昼のガンマンと真っ赤な踊り子1:46
10大人の小僧の遊び1:02
11イカれた快楽のために3:45
12緩みきった官能のダンス2:08
13阿鼻叫喚の狂った舞台3:06
14アルヴェアーレのブルース2:30
15光と影のふたつのカノン3:17
16忍び寄る気配3:03
17誇り高き沈黙5:24
18200年前からの憂鬱2:59
19偽オーケストラの甘美な響き1:54
20また忍び寄る気配0:48
21終わることのない階段4:08
22紡ぎ出す吐息3:58
23うたかたの祈り4:09
24林檎の絵の上の落書き2:59
25Gun’s & Roses1:53野口茜Paradise Lunch
26Calling1:32梶浦由記織田かおり
 成田良悟氏のライトノベル原作のアニメ「バッカーノ!」のサウンドトラック。
 禁酒法時代の不死の酒の伝説を中心に回る錬金術師たちの群像劇だ。

 そして禁酒法時代、即ち1930年代。そして舞台がニューヨークともなれば、それを飾る音楽はジャズ以外ない。

 大森貴弘監督を筆頭にスタッフは「夏目」。そうなれば音楽は当然吉森信氏。
 優しい音使いである吉森氏の特徴を継承しつつ、ジャズもハイクオリティに決まっている。

 アニメのジャズにしては全体的にバンドジャズのまま落ち着いたものやアンニュイな音楽が多いのが印象的だ。
 ビッグバンドで盛大に決めているのは「バッカーノ!のテーマ」と数曲くらいだろう。
 とはいえ作品の賑やかさが損なわれている訳ではなく、相まって「バッカーノ!」を形成している。

 全体的にオシャレに整っているので、寛ぎながらかけられる「ジャズっぽい楽しみ方」もできる。
 今作をフィーチャーしてライブを行ったこともあるほど、気合と人気のあるサウンドトラックなのである。

 吉森氏といえば、パーカッションの鬼・仙波清彦氏のグループにも参加している。

 そしてなんと今作はその逆で、パーカッションに仙波清彦氏が参加しているのである。
 「大人の小僧の遊び」等が顕著で、仙波清彦氏の曲と言われても違和感がないおふざけっぷりだ。
 多分仙波氏お馴染みの、「ドンキで買える音の鳴るアヒルのオモチャ」を使っていると思われる。

 ちなみに、OPとEDは表記がされてないもののTVサイズで収録。

 OPはロングバージョンの時のアレンジ。フルで聴きたい人はシングルを購入するように。
 デザインが凝っており、ブックレットはレコードジャケットの擦れ方のような印刷がされている。

 CD盤もレコードのような溝が掘られているのが伺える。
 正しく「ジャズの生まれた時代の音楽」を体験するような仕様だ。
 かなり聴きやすいアルバムに仕上がっているので、誰にでもおススメできる一枚
 ブックレットには吉森氏のコメントあり。イラストは岸田隆宏氏。デザインは竹田康紀氏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。