TVアニメ「僕らはみんな河合荘」 オリジナルサウンドトラック Between the Notes

TVアニメ「僕らはみんな河合荘」 オリジナルサウンドトラック Between the Notes

オススメ度 ★★★☆☆

発売:2014年6月25日 収録時間:61分 定価:3240円 レーベル:ランティス



ヤングキングアワーズ連載、宮原るり氏初のストーリー漫画「僕らはみんな河合荘」。
アクがあるようでないサラッとしたラブコメで、放送時の人気もそこそこであった。
音楽にはすっかりラブコメ劇判作家が定着しつつある松田彬人氏。
オーソドックスかつ丁寧な室内音楽。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1いつかの、いくつかのきみとのせかい(Short Size)1:33佐藤純一fhána林英樹fhána
2僕らはみんなご挨拶0:10松田彬人
3僕らはみんな歩き出す1:42
4僕らはみんな屋根の下1:11
5僕らはみんな仲良しです2:03
6僕らはみんな微睡んで1:42
7僕らはみんな騒がしい1:32
8僕らはみんな楽しそう1:28
9僕らはみんな変わり者1:36
10僕らはみんな帰り道2:00
11僕らはみんな青春期1:30
12僕らはみんな大人げない1:29
13僕らはみんなシンデレラ1:20
14僕らはみんなハイカラさん1:31
15僕らはみんな青臭い1:48
16僕らはみんな生きている1:44
17僕らはみんないい子です1:37
18僕らはみんな一人じゃない2:13
19僕らはみんな振り返る1:07
20僕らはみんな怖くない1:19
21僕らはみんな恐る恐る1:14
22僕らはみんな頑張って…1:27
23僕らはみんな藪の中1:21
24僕らはみんな困りもの1:42
25僕らはみんな旦那様2:28
26僕らはみんな奉公人2:07
27僕らはみんな健全です1:28
28僕らはみんな真面目です0:34
29僕らはみんな辛くても1:26
30僕らはみんな伝え合う2:10
31僕らはみんな黄昏れて2:36
32僕らはみんなここにいる1:53
33僕らはみんな幸せ者2:37
34僕らはみんな河合荘2:39
35昆虫たちも祝福する森のウエディング3:21古怒田健志錦野麻弓(佐藤利奈)
36My Sweet Shelter(Short Size)1:36山口朗彦こだまさおり河合律(花澤香菜)、錦野麻弓(佐藤利奈)、
渡辺彩花(金元寿子)
 ヤングキングアワーズ連載、宮原るり氏原作のラブコメ漫画「僕らはみんな河合荘」。
 これまで四コマ漫画がメインだった宮原氏初のストーリー漫画。
 ヤンキンにしてはさわやかめな漫画だが、雰囲気や作風に対しなんだかんだ下ネタ成分を感じる辺り、雑誌の対象層が伺える。

 音楽担当は松田彬人氏(旧・虹音)。最近はすっかりラブコメアニメ音楽マンとなっている。
 今作での作風も、素直なラブコメに対して特に捻る必要もないのでストレートな室内音楽での心情・コメディ音楽だ。
 これまでもそういったオーダーが続いていたのではないかと思うが、それでもネタが尽きない辺りに松田氏の非凡さが伺える。
 「僕らはみんな河合荘」に連なるメインテーマメロを中心にしたオーソドックスなものだが、決してクオリティが低いわけではない。
 作品に対して必要なレベルにピッタリ合わせた、正に「劇判」といった印象だ。

 しかし、前半に心情描写用の丁寧な室内音楽が集中しているせいか、後半にワンシーン・限定シチュエーション用の曲が溜まっている。
 こういった曲は「シチュエーションを分かり易くする為のベタな曲」が増えるため、作家性が伴いにくく、コメディアニメではありがちながらも、サントラでは捨て曲になりやすい。
 それがそこそこの数を占めているのが残念……と思うかどうかは人次第だが、当サイトでは「惜しい」という判断する。

 OPEDはテレビサイズのみの収録だが、サトリナこと佐藤利奈氏の劇中歌「虫たちも祝福する森のウェディング」を収録している。
 原作の当該シーンではチェリッシュの「てんとう虫のサンバ」だったが、権利関係のために曲を起こすことになった。
 声優ソングのこういったウィスパーな弾き語りは貴重だし、佐藤利奈氏の声もかなり聴き心地がいい。
 歌曲が当初のメイン活動だった松田彬人氏らしい、声にあった曲作りである。

 決してレベルが低いわけでもないのだが、特別手に入れる必要があるかと聞かれるとちょっと躊躇する一枚。
 いかんせんどこをとってもトガリがない(必要ない)のが一因。ファン向けのサントラ、と言える。
 ジャケットイラストは宮原るり氏。デザインはAFTERGLOW。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。