DANCES&DRAGONS!竜†恋[Dra+KoI]オリジナルサウンドトラック

DANCES&DRAGONS!竜†恋[Dra+KoI]オリジナルサウンドトラック

オススメ度 ★★★★★

発売:2006年2月24日 収録時間:54分 定価:2100円 レーベル:インディーズ



ニトロプラス発の短編・ミニゲーム集「サバト鍋」に収録されていたのが「DANCES&DRAGONS!竜†恋[Dra+KoI]」。
デモンベインを書いた鋼屋ジンによる短編ゲームで、例のごとくその音楽はZIZZ STUDIOによる一級品。
ボーカルはアッパーに、インストはファンタジックに。住み分けがしっかりした短編用とは思えない一枚。
普段は作詞に回る江幡育子氏による「炸裂・本能GIRL」は必聴。高音の彼方に連れて行かれるだろう。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1とある竜の神の詩2:41江幡育子大山曜
2恋愛圏絶対防衛線2:54松原博
3ARE YOU HAPPY?3:19HIDEKIカリキュラマシーンHIDEKI+WATANABEカリキュラマシーン
4BEAST CALLING3:31HIDEKI
5炸裂・本能GIRL3:10HIDEKI江幡育子江幡育子 with カリキュラマシーン
6萌えて進め!1:42防衛隊植木亨と防衛隊のみなさん
7NO ANSWER5:05HIDEKIカリキュラマシーンHIDEKI+WATANABEカリキュラマシーン
8悲哀陶酔。カナビス2:36HIDEKI
9悲哀陶酔。鴉片2:56
10竜†恋/或いは英雄は如何にして恋する竜を殺戮し、
その物語を完成させたのか
2:36筒井香織
11とある竜の恋の歌4:44江幡育子大山曜江幡育子いとうかなこ
12ARE YOU HAPPY? inst.ver.3:19HIDEKIカリキュラマシーン
13BEAST CALLING inst.ver.3:31
14炸裂・本能GIRL inst.ver.3:10HIDEKI
15NO ANSWER inst.ver.5:05HIDEKIカリキュラマシーン
16とある竜の恋の歌 inst.ver.4:44江幡育子大山曜
 ゲーム会社ニトロプラスによる、ごちゃまぜゲーム集「サバト鍋」に収録されていた短編「DANCES&DRAGONS!竜†恋[Dra+KoI]」。
 「恋っぽいことしようぜぇ?」という言葉を掲げ今作を繰り出したのは「デモンベイン」を書いた鋼屋ジン。
 短編ながらも骨太く、鋼屋氏の節も全開で、アッパーかつ爽快に綴られた「物語」はマイナーながらも名作と名高い。

 そして、そんなゲームのサウンドトラックも、短編にも関わらずZIZZ STUDIOによる高クオリティサウンドが繰り広げられる。
 一曲目は主題歌「とある竜の恋の歌」のメロディを物静かにアレンジしスキャットで歌った曲。
 BGMはこのようにファンタジックな作風が多い。
 「ARE YOU HAPPY?」「BEAST CALLING」など、ボーカル曲はアッパーな作風に見合ったスピード感あるナンバーがほとんど。

 「炸裂・本能GIRL」は、普段は作詞に回り、頻繁に電波歌詞を生み出す才女・江幡育子氏による数少ないボーカル。
 何が凄いって、その声。その歌詞。もう何もかもが凄い。
 名(迷?)曲なので、是非とも聞いてみよう。
 「萌えて進め!」は母子相姦を推奨する(!)大変ひどい主人公のお母さん率いるゴリアテ軍団の曲。
 というか、この歌詞は酷すぎる。非常に悲しいオタクによるオタクのための行軍歌である。
 でもDAICONが分からない新参(!!)が多い。

 そしていわゆる「決め曲」には、鋼屋節漂うタイトルの「竜†恋/或いは英雄は如何にして恋する竜を殺戮し、その物語を完成させたのか」。
 ヒロイックファンタジーの物語を「体現」するための擬似管弦で、劇伴作用も相まって実にたまらない。
 ラストは主題歌「とある竜の恋の歌」。いとうかなこ氏によるエスニックサウンド。これもまた名曲。
 以降はボーナストラックで、ボーカル曲のインストゥルメンタル。

 ジャケットイラストはキャラクターデザインの津路参汰氏。CD盤面には件の酷いお母さんの酷い変顔。
 良いアルバム。値段も手頃です(ボーナストラック分を考えると、少し短いかもだが)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。