an cinniùint

an cinniùint

オススメ度 ★★★☆☆

発売:2001年12月25日(2004年4月23日再販) 収録時間:117分 定価:2700円 レーベル:SLEIGH BELLS



「アークザラッド」のキャトルコールが生んだ小粒RPG。
それが「tsugunai~つぐない~」。プレイヤー見たことない。
サントラも「サントラ」の題はなく、何のゲームかもわからない。
光田康典氏のケルト推しまくり音楽も音源が少し控えめ。


N0.Disc 1 曲名時間作・編曲
1オープニング1:20光田康典
2つぐない1:59
3眠りの中で2:51
4朝靄の町3:12
5迷いの森3:00
6戦闘・レベル13:03
7精霊の塔3:49
8立ちはだかる敵2:38
9勝利!1:37
10脱出2:41
11崩壊0:52
12やすらぎの僧院3:44
13夕暮れの町3:56
14昼下がりの町4:02
15酒場2:13
16ナビ妖精2:05
17あいつを探せ!2:33
18城内の陰謀3:43
19ゴブリンの谷2:42
20火の灯る樹2:51
N0.Disc 2 曲名時間作・編曲
1幸福2:33光田康典
2黒い陰2:55
3座礁船2:10
4伝説の書3:27
5消えた体2:00
6オークの砦2:50
7試練3:59
8戦闘・レベル22:22
9浄化1:22
10悲しみ3:29
11フィセラのテーマ2:57
12墓地2:45
13鏡の間3:29
14戦闘・レベル33:51
15闇の大聖堂2:59
16魔王2:27
17魔界復活3:18
18魔王決戦5:34
19永遠の魂4:10
20全てを取り戻して3:48
 知ってる人も少ないであろうマイナーRPGタイトル「tsugunai~つぐない~」。
 「アークザラッド」のキャトルコールによる製作。
 鬱ゲーを予感させるタイトルかと思いきや、意外にもオッサン祭なゲームでもある。

 音楽は光田康典氏。「クロノクロス」の後なだけに、ケルト全開だ。
 ゲーム自体の地味さに引っ張られてか、「ゼノギアス」「クロノ」のような、メロディラインの強烈さは持ち合わせてなく、サウンドを鳴らしての勝負が多い印象。
 しかしこれまたゲームがCD-ROMだからか予算の関係か、同じPS2でも「クロノクロス」のような、気持ちの良い生音はあまり聞くことができない。
 PS2音源の丸さがそのまんまになっている。
 「光田氏のアイリッシュの引き出し」を楽しむのが今作の目玉なのではあるが、そこ自体の勢い不足と、RPG音楽の域を脱せてい無いにも拘らず、あたかも「ケルトコンピレーションである」という風なアルバムデザインをしていると、どうも期待からのガッカリの落差が大きくならざるを得ない。

 恐らく音源さえもう少し豪勢だったならばまた違って聞こえたであろう一枚。
 光田氏の「もっとやれる!」感が滲み出ているのもまた残念なポイント。
 光田氏だから!と聞くにはちょっと不安だとは思うが、まあファンなら大丈夫か。
 パッケージデザインはPandagokko氏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。