Dororonえん魔くんメ~ラめら オリジナルサウンドトラック

Dororonえん魔くんメ~ラめら オリジナルサウンドトラック

オススメ度 ★★★★☆

発売:2011年5月25日 収録時間:61分 定価:2800円 レーベル:キングレコード



あの永井豪原作の「ドロロンえん魔くん」がリメイクされて帰ってきちゃった!
「ガオガイガー」「まりんとメラン」の米たに監督による「Dororonえん魔くんメ~ラメラ」のサウンドトラック。
音楽はなんとあの鈴木慶一率いる70年代ロックバンドの星・ムーンライダーズが担当。
妖怪まみれのお馬鹿な世界観が鈴木慶一ロックで面白おかしく表現される。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1伝説のヒーロー0:30鈴木慶一
2魂メラめら一兆℃!(TVサイズ)1:30鈴木慶一鈴木慶一とムーンライダーズ米たにヨシトモ
遠藤正明とムーンライダーズ
3銭湯1:07武川雅寛
4ハルミ2:29岡田徹
5噂のゴッドばあちゃん1:06鈴木慶一
6小学生の日常1:04武川雅寛
7レッツゴー!0:40鈴木博文
8トバッチリ先生1:05武川雅寛
9地獄別荘1:33かしぶち哲郎
10えん魔2:17鈴木慶一
11雪子姫(文部省唱歌「雪」より)1:43かしぶち哲郎
12カパエル1:15岡田徹
13作戦会議2:25鈴木慶一
14サンバカーニバル?!1:42かしぶち哲郎
15どろろん艶靡ちゃん1:08白井良明
16緊迫・熱風・大ピンチ1:36鈴木博文
17妖怪登場!1:08岡田徹
18追跡1:08
19妖怪やりたい放題2:27鈴木慶一
20火焔地獄送り1:14かしぶち哲郎
21おかしな妖怪パトロール1:12鈴木慶一
22三面記事0:23白井良明
23昭和の遊園地1:08鈴木慶一
24ウーマンリブ2:09白井良明
25サイケデリックな世界1:16鈴木慶一
26えん魔の戦い2:14
27任務遂行1:03白井良明
28妖怪捕物帖1:05
29怪しい雰囲気0:37岡田徹
30スローファイト1:37鈴木博文
31心のふれあい2:19鈴木慶一
32どんぐりころころ2:10梁田貞鈴木慶一青木存議
33地獄界1:06かしぶち哲郎
34夢なら何でもアリだ!1:06鈴木高寺たけし博文
35炎天狗・寒天狗1:46
36下駄マシン1:31岡田徹
37最後の希望1:40かしぶち哲郎
38猛レース!1:42白井良明
39事件解決1:06鈴木博文
40焔冠発動!2:58鈴木慶一
41みんなくたばるサァサァサァ(TVサイズ)1:30鈴木慶一鈴木慶一とムーンライダーズ米たにヨシトモ
ムーンライダーズ feat.yoko
 ダイナミックプロの巨頭・永井豪。
 
その代表作の一つ「ドロロンえん魔くん」が、なんと米たにヨシトモ監督・木村貴宏デザインによって2011年に蘇ってしまう。
 「70年代」の世界をバリバリに表現するために呼ばれたのは、かのロックバンド・ムーンライダーズであった!

 基本的にはリーダー・鈴木慶一率いるムーンライダーズのメンバーに作曲が割り振られている構成。
 
メンバーに曲を割り振って各担当者がアレンジまで完成させるというのはTHE BEATLES「THE WHITE ALBUM」と同じスタイル。
 番組アバンを飾る、鈴木氏自身の作曲「伝説のヒーロー」が出迎える訳だが、これがいきなり強烈。
 
30秒ながらもいかにこの作品がハチャメチャでズッコケなのかが分かる面白いサウンドである。

 OP曲は同監督作「勇者王ガオガイガー」でお馴染みの遠藤正明氏。
 
なんでも、歌詞を見せられた時「ああ、これは大変だ」と思ったとか。
 
しかしムーンライダーズとの共演はとても嬉しかったようで、公式サイトでその熱い想いが語られている。
 ED曲で参加しているyokoこと上野洋子嬢がコーラスやスキャットでも少し参加している。
 
「雪子姫」「どんぐりころころ」など。

 「雪子姫」「サンバカーニバル?!」や必殺技バンク音楽「火焔地獄送り」を担当しているのは、「ポケットの中の戦争」の劇判を担当したかしぶち哲郎氏。
 その他、白井良明氏はシタールに、岡田徹氏はコミカルな曲を送るという住み分けもなされている。

 インストによる長くて2分の小片集になってはいるものの、これでもかというほどムーンライダーズのワールドを楽しめる良盤。
 
悪ノリ極まる永井豪による描き下ろしのジャケットと相まって異様な存在感を放つサントラとなっている。
 鈴木慶一、もといムーンライダーズサウンドがお好みの方は、ぜひご視聴の程を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。