Fate/stay night A. OST

Fate/stay night A. OST

オススメ度 ★★★★★

発売:2006年6月28日 収録時間:78分 定価:3000円 レーベル:ジェネオン・ユニバーサル



大人気PCゲーム「Fate/stay night」のアニメ化、そのオリジナルサウンドトラック。
作曲の担当はかーいさんこと川井憲次。これがまたなかなかどうしてベストチョイス!
「Fate」の世界観にこれでもかとマッチした、全体的にクラシカルに、ダークに落ち着いた音楽。
人気曲やOP曲も川井編曲で生まれ変わり、魅力の幅が大きく増している。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1disillusion(TVサイズ)1:34NUMBER 201川井憲次芳賀敬太タイナカサチ
2洗礼1:45川井憲次
3運命の夜3:26
4輝け少年少女2:05
5藤ねえのテーマ1:13
6孤独な巡礼2:03
7魔術師1:44
8因果流転1:48
9聖杯1:38
10英霊鎮魂2:00
11雲は染まりゆく1:50
12家政夫は正義の味方1:34
13アインツベルンの森1:42
14癒えぬ傷跡2:09
15冬木遠景1:49
16受け継がれし刻印1:36
17朽ちた血統1:56
18漆黒の十字架1:46
19麗しき花々1:14
20闇蠢く1:49
21太古の伝承1:47
22英雄王1:38
23エミヤ -Kenji Kawai ver.-2:39James Harris川井憲次
24藤ねえのテーマ -triple time ver.-1:08川井憲次
25憧れの優等生2:12
26異界の淵1:42
27騎士王の誇り2:24
28冬の妖精2:44
29今はその剣を置いて1:45
30鮮血の騎兵2:04
31契約1:31
32約束された勝利の剣 -Kenji Kawai ver.-2:21KATE川井憲次
33永遠の谷1:54川井憲次
342:08
35裏切りの魔女2:10
36凶兆1:31
37天地咆哮2:29
38La Sola3:52
39群雄疾走2:24
40あなたがいた森(TVサイズ)1:32出羽良彰出羽良彰、渡辺善太郎渡辺愛未樹海
 TYPE-MOONの人気PCゲーム「Fate/stay night」、満を持してのアニメ化。
 ということで音楽に選ばれたのは押井守監督作品でお馴染み川井憲次氏。
 本編内容はわりかし残念なところがあったものの、川井氏の音楽はこれでもかというほど世界観にマッチ!

 まず、OPの「disillusion」は原作OP「THIS ILLUSION」の川井憲次編曲でのカバーとなっているが、これがまた素晴らしいアレンジ。
 今作にはテレビサイズしか入っていないので残念だが、間奏のソロパートや、バックのピアノアレンジなどが最高に決まっている。
 ぜひともシングルでフルサイズを聞いて欲しい名曲である。

 ブックレットで川井氏が言うように、全体的にクラシック調に落ち着いている印象。
 「運命の夜」がアニメ「Fate」のメインテーマとなる名曲。
 フィドルによるケルティックな進行とコーラスが世界観をうまく演出している。
 3分の長尺がまたその完成度をメインテーマたらしめ、伝奇音楽としての良さを底上げする。

 「孤独な巡礼」なども本編で印象に残ったメロディ。「騎士王の誇り」なども別アレンジとなっている。
 「英霊鎮魂」に至ってはそのまんまヴェートーヴェンのレクイエムである。これがまた世界観と合う。
 日常音楽は意図的なのか、PCゲーム的な音楽でまとまっており、管弦でのダークな音楽との差が面白い。
 「川井節」をこれでもかと楽しませる脇で、こういった小ネタもバラエティに富んでいてバランスが取れている。

 中盤のキモ、「エミヤ -Kenji Kawai ver.-」。文字通り「エミヤ」の川井憲次アレンジとなる。
 コーラスをバックにした打ち込みアレンジによって格段に厚みが増しており、個人的にはかなりの名編曲。
 「約束された勝利の剣 -Kenji Kawai ver.-」も生管弦となることで迫力が強まっている。

 個々のアレンジも、全体の統一感も、バランス・バラエティもうまく決まっている良盤。
 多少、劇伴的な曲の短さを感じることはあるが、それでも高水準の川井節にごまかされてしまう。
 80年代川井憲次が好き!という方だったら迷わず聴いてみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。