Fate/Zero Original Sound Track Ⅰ

Fate/Zero Original Sound Track Ⅰ

オススメ度 ★★★★☆

発売:2012年3月7日 収録時間:47分 定価:BOX特典により無し レーベル:アニプレックス



満を持してアニメ化された人気作品「Fate/Zero」のサウンドトラック。
ZIZZか、川井憲次か、と(勝手に)予想していた音楽担当はufotable繋がりで梶浦由記氏という所に落ち着く。
本編と同じく、ダークナイトのオマージュや、まどマギで顧客を掴んだ要素も混ざった良作。
しかし、時間が短いのと、何よりもBOXの特典であることが痛すぎる。


N0.曲名時間作・編曲
1Point Zero3:47梶浦由記
2let the stars fall down2:03
3grief1:53
4nervous1:17
5confrontation1:44
6the battle is to the strong3:04
7evacuation2:01
8the legend2:05
9little drop of peace1:58
10the beginning of the end3:05
11if you leave2:11
12rabble-rousers1:36
13strategy1:52
14unrest1:24
15back to the wall1:34
16secret maneuvers1:58
17an eerie enemy1:36
18assassin2:38
19a chaser1:42
20to be continued0:18
21painful1:53
22rule the battlefield3:16
23forebodings0:45
24tragedy and fate1:50
 TYPE-MOON及び虚淵玄原作「Fate/Zero」を、ufotableが渾身のアニメ化。
 ZIZZか、川井憲次か、はたまた……という予想の末、音楽の担当は「空の境界」でufotableとTYPE-MOONを彩った梶浦由記氏。
 「まどマギ」で更なる人気を得たばかりの彼女により、あざとく、激しく、切ない劇伴が展開する。

 「まどマギ」の梶浦音楽より、多少管弦が目立つ感じの作風となっている。
 冒頭「Point Zero」が今作のメインテーマとなる。次回予告曲「to be continued」はそれのトリミング。
 アニメ「Fate/Zero」は随所に映画「ダークナイト」のオマージュ部分があるのだが、よく聞いてみるとこの曲もそう。
 「ダークナイト」メインテーマ進行とEDでの切り取り方が、「Point Zero」の進行と次回予告でのトリミングによく似ているのである。

 「let the stars fall down」は18・19話のEDを飾る「満天」のインストゥルメンタル。
 全体でもそうだが、「Zero」を梶浦氏が悲劇・やるせなさのヒロイックで演出しようとしているのがわかる一曲。
 「the battle is to the strong」は良く流れた戦闘音楽で、「まどマギ」が脳裏によぎる曲。
 女性コーラスとギターソロの入り混じった様相はまさに梶浦音楽!といった具合。

 上記などのある程度聞き覚えのある音楽に対して、効果音的な音楽が多い構成であるのが特徴的。
 ダークナイトや、押井守映画での川井憲次音楽などを思い出す部分が多々ある。

 しかし問題は今作がBlue-Ray BOX特典であること。DVD-BOXは発売すらしていない。
 47分という短い収録時間であるからして「この一枚のために!」とボックスを購入するのは余程の梶浦フリークでないと厳しいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。