Fate/Zero Original Sound Track Ⅱ

Fate/Zero Original Sound Track Ⅱ

オススメ度 ★★★★☆

発売:2012年9月19日 収録時間:70分 定価:BOX特典により無し レーベル:アニプレックス



テレビアニメ「Fate/Zero」のサントラ第二弾。例によってBOX特典にございます。
勿論作曲は梶浦由記氏が継続。「約束された勝利の剣」梶浦Ver.が収録されている。
「Ⅰ」よりも汎用ではない、ワンシーン向けの映画的劇伴が展開されている印象。
あと、「Ⅰ」よりまどマギっぽい。


N0.曲名時間作曲編曲
1fate to zero3:03梶浦由記
2for him0:40
3army of the king2:13
4curse2:25
5dogfight3:14
6the sword of promised victory FateZero ver.2:06KATE梶浦由記
7Babylonia1:56梶浦由記
8on the battlefield2:21
9betrayer1:42
10you are my king2:38
11at peace1:35
12little star2:42
13in a nightmare1:53
14a man in black2:44
15painful #21:35
16dogfight #21:36
17the battle to come2:51
18on an island2:22
19burning village1:53
20I will1:33
21in a forign town1:23
22she’s just in time0:49
23days gone by4:21
24mission2:46
25mission #22:57
26the dream fades before dawn1:28
27the dream fades before dawn #20:48
28tender moment1:18
29this day, and never again3:33
30the dream fades before dawn #33:34
31the world is tumbling down2:47
32silver moon2:15
 「Fate/Zero」のオリジナルサウンドトラック第二弾。
 引き続き梶浦由記氏による管弦とコーラスを楽しむこととなる。
 70分と前回よりも格段に長い収録時間は嬉しい。その点は特典であることを補える。

 前作が「汎用性ある曲」なのに対して「ワンシーン用の曲」が多くなっている印象。
 「fate to zero」は作品の雰囲気を思い出させるかのような導入。これぞ梶浦コーラス。
 「dogfight」なんかは件のアーチャー対F-15にほかならない。
 今まで管弦のみでのクラシカルな印象だったのが、打ち込み音も強くなる。

 「the sword of promised victory FateZero ver.」はハイライトたる一曲。
 勿論「約束された勝利の剣」の梶浦由記アレンジ。
 キャスター戦のみでの使用なので、展開の落差が作られている。
 いわゆる梶浦語のコーラスもさながら、もう梶浦音楽にしか聞こえないほどアレンジされていて楽しい。

 「army of king」「you are my king」などのライダーのための曲は良い曲が多い。
 「you are my king」はウェイバーとライダーの語らいの曲と、ライダー最後の疾走時の曲をくっつけた構成。
 それが中々見事で、かなりエモーショナルな音楽として完成している。今作でも屈指の名曲であろう。

 前回よりも効果音的な音楽が排除されてることもあり、完成度が一枚でぐんと上がっている。
 ラストの3分、2分と長めに続く曲なども最終戦を今までと差別化するための曲と言っていいだろう。

 エピローグを締めくくる穏やかな導入の「silver moon」が、途中でOP「to the begining」のイントロが流れるのが嬉しい。
 「ここがゼロであり始まり」という演出的意味合いが込められているのが伝わってくる。

 打って変わって特典ながらもオススメしたくなる一枚。というか、特典なのがより悲しくなる一枚、というか。
 実は筆者、梶浦氏は個人的に全くツボじゃないのだが、「Zero」のだけはかなり聞いている。
 欲を言えばエミヤの梶浦アレンジが欲しかったかなーと。演出的に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。