フリクリ Original Sound Track 1 Addict

フリクリ Original Sound Track 1 Addict

オススメ度 ★★★★☆

発売:2000年10月4日 収録時間:50分 定価:3059円 レーベル:キングレコード



GAINAX製作、鶴巻和哉監督による謎の(!)OVA「フリクリ」。
「これはもはやアニメではない!The PirrowsのPVである!」という声もよく聞く。
本編も実験的で意味深な描写が多いが、それでも独特の思春期描写に魅力を感じてしまう。
あまり知られていないが、インストのBGMがあり、その作曲は光宗信吉氏である。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1LAST DINOSAUR0:23山中さわおthe pillows、Zin Yoshida、Jun Suzuki
2Ride on shooting star2:21the pillows 山中さわおthe pillows
3Sad Sad Kiddie2:03the pillows、Tatsuya Kashima
4CARNIVAL1:37the pillows、Zin Yoshida、Jun Suzuki
5RUNNERS HIGH(FLCLヴァージョン)1:38the pillows山中さわおthe pillows
6Instant Music3:16
7STALKER2:35the pillows、Tatsuya Kashima
8Rever’s Edge(B-6)2:49光宗信吉
9STALKER GOES TO BABYLON4:03山中さわおthe pillows
10ONE LIFE4:08山中さわおthe pillows
11PAIN(A-7)2:42光宗信吉
12カバレフスキー:「道化師」より~ギャロップ1:38Dmitri Borisovich Kabalevsky  光宗信吉
13HYBRID RAINBOW3:58山中さわおthe pillows山中さわおthe pillows
14Selfish-b(B-5)2:13光宗信吉
15Pink(A-6)1:39
16Beautiful morning with you1:35山中さわおthe pillows、Zin Yoshida、Jun Suzuki
17Sleepy Head1:04
18Bran-new lovesong1:58
19Come Down2:06
20Advice(FLCL・アレンジ・ヴァージョン)2:13
21LITTLE BUSTERS3:43the pillows山中さわおthe pillows
 GAINAXの鶴巻監督が送り出す、青春SF?OVA「フリクリ」のサウンドトラック。
 正直なところサントラというよりは「数少ないthe pillowsのインストアルバム」という側面が強い。
 PVのごとくPirrows塗れな今作、実際によく「PVじゃねぇか!」という声が上がる。

 イマイチ認知されていないが、pillowsのインストではないインストBGMもある。
 今作では「Rever’s Edge」「「PAIN」「Selfish-b」「Pink」がそれにあたる。
 これらの作曲については、実は劇伴には光宗信吉氏があたっているのである。
 3話のワンシーンでしか使われていないカバレフスキーはヴァシル・カザンジェフソフィア交響楽団による演奏(たったあれだけのシーンのために!)。

 本題に戻る。the pillowsこそが本作の顔である。
 本作、原曲をカラオケアレンジした曲が殆ど。上記で歌詞リンクがある曲のみがボーカルつきだ。
 そこに魅力を感じる人もいるだろうが、「アレッ、欲しかった曲に歌詞が無い!」とならないよう注意。
 殆どがボーカル付きで収録されているのはサントラ3なのだが、ややこしいことにそちらには未収録のボーカルが本作に入ってたりする。

 pillowsといえば邦ロックの有名どころの一角。バンプと仲良しのバンドである。
 「フリクリ」でもそのハイテンション・ロックや思春期丸出しソングを披露してくれている。
 サントラでは今作のみ収録「ONE LIFE」が特にそうだろう。これぞフリクリ、という歌詞と哀愁あるメロディ。
 「HYBRID RAINBOW」はバンプもカバーした名曲。
 2話にて使用された。「限界」を歌うこの曲もまたフリクリを象徴する曲である。

 「LITTLE BUSTERS」はいわゆる「決め曲」。
 赤カンチがナオ太を発射するシーンでしばしば使われる。いわゆる処刑用BGMである。
 「Ride on shooting star」がEDだが、ED使用サイズでの収録なのに表記なしなので要注意。

 物語前半に使用されている曲が集められている。前述のように印象的な曲の殆どがボーカル抜きの状態。
 そういうのがいらない人は間違えないように。
 しかしサントラ3には「ONE LIFE」「Instant Music」は収録されていないので、これまた注意すべし。
 デザインはKenji Kiyama氏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。