フラクタル オリジナル・サウンドトラック

フラクタル オリジナル・サウンドトラック

オススメ度 ★★★★★

発売:2011年4月27日 収録時間:79分 定価:2500円 レーベル:ERJ



ヤマカンこと山本寛監督が満を持して送るファンタジーアニメ「フラクタル」。
ジブリへの憧憬満天の世界観も評判はかなり悪く、散々な結果に。
ではその音楽も酷いのか、と言われればとんでもない、かなり力が入っている。
アニメ音楽初担当である新鋭・鹿野草平氏による無国籍音楽がここに。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1フラクタル4:49鹿野草平
2ハリネズミ4:55AZUMA HITOMIAZUMAYAAZUMA HITOMI
3この荒涼たる世の中で6:52鹿野草平THOMAS MOORENoriko Lewis
4ネッサのワルツ4:04
5ネッサは好きのことがすき2:27
6ネッサは嫌いのことがきらい3:06
7昼の星4:44神前暁岡田麿里AZUMA HITOMI
8いっときの安息1:40鹿野草平
9むらまつりの音1:41
10こぜりあい、おおさわぎ2:23
11里山の光景3:22
12僧院の祝詞3:49
13ディアスのプレリュード2:43
14ネッサの暴走3:07
15日々の糧のみのための労働と苦役から6:25鹿野草平(英訳:shoko)名倉亜矢子
16グラニッツの活動日誌2:31
17グラニッツの陰謀1:58
18グラニッツの闘争2:42
19人柱の巫女4:30
20未来への旅路7:00
21サリーガーデン3:19アイルランド民謡AZUMAYAAZUMA HITOMI
 ノイタミナ枠にて「ハルヒ」シリーズ演出の山本寛監督が送り出した折る地なるアニメ「フラクタル」。
 「この作品が失敗すれば引退も辞さない」という言葉と共に挑んだ意欲作だが、結果は散々。
 作品外の部分でも余波があるほど大バッシングを受けることとなっている。

 しかし音楽もそう叩かれるべきものかというとそうではない。
 音楽担当は初アニメの鹿野草平氏。
 自らの作品が「もってけ☆セーラー服」にインスピレーションを受けた、と公言したあたりで山本監督とのパイプが生まれていったのだと思われる。

 作風はオーケストラ編成や声楽、ブズーキなどの民俗楽器での無国籍ファンタジー系音楽。
 作品全体としてジブリへの憧憬が根底に存在するアニメなので、それに影響されてのものだろう。
 ジブリへの憧憬といえば「亡念のザムド」もそうだったが、根本的に憧憬対象が違っているのが面白い。
 「ザムド」は恐らくジブリアニメの「死生観」をオマージュしているが、「フラクタル」は「ラピュタ」などの「冒険心」への憧憬に他ならない。
 これが決定的な違いとなる。それはメインテーマとも言える「未来への旅路」が分かりやすく表現している。

 ここで問題になるのは、「冒険心」は音楽の特徴として充分たり得るのか、ということ。
 鹿野氏は「劇判というよりも自分の芸術作品」となったとも言っている。
 それに引っ張られてか、今作の音楽はクオリティこそ高く仕上がっているものの、「フラクタルのメインテーマ」と言えるような音楽には意外と乏しく感じられる。
 そういった分かりやすさだと、同じ無国籍音楽でも「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」などの方が成功していると言えるだろう。
 ただし、決して本作における鹿野氏の仕事は素晴らしいものであることには間違いはない。
 その後「吹奏楽のための『フラクタル組曲』第一楽章」を作るほど気合いの入ったものだ。

 ブックレットにはイラスト数点とメロの譜例集、そして鹿野氏のコメントが掲載。
 イラストは左氏。デザインは内古閑智之氏(CHProduction)。
 この手のファンタジー音楽が好きな人ならば決して買っても損はしないはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。