仮面ライダー鎧武 オリジナルサウンドトラック

仮面ライダー鎧武 オリジナルサウンドトラック

オススメ度 ★★★☆☆

発売:2013年12月11日 収録時間:63分 定価:3150円 レーベル:エイベックス・エンタテインメント



平成ライダー15作目、第2期平成ライダー5作目となる「仮面ライダー鎧武」。
今回のモチーフは戦国、武将、ダンス、そしてフルーツ。
山下康介氏が戦隊畑から颯爽とやってきてくれたものの、
どうにもモチーフのバランスがうまくいかないような……。


N0.曲名時間作・編曲作詞
1戦国乱世3:14山下康介
2始まりの章1:22
3出戦0:39
41:43
5姉と弟1:45
6青春の苦悩1:44
7ハロー沢芽市1:15
8DJ サガラ1:43
9楽しいバイト1:27
10おてのもの1:09
11虚無の時間2:04
12闇の拡散1:29
13ヘルヘイムの森1:45
14森の触手1:06
15森の拡散1:45
16闇の揺ぎ0:40
17始動 鎧武1:40
18ライダー乱戦2:01
19ライダー苦戦2:06
20錠前ディーラー1:32
21インベスゲーム1:21
22インベスの侵略1:21
23ユグドラシル1:48
24夢の企業0:36
25ロックシード1:39
26青春乱華1:43
27花の雫1:17
28舞の夢1:47
29揺れる乙女心1:30
30必殺技1:23
31強力怪人1:27
32乱戦の光1:19
33怪人出現1:52
34巨大怪人1:14
35大人の思考1:32
36悲痛な思い1:33
37暗黒の対立1:17
38安住の地0:43
39暗黒の鼓動0:50
40ひよこの散歩1:13
41不安な足並み1:39
42心の舞1:31
43前提0:13
44後提0:14
45JUST LIVE MORE(TV-size)1:12鳴瀬シュウヘイ藤林聖子鎧武乃風
 平成ライダー第15作目となる作品「仮面ライダー鎧武」。
 なんと脚本家に「まどマギ」で大ヒットしたニトロプラスの脚本家・虚淵玄氏を召喚。
 しかしどうにも武部直美Pとの愛所の悪さが目立ち、「キバ」の井上敏樹氏を彷彿とさせる。

 音楽は山下康介氏。「マジレンジャー」「ゴーカイジャー」と戦隊が特撮のメイン活動場だったが、今作で晴れてライダー音楽デビュー。
 クセのない氏がどんな仕事をするかというところだったが、「鎧武」音楽に関してはモチーフで苦戦している印象が強い。
 まず、特撮ヒーロー音楽としてメインモチーフとなる変身曲や曲ジャンルが必要であると筆者は考えるが、
今回山下氏は和風、掛け声風男声コーラスをいつものオーケストレーションに加えることで、「戦国」感を出し、一種特色ある音楽に仕立て上げようとしている。
 しかしダンスモチーフによるダンスミュージック風日常曲との食い合わせの悪さや、オケでのスケール感と内容との齟齬がどうしても気になってしまう。
 これは単純に筆者自身が「鎧武」にあまりいい印象を抱いていないのが原因かもしれない。

 戦国というモチーフの処理と、ダンスの食い合わせ、気になる部分が多い一枚。
 劇中でもうまく音楽を我々の耳に入れてくれていないせいでもあるだろう。
 とにかく派手さや印象が命のはずなので、かなり惜しいところである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。