獣電戦隊キョウリュウジャー オリジナルサウンドトラック 聴いておどろけ!ブレイブサウンズ1

獣電戦隊キョウリュウジャー オリジナルサウンドトラック 聴いておどろけ!ブレイブサウンズ1

オススメ度 ★★★★★

発売:2013年5月29日 収録時間:78分 定価:3150円 レーベル:日本コロムビア



三条陸脚本で王道を突っ走る戦隊、キョウリュウジャー。
音楽担当は「ギンガマン」以来15年ぶりの戦隊音楽となる佐橋俊彦氏。
伝奇的で壮大なファンタジー音楽の展開は流石にキャリアというところ。
サントラ一枚目は相も変わらずトークとショートサイズ塗れだけど、ご愛嬌で。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1VAMOLA!キョウリュウジャー(ショートサイズ)3:00持田裕輔持田裕輔、山下康介藤林聖子鎌田省吾
2獣電トーク 12:16
3強き竜の者達1:58佐橋俊彦
4獣電トーク 21:54
5巨大すぎるパートナー3:53佐橋俊彦
6獣電トーク 31:09
7氷結の軍団4:28佐橋俊彦
8獣電トーク 40:19
9ヌルヌル大パニック2:44佐橋俊彦
10獣電トーク 51:04
11獣電戦隊登場!2:16佐橋俊彦
12闘え!キョウリュウジャー(ショートサイズ)2:07Raizo.W中畑丈治マイクスギヤマ谷本貴義
13獣電トーク 61:19
14大地よ揺れろ!カミツキ合体!!3:10佐橋俊彦
15KYORYUZIN(ショートサイズ)2:17NoB平松健治NoB
16獣電トーク 71:39
17ワンダホーな仲間達3:03佐橋俊彦
18みんな集まれ!キョウリュウジャー(TVサイズ1)1:27高取ヒデアキ籠島裕昌八手三郎、高取ヒデアキ高取ヒデアキ
19獣電トーク 81:01
20戦慄の予感2:35佐橋俊彦
21獣電トーク 90:29
22デーボス大進撃3:20佐橋俊彦
23獣電トーク 100:51
24燃えろブレイブ!2:59佐橋俊彦
25獣電トーク 111:30
26荒れるぜ!止めてみな!!3:07佐橋俊彦
27VAMOLA!キョウリュウジャー
(インストゥルメンタル・ショートサイズ)
2:58持田裕輔持田裕輔、山下康介
28獣電トーク 121:39
29モンスター 超ヘビー級3:20佐橋俊彦
30獣電トーク 131:55
31うなれ雷鳴!金色の勇者見参3:20佐橋俊彦
32キョウリュウゴールド!いざ!!(ショートサイズ)2:05佐橋俊彦大石憲一郎桑原永江サイキックラバー
33獣電トーク 141:03
34ブレイブな大勝利2:41佐橋俊彦
35獣電トーク 151:04
36みんな集まれ!キョウリュウジャー(TVサイズ2)1:26高取ヒデアキ籠島裕昌八手三郎、高取ヒデアキ高取ヒデアキ
 スーパー戦隊シリーズ第37作目「獣電戦隊キョウリュウジャー」のサントラ第一弾。
 三条陸脚本での王道さが光る作品で、史上三作目の恐竜モチーフの戦隊である。
 また、ガジェット用の効果音にサンバが使われているのが特徴的。

 劇伴の担当は佐橋俊彦。カーレンジャー、そしてギンガマン以来15年ぶりの戦隊音楽である。
 恐竜モチーフ、そして伝奇要素から壮大なオーケストラサウンドがメインになる。
 アルバム構成はガオレンジャー以降お馴染み、トークとショートサイズが合間に挟まる構成。
 しかしBGMそのものは序盤及びメインになる音楽ばかりで非常にブレイブだ!

 佐橋氏特有のオケに打ち込みやドラムのビートを入れるタイプの曲が少なめで、スケールの縮小が起きていないのが好印象。
 使いどころを絞り効果的に使えた場合の佐橋サントラは良盤になるのである。
 覚悟完了シーンで印象的な「燃えろブレイブ!」の挑発的な音使いなどはその一例だ。
 処刑用BGMの「荒れるぜ!止めてみな!!」もまさにそうで、戦闘と世界観の音楽をいい具合に住み分けさせている。

 キョウリュウゴールド用の「うなれ雷鳴!金色の勇者見参」の和風混じりサウンドも印象的。
 こういった小ワザの入り混じり方は流石佐橋氏と言ったところで、ゴールドといえば!という音作りが成功している。

 アルバムとして聴きたい人にはいつものトークなどが邪魔かもしれないが、佐橋氏の仕事は一級品。
 デザインは片倉デザイン室。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。