特命戦隊ゴーバスターズ オリジナルサウンドトラック サウンドミッション 1

特命戦隊ゴーバスターズ オリジナルサウンドトラック サウンドミッション 1

オススメ度 ★★★★☆

発売:2012年5月30日 収録時間:71分 定価:3150円 レーベル:日本コロムビア



小林靖子脚本で従来の定番をできるだけ破るゴーバスターズ。
音楽担当は「ゴーオンジャー」「うた∽かた」の大橋恵氏が担当。
エージェントアクションを取り入れているということでスパイ風味ある作風。
サントラ一枚目は相も変わらずトークとショートサイズ塗れだけど、ご愛嬌で。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1Today’s Mission0:07大橋恵
2Busters’ Talk 11:18
3バスターズ レディーゴー!(ショートサイズ)2:36大石憲一郎藤林聖子高橋秀幸
4Busters’ Talk 20:28
5平和のFirewall2:58大橋恵
6Busters’ Talk 30:54
7サバ?ムッシュ2:59大橋恵
8Busters’ Talk 40:24
9ミッション スタート3:46大橋恵
10Perfect Mission(ショートサイズ)2:45NoB河野陽吾藤林聖子NoB
11Busters’ Talk 50:32
12エネトロン掠奪計画2:19大橋恵
13Busters’ Talk 60:42
14亜空間よりの侵略者2:41大橋恵
15Busters’ Talk 70:29
16運命のはじまり4:52大橋恵
17Busters’ Talk 80:47
18イッツ モーフィンタイム!2:23大橋恵
19Busters’ Talk 90:27
20ナイス バディーズ3:31大橋恵
21One Wish,One Day(ショートサイズ)2:59鈴木盛広藤林聖子桜田ヒロム(鈴木勝大)&チダ・ニック(藤原啓治)
22Busters’ Talk 100:48
23襲来!メタロイド2:49大橋恵
24Busters’ Talk 111:24
25イッツタイム フォー バスター!3:18大橋恵
26バスターズ レディーゴー!(インストゥルメンタルショートサイズ)2:33大石憲一郎
27Busters’ Talk 120:29
28発進!ゴーバスターエース!3:12大橋恵
29Busters’ Talk 130:45
30メガゾード大激突2:45大橋恵
31Busters’ Talk 140:36
326つの心で特命合体!!3:51大橋恵
33バスターマシン、発進せよ!(ショートサイズ)2:18八手三郎山形ユキオ
34Busters’ Talk 150:44
35シャットダウン完了2:15大橋恵
36Busters’ Talk 160:41
37キズナ~ゴーバスターズ!(ショートサイズ)2:33大石憲一郎藤林聖子謎の新ユニットSTA☆MEN
 スーパー戦隊シリーズ第36作目「特命戦隊ゴーバスターズ」のサントラ第一弾。
 小林靖子脚本による「新エネルギー」にまつわるSF設定が魅力の作品だ。
 何もかもが戦隊の総決算であった「ゴーカイジャー」の直後というだけあって、
 数々の要素や演出に戦隊のお約束を破るような描写が多かったのが特徴だ。

 劇伴の担当は大橋恵氏。「うた∽かた」「ガンダムIGLOO」の他「ゴーオンジャー」も担当した。
 実際は「アバレンジャー」の次点でほぼProject.R入りを果たしている。
 アルバム構成はガオレンジャー以降お馴染み、トークとショートサイズが合間に挟まる構成。
 勿論BGM内容もお馴染みでいつも通りかっこいい。

 エージェントものをモチーフに取り込んでいることもあり、スパイアクション風のブラスが散りばめられているのが特徴だ。
 これがいい疾走感と危機感を生み出しているので、面白いモチーフチョイスだったといえる。

 しかし、逆に戦隊お馴染みのオーケストラ音楽とは少し相性が悪い。
 何故かというと、音の質が似通ってしまっており、ロボ戦のオーケストラとの区別が従来よりもハッキリしなくなってしまっているのだ。
 単純な楽器構成なら「ゴーカイ」でも似たようなことになっていたが、山下康介のメロディラインセンスがそれを払しょく出来ていたので、そこの差か。

 スパイアクション風味とオーケストラ、個々は決して悪くないいつもの戦隊音楽。
 親子で聴く分にも十分だし、大橋氏の出す迫力も一曲を聴かせてくれるので、印象は良い。
 ジャケットデザインは片倉デザイン室。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。