TVアニメ「キルミーベイベー」劇中音楽集 Music From “Kill Me Baby”

TVアニメ「キルミーベイベー」劇中音楽集 Music From “Kill Me Baby”

オススメ度 ★★★★★

発売:2012年4月27日 収録時間:55分 定価:2951円 レーベル:ポニーキャニオン



ツボに入る人と入らない人が超極端な問題作ギャグアニメ「キルミーベイベー」のサントラ。
音楽製作にはなんと伝説級のモンドユニット・EXPOがまさかの抜擢。
ただのコメディ音楽ではないかなりマニアックなギャグアニメサウンドとなっている。
中野のテクノ音楽ショップ「メカノ」に普通に並ぶような代物。


No.曲名時間作曲編曲作詞
1キルミーのベイベー!(TVサイズ)1:32EXPO藤本功一やすなとソーニャ(赤崎千夏、田村睦心)
22350:08
3朝のドーン1:26
4縦読み1:32
5小数点1:12
62340:09
7丸いクラスメイト1:17
8落伍の練習1:24
9あぎりとわたし1:39
10校庭横断高速鉄道1:13
11えc8130:08
12020:11
13モーニングビンタ2:28
14何も起こらない予感1:19
15760:10
1630センチの企み1:00
17鳩が見ている0:45
18舞い上がれ1:09
19イライラポルカ1:13
20379k0:11
21似てない者同士1:244
22やすなの考え0:52
23放課後の乱0:29
24損得の穴1:51
25379y0:10
26八重歯1:24
27270:10
2827_20:09
2927_2のコピー0:11
3027_2のコピーのエイリ0:09
3127_2*0:06
3227_2*new0:10
33横たわる耳0:56
34ぽっと出たマーチ0:49
35やすなの本音2:01
36ロケットスタート1:03
3739_320:10
38はらぺこ委員2:30
39自然発火1:51
40上から目線1:36
4112650:08
42疲れのボッサ2:06
4312660:10
44組織から来た少女1:25
45無理!0:38
4612670:11
471268kari0:10
48我慢の限界0:56
49ハムスター会議1:07
50カロリーワルツ1:27
5100:09
52どこにもいかない1:35
53三日月に刺されて1:44
54帰り道2:03
55ふたりのきもちのほんとのひみつ(TVサイズ)1:34松前公高EXPO藤本功一、松前公高やすなとソーニャ(赤崎千夏、田村睦心)
560:31EXPO
 世界を先取りし気味で物議しか醸してないギャグアニメ「キルミーベイベー」。
 その音楽を製作するのはなんと伝説のモンドミュージックユニットであるEXPOである。
 山口優氏と松前公高氏による「間違い」をコンセプトにした謎のポップが有名で、87年に発売された「エキスポの万国大戦略」はプレミアがつくほどの人気。
 そんな伝説的ユニットが四半世紀ぶりに世に送り出したアルバムがなんと本作なのだ。

 
 何故こんな面々が突如キルミーでアニメ界に現れたのかはさっぱりわからないが、以降EXPO及びマニュアル・オブ・エラーズがどんどんアニメ界で活躍することになる。
 本作を一文で表現するならば「確かな技術に裏付けられたタチの悪いおふざけ」である。
 おふざけ、というのは言い過ぎだが、その素直じゃないマニアックさは「たま」などを彷彿とさせる音楽性だ。
 まずよくネタにされる主題歌だが、なんと演奏にウンベルティポの佐野康夫氏と今堀恒雄氏が参加しているのだ。この曲に……いやこの曲だからこそ……?
 ちなみに今堀氏は山口氏の義理の弟。とんでもない兄弟である。

 
 決して万人受けする音楽ではないのだが、聞いていてマニア魂が揺さぶられるのが悔しい。
 テクノでエレクトロな実験的アバンギャルドサウンドのおもちゃ箱のようなアルバムで、まさに「ストレンジポップ」の名が相応しい。
 とぼけた音楽なのにやたらと細かい演奏がバックに隠れているし、突如として変拍子が襲ってくるし、曲が短いが曲数ボリュームがたっぷりなので。

 
 本作で演奏にも参加する藤本功一氏や、キャラソンを作曲する片岡知子氏などを含めたマニュアル・オブ・エラーズの面々はこの後「たまこまーけっと」を経て、アニメ業界へ邁進していく。
 ブックレットを開くと双六が広がっており酷い、新しいな、って思ったら双六風曲目だった。新しすぎてとても見づらい。
 ジャケットイラストには伝説のシンセ「MS-20」だったり初代マックだったりと小ネタが盛りだくさん。
 ラストは長谷川眞也。デザインは及川和弘(NPC)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。