テレビアニメーション キョロちゃん オリジナル・サウンドトラック

テレビアニメーション キョロちゃん オリジナル・サウンドトラック

オススメ度 ★★★★★

発売:1999年10月21日 収録時間:59分 定価:3050円 レーベル:SME・ビジュアルワークス



不動のお菓子マスコット「キョロちゃん」のアニメ化が行われた。
蓋を開いてみれば風刺あり、寓話ありの「星のカービィ」の前身とも呼べる、
風変わりなキッズアニメが出来上がっていた。
そしてその音楽はあの栗コーダーカルテットが担当していたのである。


No.曲名時間作曲編曲作詞
1ハレーションサマー4:25つんく前嶋康明つんくココナッツ娘
2SUBTITLE0:09栗原正己栗コーダーカルテット
3エンゼルアイランドのテーマ1:31
4キョロちゃんのテーマ2:19
5キョロちゃんマーチ2:34
6キョロちゃんブルー1:54
7愉快な仲間-浜辺で2:08
8愉快な仲間-冒険1:34
9グリグリ警部1:27
10怪盗ギロッシュ2:10
11たくらみ-チロリ・ジロリ2:16
12キョロちゃんレゲエ2:15
13キョロちゃんレゲエ-ガックリ・ダブ2:18
14キョロちゃんレゲエ-パニック・スカ1:48
15EYE CATCH0:07
16キョロちゃんとミッケンくんのRAP0:54
17EYE CATCH20:08
18総理な人たち1:58
19悪のテーマ2:39
20おとぎばなし1:40
21シバシバ3:20
22ああ悲惨1:35
23勘違い2:16
24エンゼルフィールドはお祭り騒ぎ-HAPPY1:45
25エンゼルフィールドはお祭り騒ぎ-HURRY1:50
26マツゲール博士3:10
27マクモーじいさんとリンクルばあさん2:38
28愉快な仲間-ハチャメチャ2:28
29CLOSING0:07
30通学路4:05恩田快人坂井紀雄、恩田快人Whiteberry
 森永製菓の不動のマスコットキャラクター・キョロちゃんをアニメ化した作品。
 ギャグだけにとどまらずスラップスティック、風刺、寓話ありとキッズアニメにも拘わらず、妙に大人っぽいバラエティに富んだ作風はアニメ「星のカービィ」の前身とも言えるだろう。

 
 音楽は「ピタゴラスイッチ」「あずまんが大王」以前の栗原正巳氏率いる栗コーダーカルテット。
 栗コーダーといえばとにかく癒しと脱力に特化したリコーダー&アコースティックが魅力だが、本作でもその実力は遺憾なく発揮されている。
 楽器構成と栗原氏の作曲能力故に「フレーズ性」「聴き心地」は両立されているのがかなり好印象で、古楽器風に演奏する「エンゼルアイランドのテーマ」や不動のメインテーマ「キョロちゃんのテーマ」のキャッチーさのようなバランスの良さは他のキッズアニメではなかなか味わうことができないレベルである。
 とぼけたリコーダーは世界観にもよく合っており、かといってただのヒーリング音楽にも収まらず、栗コーダーカルテットのアルバムとして大変楽しく仕上がっている。

 
 フレーズ性に重点を置くキッズアニメ音楽としてだけでなく、きちんとエモーションを揺さぶれる曲があるのも好印象。
 正にその代表である「マツゲール博士のテーマ」は、抒情的なリコーダー使いが3分続く名曲。
 また作中のホラー回御用達のキャラクター・テーマ「シバシバ」もその使用に値する雰囲気作り。
 タイアップのOPとEDは多少場違いな感は否めないながらも、フルバージョンなのでまぁ許せる。
 「キョロちゃんのアルバム」としてならば二期OPとEDで始まり締められていたならば完璧だったのだが、それはサントラ2枚目にお預けか。

 
 栗コーダーの代表的一枚として推薦しても問題の無い名盤。
 2枚目と違って激しいプレミアもついておらず入手はそこまで難しくない。おススメである。
 ブックレットにはキッズ向けなのか妙にはっちゃけた栗原正巳氏のコメントが掲載。
 デザインは平坂寿江氏(SPE・ビジュアルワークス)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。