京騒戯画 音楽集

京騒戯画 音楽集

オススメ度 ★★★★☆

発売:2013年11月20日 収録時間:73分 定価:2625円 レーベル:日本コロムビア



東映アニメーションが贈るバンプレストとの共同アニメプロジェクト。
映画「ハートキャッチプリキュア」で鮮烈な監督デビューを飾った松本理恵氏によるオリジナルアニメ「京騒戯画」だ。
テレビシリーズ音楽の製作がこれが初となる椎名豪氏を起用し、
サントラ豊作の2013年アニメの良盤の一端を担っている。


No.曲名時間作・編曲作詞
1ココ(TVサイズ)1:33田村歩美たむらぱん
2鏡都開闢0:24椎名豪
3永遠の都3:08
4コト0:47
5見えない絆1:43
6険呑至極2:13
7三人議会1:24
8ご機嫌ななめ1:07
9コトかく立てリ2:54
10金剛巨人ビシャマル0:42浅葱久楽中川奈美 Mitsu とビシャマル(竹本英史)
11電脳戯画0:43
12ショーコ3:38
13口笛鳴らして0:41
14妄想戯語0:55
15華のにぎわい1:34
16鏡都鞍馬寺1:46
17まどろみの昼下がり1:05
18大恐慌1:24
19The Secret of My Life4:26Aimee Blackschleger
20天衣無縫2:21
21駅開き3:38
22八瀬-雅1:27
23八瀬-変化1:29
24始まりも終わりもなく1:14
25黒兎を追って0:51
26その先の永遠2:16
27雪の約束1:32
28統合機関神社1:41
29コトかく語りき2:35
30風と雲と夕焼け空2:16
31傷心寥寥1:35
32稲荷1:06
33古都様2:35
34影を慕いて1:20
35迷走戯画1:01
36再会を待ちながら2:56
37逢魔が刻2:16
38世界の果てまでも3:33
39夢を生きる2:42
40疾走銀河(TVサイズ)1:32TEPPAN
 バンプレストと東映アニメーションがタッグを組み2年の準備期間を経てTVアニメ化されたメディアミックス企画「京騒戯画」。
 監督には映画「ハートキャッチプリキュア」のドラマチックな描写力とテンポの良い演出で鮮烈な監督デビューを飾る松本理恵氏が起用された。
 WEBアニメ版とTVアニメ版両方の音楽も収録している本サントラであるが、企画初期の高木洋氏の作品はスルーされている。

 
 本作に収録されているのはWEB版第2弾、及びTVシリーズを担当している椎名豪氏の音楽。
 椎名豪氏はゲームミュージック畑出身である。「テイルズオブレジェンディア」や、「ゴッドイーター」「風のクロノア2」などが代表作と言えるだろう。
 また、「THE IDOLM@STAR」の人気曲「蒼い鳥」作曲も記憶に新しい。

 
 テレビシリーズ作品の劇判は今作が初めてとなる椎名氏だが、その手腕は確かなもの。
 和風を世界観のモチーフに取り込んでいながらも、音楽には和楽器をあまり使用しておらず、あってもグランカッサや読経などをエッセンスとし、押し付けがましい和風要素は組み込まれていない。
 オーケストラやテクノ、ギターにバロックな要素など、バラエティ溢れる形で複数の世界が組み合わさった「鏡都」を表現しようとしている。
 しかし統一感がない訳ではない。アルバム全体に漂う包容力、俯瞰的な優しさ、煌びやかさが音の丸みを生み出している。
 「京騒戯画」は小難しいワードや世界観を用意しておりながらも、結局「家族愛」に行き着く作品。個性がバラバラのキャラクターや世界が最後に優しい場所で一つにまとまるような音楽が用意されている。

 
 感心したのはクライマックスの挿入歌「The Secret of My Life」の使用意図。
 澤野弘之音楽からヒットし、今やスターダムを駆け上るAimee Blackschlegerによるもの。
 ブックレットによれば「長く感じる音楽」という要求に対し、「洋画のEDは長く感じる」ということで英語歌詞の音楽が選ばれたという。
 その結果この曲の使用シーンは実際釘づけに見入ってしまう濃厚な時間を流すことに成功しており、松本監督の派手に情緒的な演出とと椎名氏の劇的な優しさがコンビネーションとして一番発揮された瞬間とも言える。

 
 初TVアニメ担当が大活躍しているサントラ豊作の2013年、そのうちの一作に間違いなく入れられる作品。
 「どんな音楽!?」と聞かれた時にパッと答えられないのは弱点ではあるが、その「バラバラ加減」が本作の特徴そのものでもある。
 ジャケットイラストは東映アニメーション表記。デザインは田中勤郎(arctic)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。