TVアニメーション「こばと。」 O.S.T.1 春のうたかた

TVアニメーション「こばと。」 O.S.T.1 春のうたかた

オススメ度 ★★★★★

発売:2010年2月3日 収録時間:62分 定価:3045円 レーベル:flying DOG



サンデーGXでCLAMPが連載していた漫画「こばと。」。
音楽はこれが初アニメとなるはまたけし氏。
小奇麗で可愛らしく質の高い室内音楽を基調とし、
少女物語用音楽として一級品の一枚に仕上がった。


No.曲名時間作・編曲作詞
1春のうたかた2:11はまたけし
2マジックナンバー(TV size)1:30北川勝利坂本真綾
3こんぺいとう ピチカート1:53はまたけし
4ぼうしのワルツ2:17
5おひさまと日曜日2:25
6MISSION WAN。2:08
7Nobody Sings2:37
8走り出すスカート3:05
9あした来る日3:47新居昭乃花澤香菜
10風のカタルシス2:00
11ひまわりの記憶2:17
12どばと。1:45
13ホタルの森2:31
14オクトパス・ダンス1:40
15amber sky3:19
16空にうたう少女4:03
17迷子をさがしに2:12
18an ancient story3:06
19遠い日の忘れ物1:48
20うまらないなにか4:38
21飛べない小鳥1:23
22あした来る日~雪の降る街で3:37新居昭乃花澤香菜
23水の花1:54
24それは秘密のこと1:51
25ジェリーフィッシュの告白(TV size)1:32宮川弾岩里祐穂中島愛
 サンデーGXでCLANPが連載していた漫画「こばと。」のアニメ化。
一人の少女を中心にして回る世界観なだけに雰囲気は柔らかめ。

 
 それに対応した音楽を求められたのはこれが初アニメとなるはまたけし氏。
 「勇なま」や任天堂作品などゲーム音楽で鳴らした手腕が光る。
 全体的に管弦楽を基調とした室内音楽で統一されており、聴き心地と可愛らしさが押し出されている。
 特にピチカートやワルツなどで小奇麗にまとめるというのが流れで、聴き手にストレスを与えない音楽が徹底されている。
 その上で劇判的な収まりはギリギリ回避しているあたり、はまたけし氏の実力が見えるところ。
 単純にアッパーなヒーリング音楽に徹しているという訳でもなく、世界観の不思議さや気持ちの上下もきちんと出ているのも好印象。

 
 花澤香菜氏による挿入歌がオリジナル版とアレンジ版二種類収録されている。
 この「あした来る日」を目当てに本作を購入した人も多いようで、サントラ2枚通してのアレンジバリエーションが季節を現しているのも面白い。
 単なるキャラソンに収まらないようにはまたけし氏による他楽曲との統一処理と、媚びるような仕事をしない新居昭乃氏作詞もまた魅力。

 
 全体通して隙が無く「はまたけしここにあり!」と世間に知らしめるかのような良盤。
 室内音楽アルバムとしては高品質にまとまっている作品である。
 こういう完成度の作品だとOPEDのテレビサイズが余計に感じられてしまうような気はしないでもない。
 イラストは加藤裕美氏。デザインは吉田直之氏(NRS516)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。