TVアニメ 紅 オリジナルサウンドトラック

TVアニメ 紅 オリジナルサウンドトラック

オススメ度 ★★★★★

発売:2008年6月25日 収録時間:80分 定価:3292円 レーベル:ランティス



漫画版とあんまりにも絵が違うせいで敬遠されがちなアニメ「紅」。
しかしそこは流石の松尾衡監督、作品そのもの、そして音楽の出来は申し分ない。
音楽担当は村松健氏。「スケッチブック」に続いて二作目のアニメサントラ。
村松氏らしいエモーショナルなピアノが光るレベルの高いアルバム。


No.Disc 1 emotional side 曲名時間作・編曲
1祈り続ける4:25村松健
2路地裏のハレルヤ1:52村松健
3ふたつのこころ2:07村松健
4悲しみは胸の奥に1:48村松健
5リアリティ1:04村松健
6忘れ得ぬ想い3:03村松健
7誰かが君を待っている~夕暮れの街で2:26村松健
8泣きつかれて3:00村松健
9無限の海を行く1:38村松健
10はかない夢~遠い記憶1:58村松健
11雨上がりを歩けば~まだ見ぬ世界1:40村松健
12家に帰ろう2:06村松健
13Dano de fado-運命の悪戯-1:02村松健
14Dano de fado~ひとりきり1:16村松健
15感傷的な即興曲1:36村松健
16レクイエム~傷ついた身体1:11村松健
17胸のあかし-再会-1:47村松健
18胸のあかし-約束-1:54村松健
19Ending~切ない別れ2:05村松健
20New days1:57村松健
No.Disc 2 swingin’ side時間作・編曲
1雨上がりを歩けば1:05村松健
2渡り鳥の目指すところ2:31村松健
3Surf song~追い風をうけて2:30村松健
4あしたの虹1:55村松健
5Livremente~思い通りに1:32村松健
6Livremente~小さないたずら1:33村松健
7炎のように1:39村松健
8森に潜むもの1:01村松健
9はかない夢~ムラサキの印象1:53村松健
10家に帰ろう~手をつないで1:24村松健
11Timing-幸せのタイミング-1:49村松健
12誰かが君を待っている2:49村松健
13庭の椿2:41村松健
14夜風-Night breezin’-2:14村松健
15胸騒ぎのワルツ1:24村松健
16譲れないもの~勇気2:10村松健
17逃れられないもの~邪気2:05村松健
18水平線のむこうに2:32村松健
19きた道、ゆく道2:38村松健
20きた道、ゆく道~道弾き三線~2:54村松健
 片山憲太郎氏の小説が原作のアニメ「紅 kurenai」。
 原作挿絵及び漫画版の山本ヤマト氏のイラストとはかなり離れたデザインが悪い意味で話題に。
 そういった「アニメにはアニメでできることを!」という意気込みははなんとも松尾衡監督らしさを感じるので、個人的にはそこまで嫌いではない。

 
 音楽担当は村松健氏。「スケッチブック」に続いて二作目のアニメサントラとなる。
 作品のキャラクターや背景に適したピアノヒーリングだった「スケブ」に反して、本作は作品に即すというよりは村松氏自身の作風が強く推してている印象である。
 曰く「心情を掘り下げる」ための音楽とのこと。Dsic1のタイトル「emotional side」がそれを象徴する。
 村松氏のライフワークジャンルであるウクレレや三線もあるが、殆ど全てのトラックをピアノだけでやっているのも特徴的で、それにより「紅」のための音楽とは何たるや、という事と村松氏の作品性を同時に主張する。
 メロディラインとしてはなんとなくジャジーでアンニュイな雰囲気を感じるものが多いが、ピアノの響きの透明感が暗さを一切感じさせず、むしろ静かな感動へ誘ってくるようだ。

 
 2枚組、80分という大盤振る舞い収録も嬉しい。
メインテーマである「祈り続ける」でピアノに聞き入ったが最後、最後までCDを変えられないことは必至である。

 
 松尾監督に村松健氏と、揃った人材から想像しうる最良の結果だった良盤。
 CMなどで村松健氏の音楽にもともと興味がある人、聞き覚えのある人は、本作から村松氏のアニメサントラに入るのも良いのではないか。
 キャッチーさも、劇伴としても、一枚アルバムとしても非常にレベルの高いものである。
 ブックレットには松尾監督、プロデューサーの篠崎真哉氏、村松氏のコメントと、村松氏自身による全曲解説というなかなか良質なサービスっぷり。
 ジャケットイラストは石井久美氏。デザインは大垣江美氏(room-composite)。
 余談だが、本作の「家に帰ろう」が村松氏の代表曲である、富士通のCM曲「思いは海を越えて」にそっくりなので聴き比べると面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。