劇場版 DRAMATIC BASEBALL MOVIE MAJOR メジャー/友情の一球 ORIGINAL SOUNDTRACK

劇場版 DRAMATIC BASEBALL MOVIE MAJOR メジャー/友情の一球 ORIGINAL SOUNDTRACK

オススメ度 ★★★☆☆

発売:2008年12月10日 収録時間:66分 定価:3150円 レーベル:エイベックス・マーケティング



週刊少年サンデーの人気野球漫画「MAJOR」劇場版のサウンドトラック。
主人公・吾朗が中学生編からサウスポーとなった理由のミッシングリンクエピソードを描く。
音楽はアニメ4期と同じく中川幸太郎氏が担当する。
少しパンチに欠けるやも?


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1思い出の地へ(“心絵”よりインストゥルメンタルアレンジ)2:23北川賢一中川幸太郎
2決勝打~激走1:57中川幸太郎
3入団希望2:12
4残酷なテスト1:28
5入団1:18
6ひさしぶりの野球1:02
7対立0:52
8さよならは言わない1:20
9いらだち0:49
10二人練習1:29
11親父の不振1:48
12過去~うつろな心3:20
13反抗1:40
14家族の絆2:02
15恨み0:31
16大切なチームメイト1:16
17ライバルの実力0:55
18苦戦1:40
19あきらめない2:08
20再び会うため(“心絵”よりインストゥルメンタルアレンジ)1:42北川賢一中川幸太郎
21怖いライバル0:37中川幸太郎
22吾郎と恵0:59
23快投1:44
24チームの特訓(“心絵”よりインストゥルメンタルアレンジ)1:46北川賢一中川幸太郎
25あいつと見る夢0:59中川幸太郎
26大舞台1:06
27強豪打線1:37
28完封1:40
29投手戦2:07
30前ぶれ1:01
31深刻な痛み1:06
32みんなの励まし1:43
33反撃2:09
34それぞれの友情0:58
35負けない!3:33
36最後の一球2:15
37失意0:48
38あらたな希望2:45
395:42藤巻亮太レミオロメン、小林武史藤巻亮太レミオロメン
 週刊少年サンデーの看板漫画であった野球漫画「MAJOR」。
 主人公・吾朗が中学編からサウスポーとなった理由を描くミッシングリンクエピソードが今作「友情の一球」である。

 音楽はアニメ四期と同じく中川幸太郎氏。
 テレビシリーズのサントラは2013年現在発売されておらず、MAJORの中川氏が聴けるのは本作のみ。
 例によってギアス以降多く見られるオーケストラを扱う。

 全体的にスポーツ根性物語を演出するための爽やかなオーケストレーションや、爽快感が心がけられている。
 「心絵」シリーズや各試合のカタルシス用音楽などは特にわざとらしいほど爽快さがある。
 少年漫画アニメの音楽としては申し分なく機能しており、特に気になる要素はない。

 しかしやはりサウンドトラックを一枚のアルバムだと思ってしまうと少し物足りなくもある。
 単純に、オーケストレーションの派手さが一本調子なのもあるかもしれない。
 ギターなどが入ると中川氏の好ましい部分が見え隠れするが、それでも足りない。

 この爽やかさは他の中川氏のオケ系サントラの中でも際立つコンセプトが出ている。
 なので決して心地よくなかったり、評価が下がる要因にはなりづらいと思う。
 あくまで個人的な好みにおいて、やはり中川氏のオーケストラは「コレジャナイ」ところがあるのだ。

 「負けない!」「最後の一球」などを聞いても、演出的には申し分ない。
 いわゆるファンのためのグッズとしては全く問題ないCDである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。