TVアニメーション「まおゆう魔王勇者」 O.S.T. ゆう盤

TVアニメーション「まおゆう魔王勇者」 O.S.T. ゆう盤

オススメ度 ★★★★★

発売:2013年3月20日 収録時間:65分 定価:3045円 レーベル:flying DOG



VIPのSSから有名になり商業展開された「まおゆう」。
魔王と勇者のかけあいを中心に、ファンタジー世界経済政治を語るような作品だ。
引き続き音楽ははまたけし氏が担当している。
前作よりも「人間寄り」の、ヒロイックファンタジー音楽。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1勇者ファンファーレ1:22はまたけし
2アウステンアウスト4:18Eat Mash Haikriya
3コルレーニョ進軍1:55
4風のソナチネ1:15
5開門都市3:19
6GO T.T.T.2:08
7Sit Red O Rat Sit Red O Lassie3:32
8向かい風4:18宮川弾YOHKO
9冬越し村2:29はまたけし
10the deadly quartet2:43
11ヴァイカローナ3:35Eat Mash Haik
12enigma2:04
13odd eye2:17
14春をさがしに2:45橙乃ままれ吟遊詩人(結城安浩)
15パンを届けよう1:59
16石の壁2:30
17papa la papa2:26Eat Mash Haik三浦愛子
18ベルシューズ1:16
19Unknown Vision[TV Size]1:35新居昭乃、保刈久明保刈久明新居昭乃
20対位的合奏曲2:08はまたけし
21primavera3:17
22a sad saga4:22
23エラモレセラモル5:33Eat Mash Haikriya
24番外1:29東京少年少女合唱隊
 橙乃ままれ氏のSS「魔王『この我のものとなれ、勇者よ』勇者『断る!』」から展開したメディアミックス。
 そのアニメ化企画「まおゆう魔王勇者」のサウンドトラックの2枚目である。
 最も、「まお盤」も同日発売なので2枚目も何もないのだが。

 音楽担当は引き続きはまたけし氏。「ゆう盤」だけに、人間側に視点を持たせた曲作り。
 「まお盤」は魔術的なファンタジックを予感させたが、本作はヒロイックファンタジーだ。
 それをいきなり見せつけるのが冒頭「勇者ファンファーレ」だろう。
 この曲を含め金管などによる勇壮なオーケストレーションが多くみられる。
 勿論北欧系の日常音楽やriyaによる神秘幻想ボーカルも挿入され、飽きることがない。
 中には「開門都市」のような七拍子という挑戦的な曲もあったりする。
 芸風は「まお盤」と似ていても、どこか人間味に溢れているというのが本作の特徴だ。
 人間味があるというのは優し気やとっつきやすさがある、ということでもある。
 しかしどちらかというと「まお」の方が鮮烈かもしれない。
 ちなみに例によってEat Mash Haik作詞は架空言語。ブックレットには一応和訳が載ってたりはする。

 「まお」がEDをフル収録していたがこちらはOP「向かい風」をフル収録している。
 これもまた「人間と魔族」の違いが2曲で分かれていることの示唆にも思える。
 そして「向かい風」には地味に今堀恒雄ギターが使われていたりする。
 存外ノーマルな曲なのでEDほどの衝撃はなかったが……。

 同日発売ということもあり「まお」と地続きながら明確な差のある良盤。
 至極真っ当なファンタジー音楽としてこれ以上は望めないだろう。
 ブックレットにははまたけし氏とライターによる全曲解説が引き続き掲載。
 そしてこちらでもピアノ小曲「風のソナチネ」の楽譜も掲載されている。
 今作の中二ファンタジー音楽は2枚合わせることで完成するはずなので、是非とも2枚合わせて聞いてみて欲しい。イラストはtoi8氏。デザインは吉田直之氏(nrs516)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。